記事一覧

拝啓、マニア様

2019.07.22

(今日のエントリーは、ほぼ私信です)

岩手大学の街路灯マニアの皆様へ。

こちら、学内のとある場所から見える風景ですが、ここから3本の街路灯を目にすることが出来ます。
ファイル 3028-1.jpg
(写真だと小さくて見えないかと思いますが、、、
左から①,②,③としましょうか)

いずれも、
建物の2階部分に届こうかというほどの高さがあり、
また支柱は自然に馴染むためなのか、はたまた岩手大学のイメージからだからなのか、深めの緑色をしています。

その他、
固定ボルトが4本とか、
下から1m位の位置に、制御盤でも入っているのでしょうか、取り外しできる部分があるとか、
ファイル 3028-2.jpg
という共通部分が多く、「同じモデルか?」とも思えるんですが、

ただ一点、大きく異なるところがあるんです。

説明は後にして、まずその部分をお見せしましょう。

ファイル 3028-3.jpg


ファイル 3028-4.jpg


ファイル 3028-5.jpg

そう、てっぺんです。

①は、今日の曇天模様を映し出したかのようなニブ銀。
②は、支柱と色合いを合わせたような深緑。
③は、すべての光を反射拡散させるような銀鏡。

なぜ、、、
なぜなのか。。。

例えばですよ。
①のニブ銀は、街路灯としての存在感を示しつつも、反射光が人に影響を与えないようにする必要のある、住宅地用。

②の深緑は、周囲の色合いや、動植物への影響も考慮した、自然地用。

③の銀鏡は、全天を写し込む開放感があることから、公園用。

とかね、それぞれ何かしらの意味合いがあるかと思うんですが、この直線距離で100mにも満たないこのエリアが、これだけ起伏に富んだ用途であるはずもなく。

考えれば考えるほど、謎は深まるばかりです。。。
街路灯マニア様、一緒に考えませんか?

続・君の名は。

2019.07.19

連日、実習の内容てんこ盛りでお送りさせて頂いております、
前期の風景です。

農学部1年生の総合フィールド科学実習もいよいよ残りわずか。

ファイル 3027-1.jpg

前期も終盤に近づいてきますと、圃場での実習はいよいよ収穫ラッシュです。

ちょっと前(6月終わり)の様子ですが、こちらはほうれん草の収穫。

スーパー等でよく買い求めているほうれん草は
たいていがハウス栽培のものです。
(安定した品質のものをまとまった量作ることができます)

一方、皆さんのほうれん草は露地(屋根や囲いなし)栽培。
ハウス栽培よりも品質にばらつきはありますが、
太陽の光と春~初夏の風をいっぱい受けて育ったほうれん草、
肉厚な葉っぱでおいしいはず。

露地のほうれん草は市販で買える場やタイミングも限られていて、
実はめったに食べられる機会がない、レアなものなんですよ。

そういえば以前「植えた種に名前がつけられている」という話題を
お送りしましたが

ファイル 3027-2.jpg

このほうれん草…1列ごとに武将の名がつけられているのですが…
これは領地?領地なのか?

だとすると、僅差ではありますが、徳川家康が優勢のもようでした。
図らずも、史実と同じ結果になったわけですね…。

ファイル 3027-3.jpg

ダイコンもまるまると大きくなりまして、
みなさん笑い声と歓声交じりにボッコボコ爽快に引き抜く様子は
見ているだけでこちらも楽しく元気な気持ちになります。

そして、今年はわりと出ました

ファイル 3027-4.jpg

いわゆる「セクシー大根」。
これはもうSNS映え一直線なやつですね。

「セクシー」だと女性の美脚にしかなぞらえられないので、
ここはジェンダーフリーとして「個性派大物」とでも呼びましょうか。

ファイル 3027-5.jpg

こちらの個性派大物は、くっきり分かれた3本足。

引き抜いて邂逅したその瞬間は爆笑なのですが、
いざ実際に自宅に持ち帰って食べたり保管したりとなると
「食べづらい」「スペースをとる」「なんかこわい」と
案外不評な個性派大物ダイコン。

最終的にじゃんけんに敗北したことで持ち帰ることになった学生さんは
「これ、1本ずつ3回食べられる!」と
とても前向きなコメントを残し、嬉々と新聞紙に包んで持って行きました。

そうか、たしかに3回に分けて食べられるぞ。
何事も、角度や見方を変えて見ると案外良いこと、たくさんあるのかも。
わたしも、目の前の大変なことを憂鬱に思うだけでなく、
違う角度から見てポジティブに考える余裕を持とう、なんて
おそらくまだティーンエイジャーの学生さんから教えていただいたのでした。

さんさの 練習の 様子を ぜひご覧あれ!

2019.07.18

他のBloggerがこの記事この記事この記事で紹介しているように、岩手大学では今、昼時間や夕方にさんさ踊りの練習の音が聞こえてきます。

気合入れて頑張っている様子が一般の方にも伝わっているようで、先日

 「記事とは関係なくてすいませんが、最近感じたことです。
  サンサの練習を聞きながら、今年は今までより元気が
  いいなあパッチギだなあと。昨年まではいい感じで心地よく
  ハモっているなあと思っていたのですが、今年はそれより
  つんざく感じでいこうという感じです。最優秀賞めざして
  がんばってください。」

という応援メッセージもいただきました。

そんな、岩手大学のさんさ踊りの練習について。

先日、今年度初の太鼓・笛・踊り・唄合同の総合練習が開催されたようなのですが、その様子、岩手大学のFacebookに掲載されています。

ファイル 3026-1.jpg

さんさ踊りってどういうお祭り?と、当然ご存じない方もおられるかと思いますが、Facebookに掲載されている映像には太鼓や笛の音・学生さんの掛け声などもはいっているので、その様子がよく分かるかと思います。

ファイル 3026-2.jpg

この映像、学生さんたちの心からの笑顔や真剣な表情を良く捉えていて、思わず見入ってしまいました。

ファイル 3026-3.jpg

盛岡の夏祭り、さんさ踊りまであと2週間。
練習も佳境に入っていると思いますが、ケガなどに気を付けつつ、残りの日々も頑張ってください!

岩手大学Facebook内、さんさの練習映像はこちらから。

■岩手大学Facebook
 https://www.facebook.com/iwate.u

映像に感動したら、ぜひ「いいね!」もポチッと、お願いします(^^)。

2年ぶり3度め

2019.07.17

令和初の国政選挙である、「第25回参議院議員通常選挙」の投票日を4日後に控え、各陣営の選挙カーや投票を促す選管の車(?)を大学のまわりでもよく目にする今日この頃です。

掲示板にもほら。
ファイル 3025-1.jpg

やはり3年前の参議院選挙の時から選挙年齢が18歳に引き下げられ、大学生もみな一票を持つようになったため、以前よりもこうしたPRが増えたような印象です。

さてそんな大学では、3年前の参議院選挙2年前の衆議院選挙に引き続き今回も、期日前投票所が設けられていました。
ファイル 3025-2.jpg
会場は以前と同じく、学生センターA棟内。

玄関には
「選挙、やってるよ!」
と知らしめるように設置されたのぼり旗に、

「ここだよ!」
と訴えかけてくるような掲示。
ファイル 3025-3.jpg

これだけあれば、間違えたり、スルーしてしまう心配も無いかな。

中の方も気にはなったんですが、
建前:選挙管理委員会事務局の方にご相談させていただく時間がなかった
本音:雰囲気にビビった
ので、外側だけの取材となっておりますです。

ちなみに、全体というか、公式というかの期日前投票の期間は7月5日から20日までとなっていますが、ここ岩手大学投票所は17・18日、つまり、今日明日のみの実施となりますので、利用予定の方はお気をつけ下さい。

ドゥルンドゥルンドゥルルルルン

2019.07.16

タイトルだけ見るとなんだか暴走族みたいでアレなのですが…

ファイル 3024-1.jpg

トラクターを運転する女子学生さん、とてもカッコいいです。

今の時代、職業として農業をやるとなると、
トラクターなり管理機なり、何かしらの機械の操作や運転は必要不可欠でして、
皆さん順番にトラクターに乗り、決められたコースを走行する実習が
先日行われておりました。

ファイル 3024-2.jpg

もちろん真剣に実習に取り組むのは大前提ですが、
普通の自動車と違って座席の位置は高く開放感バツグン、
スピード感はないけれどオフロードに断然強くどっしり安心感のある
そんなトラクター、普段とは違う景色と気分になれる乗り物でもあります…!

農場の実習では定番になっているトラクター運転ですが、
最近は自動車免許の有無やオートマ限定かどうかで班分けをするそうです。

それぞれの経験値に合わせて、わかりやすく指導できるよう
細かく配慮しているんですね。

ファイル 3024-3.jpg

こちらは乗らずに手で押すタイプの機械、管理機(耕運機)。

大豆畑の中耕除草の実習で指導を受けている模様です。

人は乗れないけれど、エンジンで動く機械ということで
アクセルやクラッチがあったり、作業内容に応じてギアを変えるのは
自動車と同じです。

ファイル 3024-4.jpg

機械を使わずに農具でやる除草と並行して行い、
それぞれの良いところ、不便なところ、実際に体験することで
理解を深めることができます。

履修している学生さんからよくよせられる質問が、
「これ、いくらくらいするんですか?」というもの。

お金のことばっかり考えてるのか!とお叱りを受けそうでもありますが、
実際に農業を生業とするにあたっては、お金って
最重要かつ考えるのを避けて通ることは絶対にできない要素なんです。

(農業機械って本当に便利だけど、お値段もそれなりなんです)
(参考:http://uec.iwate-u.ac.jp/ekis/diary.cgi?no=2064

実際、農学部の中には「農業経済」「経営」についての講義もありまして。

機械や土木のような理工学系の要素から、経済学経営学の要素まで
たくさんの要素で成り立っている農学、農業の世界のこれからを担うべく
日々講義に実習に励む皆さんの姿、頼もしいな、
と日々思いながらその背中を見届ける今日この頃です。

ページ移動