記事一覧

屋上ふたたび

2018.01.17

こんにちは。
あっという間に週の真ん中、水曜日です。
受験生の方もそうでない方も、
そろそろセンター試験の緊張と疲れから
回復しつつある頃でしょうか。

受験生の皆さんのひとつめの大仕事が一段落したと思えば、
今度は大学生の皆さんの期末試験の時期にさしかかろうとしております。

図書館もそろそろ混み始める頃ですかね。

いろいろな試験に臨む・臨んだ皆さん、本当に寒い中お疲れ様です。
引き続き、皆様の健闘をお祈りしております。

ファイル 2652-1.jpg

そして、毎年センター試験前後のあたりから
なんとなく少しずつ陽射しの感じが変わってくるというか、
「ああ、春に近づいていってる最中なんだな」と感じることが
増えてくるように思います。

ファイル 2652-2.jpg

12月半ば頃の同じような晴天の日のだいたい同じ時間。
こちらはもう見た感じ夕陽に近いですもんね。

まだまだ雪も降るし(先日も「もつもつ」降りました)
気温も低い日が続きますが、
日長は少しずつのびていってます。

日が長くなると気持ちもだんだん明るくなっていくような気がしませんか?



さて、唐突ですが、今日のお話。
以前にも屋上からの景色をご紹介したことがありますが、
先日、設備の点検のために
以前とは別の建物の屋上へ足を運んだので
またしてもそこで見える景色をおさめてまいりました。

ファイル 2652-3.jpg

こちら、農学部6号館屋上。

農学部の建物の中でも(重要文化財等を除いて)
かなり年季が入っていると思われる建物です。

他の新しめ建物の屋上はガッチリ周りを囲われているので
外側の景色もなかなか見づらいのですが、
この6号館、

ファイル 2652-4.jpg

見晴らしバツグン。
抜群すぎて怖いです…。

がっちり囲われていると
「なんだあまり景色見えないのか」とちょっとがっかりするのですが
これだけ視界バッチリだと怖い、という
なんとも贅沢なお話です。

それにしても、わたしが屋上に足を運ぶ時に限って、
やっぱりお天気がパッとしないのはどうしてなんでしょう…。

というわけで、ここもいつかまた晴天の時にリベンジしないと…。

今年の初収穫

2018.01.16

今を遡ること十数日。
今年の初出勤となった1月4日の朝のことです。

いつものように、駐車場から歩いている道すがら、
「今年の正月も、雪が少なく穏やかだったな―。
 年明け早々の仕事が雪かきにならずに良かった。」
なんて思いながら道端を眺めていると、ふとそいつが目に止まりました。

実は先日エキスで取り上げるに当たり、いろいろ調べている際にその存在を知り
「いつか手に入ったらいいなー」
「あ、学内で持っている人もいるんだ―」
と思っていたそいつ。

そう
ファイル 2654-1.jpg
シダーローズです。

ヒマラヤスギの松ぼっくりが熟し、根元の方から鱗片が飛んでいき、残った先端部がポトッと落ちてこの形になるようです。
しかし「ローズ」とはよく言ったもので、確かにこの幾重にも重なった鱗片が開いている様は、まさにバラのよう。
普段は味気もなく殺伐としている机の上が、なんか華やかになった気がします。

しかもそれが、
ファイル 2654-2.jpg
3個。
え、お年玉ですか?

これを拾った木の下ですが、こんな感じで
ファイル 2654-3.jpg
松ぼっくりから剥がれ落ちた鱗片がそこらじゅうにバラバラ落っこちてます。
ということは、上にはまだローズになりかけの松ぼっくりがゴロゴロ居るってことですか―!
シダーローズ拾い、シーズンはまだまだ続きそうです。

しかしこのシダーローズ、今までの冬も同じように落ちてたんですよね。
いやー、全く気づきませんでした。
紺さん同様、今まで以上にいろんなことに目を向けて行きたいな―、と思った次第です。

センター試験を終えて

2018.01.15

2日間のセンター試験が終わりました。
ファイル 2653-1.jpg
受験生の皆さん本当にお疲れ様でした…!
とは言っても、自己採点をしたり、二次試験対策をしたりと、
なかなか心身ともに休めない日々が続くと思いますが、
体調を崩さないよう、ご注意くださいね!


さて、前回の記事と少し関係するんですが…。

センター試験や2次試験の際、
また、オープンキャンパスの時もなんですが、
個人的に結構気になっているのが、

「受験生の皆さんに本学がどう見えたか」ということでして…。


自分の時を振り返ると(会場は本学ではないですが…)、
学内にエスカレーターがあったり、
高校までの教室には無かった
おしゃれな固定机・椅子があったり、
巨大な階段教室があったりと
(少し誇張して記憶している気はするものの)、
とにかく大学内部の様子に衝撃を受けたことを覚えています。

結果的にその時会場だった大学は受験できませんでしたが、
今もその時の印象は消えずに残っています。


受験生の皆さんには本学がどう見えたのかなぁ…。
どういう印象を抱いて帰ったのかなぁ…。

機会があれば、新入生の皆さんに聞いてみたいなぁと、
そんなことを思っています。。。

グッドラック

2018.01.12

こんにちは。

ファイル 2651-1.jpg

いよいよ明日から2日間にわたり、
大学入試センター試験が行われます。

ファイル 2651-2.jpg

既にあちこちに案内表示が立てられています。

ファイル 2651-3.jpg

昨日今日と準備のため2日間全学休講ということで、
学内は不気味なくらいに静まり返っておりましたが、
お昼をすぎたあたりから会場の下見にいらっしゃる受験生の皆さんで
突如として賑やかになりました。

いよいよこういう光景を見ると、
監督や警備など業務にあたるわたしたち教職員も緊張してきますね。
毎年のことなのに…なかなか慣れないものですね。



…っとなんだか肩がこっちゃいそうな話題はおいといて。

岩手大学でセンターを受験される方限定のお話ではありますが…
(しかも電車を利用してお越しの方)

皆さん、験(ゲン)担ぎはお好きですか?

試験の前日にとんかつ(カツ=勝つ)を食べる、とか
大事な試合の日には必ず決まった下着肌着をつける、とか

そうそう、お菓子メーカーでも受験シーズンには
ゲンを担いだパッケージの商品を出したりしますね。
商品名をもじってみたり、縁起のいいイラストをつけたり。

いずれ大なり小なり意識を向けた経験がある方は少なくないと思います。
そんなゲン担ぎのお話です。

盛岡駅から岩手大学へ行くには
必ず北上川を越えなければならないのですが、
素直に最短距離を考えて向かうとき渡る橋は

・旭橋
・夕顔瀬橋
・館坂橋(理工学部方面)

ルート的にはこのへんがテッパンってやつですかね。

これら以外にももうひとつ盛岡駅近くに橋がありまして、

その名も

「開運橋」

そう、なんだかラッキーなことに出会えそうな、
ちょっと縁起が良い名前の橋があるんです。

駅前から大通り・菜園方面へのアクセスに便利で、
冬場(今時期まさに)は夜にライトアップされとても綺麗な橋です。

これをふまえて、以下でお話しすることは
強くお勧めすることでもありませんし、
実際の効果やジンクスなどの保証もありません。

最短ルートやよく見知った道がいちばん安心だと思うので
あくまでネタ、程度に聞き流していただければと思います。

センター試験を受けに岩手大学へいらっしゃる皆様、
(もちろん今後一般入試で岩手大学を受験される方にも…!)
「やることはもうやり尽くした、あとは運を天に!」
そんな皆様、
道中、ゲン担ぎに「開運橋」を渡ってみてはいかがでしょう?

きっと、弱気になりそうな時、
ささやかな心の支えになってくれるかもしれません。

「今日開運橋を渡ったから大丈夫!!あと少しがんばろう!」

…みたいな感じに。

しつこいようですが、
行き帰りの移動時間に余裕があって前後の道順にも明るい、
ゲン担ぎがお好きな方へのご提案です。

よく知っている道、下見の際に通った道、
それぞれ安心して行けるルートがあるかと思いますので、
そちらを優先してくださいね。

※ちなみに、盛岡駅から「路線バス」で岩手大学へお越しの場合、
ほとんどが開運橋を通りますよ!

最後になりましたが、
岩大にお越しの方だけでなく、
岩手県、東北、日本全国すべての受験生の皆様のご健闘を
岩大エキス一同、心よりお祈り申し上げます。

がんばれ受験生!!

ファイル 2651-4.jpg

最後にわたしからエキスをご覧の方へ、
ちょっとだけゲン担ぎをおすそわけ。
昨夜の開運橋です。
七色に光っていて、運気が上がりそうに見えません?

受験生以外の方にも、良いことがありますように。

今日からお休み

2018.01.11

岩大エキスを御覧の皆様。
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、今年のエキス幕開けとなった一昨日と日を同じくして、正月休み明けの授業も再開されておりましたが、そこからわずか二日後の今日から、再度全学休講に突入しております。

それもそのはず、昨日紺Bloggerさんが触れていたように、今度の土日に迫ったセンター試験の会場となる岩手大学では、その準備のため二日前の今日から休校措置が取られているのでした。

そのため、普段なら夕方でも学生さんの姿が見られる食堂なんかも、すでに試験仕様に趣を変え、人影はありません。
ファイル 2650-1.jpg

で、この休講なんですが、ただ「この日お休みー」ってなわけにはいかないんですよね。
講義はカリキュラムにそって行われるんですが、半期で16回の講義日数を確保する必要があるんです。
ですが、例えば月曜日なんかはハッピーマンデー制度によって休日が多く、講義日数の確保が難しいので、他の曜日に月曜授業をする、なんて日が年に何度かあったりします。

今年度の後期だけ見てみても、
10月11日(水)→月曜授業
11月2日(木) →金曜授業
11月22日(水)→木曜授業
2月13日(火) →月曜授業
てな様子です。

こんな学年暦を目にしながら
1月の9,10も休講なら正月休みが一週間長くなるのに...
とか
2月13日って、3連休明けで、しかも翌14日から春休み。もう休みにしちゃえばいいのに...
なんて思わないでもないんですが、それもこれも、お納め頂いた授業料の分、しっかり授業をするためのやり繰りです。

新しい年、学生さんは勿論のこと、皆様方の勉学がはかどりますように。

ページ移動