記事一覧

…植物園の蚊事情

2017.09.15

本当はこんなタイトルで
始めるつもり無かったんです。


ファイル 2572-1.jpg
地面に落ちてきたトチの実の写真や、
ファイル 2572-2.jpg
一層の存在感を放つウバユリの写真、
乾燥したら、リースの材料なんかにもできるみたいですね。
ファイル 2572-3.jpg
そこにとまるトンボの写真あたりを紹介しつながら、
秋が少しずつ始まった植物園の様子を
お伝えしつつ、
実に散歩するには気持ちいい季節ですよ、と。
そういった記事を書こうと思ったんです。
が。


この撮影の間、
もう刺される、刺される…。
何にって、そりゃあ蚊に。

夏の終わりになんでこんなに元気なの、
というほど、指や手のひら、
腕を中心にしっかり刺されてまして。

逃げないトンボに夢中になって、
接写なんかしてる場合じゃなかった…。


実は一昨日ミュージアムの受付の方から
「植物園の蚊が元気です。大変です。」
という報告(?)はもらっていました。

とはいえ季節は秋に片足突っ込んでいます。
蚊が元気ったって、たまたまでしょう、
と舐めていたら…このざまですよ…。


ということで。
植物園。
ファイル 2572-4.jpg
お散歩にはよい季節です。
暑くもなく、寒くもなく。
夏草が生い茂るでもなく。
とても気持ち良い季節になりました。


で、今、蚊がいます。


愚かな僕のように、
半袖でお散歩するのは
おすすめいたしません…。

…来週あたり、蚊取り線香持ってこようかな…。

人工物っぽい自然物と、自然物っぽく見せたい人工物

2017.09.12

先日、教育学部の中庭と言っても過言ではないと思っている、自然観察園を歩いていた時のこと。
遊歩道に沿って、白いパイプのようなものがあるのに気が付きました。

これ
ファイル 2570-1.jpg

直径で3センチ位、長さにして3メートル位でしょうか?
ほぼ直線になった状態です。

最初は排水とか何かの管が顔を出しているのかなぁ、、、
程度に思っていたんですが、近づいてみると、
ファイル 2570-2.jpg

これ、明らかに人工物じゃなく、自然物。

自然物でまっすぐと言うと、竹なんかが思い浮かびますが、辺りに竹やぶはないし、それに見た目で竹ではないことが一目瞭然。

表面を見てみると、なんだか白樺の幹のようにも見えたりしますが、
ファイル 2570-3.jpg
近くに白樺があるでもなし。

ちょっと持ち上げてみようとしてみましたが、この露出している部分ですら全く動かず、どうやら何かの根っこであることは間違い無さそうです。

こんなまるで人工物のようにまっすぐな根っこを張る植物って、居るんですね。
 
 
そんな人工物っぽい自然物に騙されながら、先に進んでみると、今度は自然物に紛れ込もうとしている、明らかな人工物を発見しました。

これ
ファイル 2570-4.jpg

これって、よく動物ドキュメンタリー番組なんかで目にする、暗視カメラってやつですよね。きっと。
自然観察園で何が観察できるのかを把握するために設置されているのでしょうか。
少なくても、日中にカメラの周りをうろつく職員の姿を抑えるためではないと思われますので、そんな人影が写っていたら、すみません。

緑色の風船のよう?

2017.09.05

いい天気が続いています。
8月にすっきり晴れた日が少なかったからか…。
9月になってからは、気持ちの良い天気が続いています。


さてさて。
例年、この時期に僕が取り上げ始める植物があります。
ファイル 2564-1.jpg
「ポポー」です。
今年も順調に育っています。
写真で赤く囲んだのが実ですね。

今年は植物園の樹木への
カツラマルカイガラムシの被害もありましたし、
少し心配しておりました。

なもんで。
農業教育資料館前を通る際、
折に触れて様子を見ていたんですが、
まずは今年もしっかり実をつけてくれて、
一安心。。


個人的にはこの形状が結構好きで。
ファイル 2564-2.jpg
なんていうか
膨らませている途中の風船みたいな。


昨年、初めて実食できた「ポポー」。
今年はどうしようかなー。

昨年は生でいただきましたのでね、
収穫期までに、色々調べてみたいと思います。
…図書館で。
……あるかなポポーの調理法が載っている本…。


ともあれ。
実りの秋が近づいてるなー。

大人の階段のぼる

2017.08.23

今日は久しぶりの晴れ予報の午後。

一日通して良いお天気とまではいかずとも、
安心して洗濯物を外に干せるのは嬉しいですね。

さて、お盆が明けても各Bloggerがお伝えしております通り、
梅雨のようなじめじめが続いて
書類なんかも湿気てフニャフニャと波打ちがちな今日この頃です。

ファイル 2555-1.jpg

そんな中、先日、植物園を訪れたんです。

睡蓮でいっぱいなんですが、
今日はここではなく。

ファイル 2555-2.jpg

ここは植物園の門。

ファイル 2555-3.jpg

大きな道路から少し離れたところにひっそりとある門な上に
徒歩または自転車(降りて押す)でしか出入りできないので
自動車やバス等利用する方にはあまり馴染みのないもかもしれません。

ここは何か異常や、倒木・ハチの巣など危険な要素がないか
定期的に巡回しているのですが…

ファイル 2555-4.jpg

あれ…?

なにやら…
柵の下の方に異物が…?

危険なものじゃないかもうちょっと近づいてよく見…

……

ファイル 2555-5.jpg

せ、セミ!?
すぐ隣には抜け殻、
羽はしっかり乾いているみたいですが
色がまだ緑色で質感も少ししっとりしてて
出てきたてホヤホヤとまではいかずとも
羽化してそれほど時間が経っていない予感…!

それにしても、樹がたくさんある植物園内ではなく
よりによって園外のコンクリート部分を選ぶとは…
樹の皮と違ってフラットでつかみにくそうだし…。

そんな環境で大人の階段(階段というより壁ですが)をのぼったこのセミ、
これからもたくましく生きていってくれそうな気がします。



さて、そろそろ日本にまた夏らしい天気が戻ってくる旨の予報が出ているようです。

いざ暑いとやっぱりしんどいけれど、
最近夏らしさに欠ける日々はどうも物足りない気もして、
その暑さが待ち遠しくも感じたり。

もしも植物園内でセミの声が聞こえたなら、
「もしかしたらあのセミかしれない」なんてワクワクしつつ
秋間近ながらも、もういちど夏らしさを楽しめればいいな、
と思う今日この頃です。

お手本

2017.07.28

今年は8月9日の開催であります。

何がってね、オープンキャンパスですよ。
ファイル 2540-1.jpg
「岩手大学オープンキャンパス」


そのオープンキャンパスを前に、
植物園で業者の方による草刈が行われました。
ファイル 2540-2.jpg
ファイル 2540-3.jpg
ファイル 2540-4.jpg
やっぱり綺麗。
さすがの仕上がりです。


本ブログでかつてお伝えしましたが、
私、昨年度「刈払機」の講習を受けてきました。
なので、刈払機を使ってミュージアム周辺等の草刈りを
やってもみたんですが…。

刈り残しがあったり、
刈った後の丈が揃っていなかったりと…。
経験不足、技術不足を露呈する結果になったりしまして…。
「やらないよりは若干まし」ぐらいの出来だったなぁ、と。

「草たちに鉄槌を食らわす」などと息巻いていたのに、
このざまか、と。


今、改めてプロによる作業後の植物園に立ち、
「これが『お手本』なんだ」と目に焼き付けつつ、
いかにこの状態をキープするか、を考えています。
…まずは日々の草取りだな…。
…で、練習だな、刈払機の…。


さて、そんなところでも準備が進んでいる
オープンキャンパス。

沢山の皆さんが来てくれたらいいなぁ。

あ、本学を志願してくれている皆さんはもちろんなんですが、
研究室配属前の在学生の皆さんも来てみると面白いのかもなぁ、
とも思ったりします。先生や研究室にいる先輩とも話せたりしますしねー。

ともあれ。
賑やかなオープンキャンパスになればいいなぁ~。

ページ移動