記事一覧

暑さは変わらねど

2019.09.10

学内の人口密度は相変わらず低く、
空は高くなり、日も短くなりつつあります。

この秋に向かっていく時期、私も寂しさを感じます…。

が。

本日の盛岡、最高気温は31℃。
湿度も相変わらず高く、じめじめべたべた。

これ、7月8月と全然変わってないですね…。

そんな、同じくらい暑かった日の思い出、
森の駅市場夏の特別実習の話題もいよいよ大詰め。

ファイル 3063-1.jpg

皆さん、多少しんどくてもこれを楽しみに乗り切れたと言っても過言ではない、
宿泊最終夜のお楽しみ、実習の慰労会兼森の駅市場打ち上げです。

農場のガレージに、テーブルとイスはコンテナで。
屋外の広い敷地で近隣の住宅とも距離があるので、
七輪に炭火も心置きなく使えます。
(ついでにたくさん笑ってはしゃいでもOK)

さらに、1学年下の2年生の皆さんが前期から育てている野菜を分けていただき
新鮮な夏野菜もてんこ盛り盛り。

(ちなみに2年生の皆さんは、夏休み中も交代で週に1回農場に通って
それぞれの畑のお世話や収穫を続けています)

ワイルドで解放感あふれるジンギスカンをメインに、
選別ではじかれたトウモロコシや桃、
とれたての枝豆やトマト、はたまた農場産お米のおにぎり、
スイカにバナナやお菓子まで、軽食も充実。

ファイル 3063-2.jpg

この4泊5日の実習を行うにあたって、
農場の先生方と技術職員の皆さんだけではなく、
事務職員の皆さん、
厨房に立って30人分ももの食事を作ってくださったパートの方、
先輩として皆さんを見守ってくれた、農場に配属の4年生や院生の皆さん、

かかわってくださったすべての方への感謝と労をねぎらう意味もある
打ち上げですので、参加する方の年齢層も話題の幅も広いのが
この打ち上げの楽しいところ、良いところでもあります。

ファイル 3063-3.jpg

今回の受講者に現役運動部が多いこと、
夕暮れでテンションが上がりつつあること、
そして負けん気が強く熱い人が多かったのもあるのかもしれません。

唐突に始まる徒競走…。

通常、実習でトラクター走行の練習に使うコースですが、
この日は陸上のトラックに早変わり。

カメラもブレブレになるほどの熱いデッドヒートが繰り広げられておりました。

ファイル 3063-4.jpg

加熱調理することでそのおいしさが引き出される、
本学ではおなじみの「クッキングトマト」。

なるほどこうやって炭火焼きにしてとろけるチーズをのせるとは
さすが皆さん考えましたね…。

ちなみにこのチーズ、このジンギスカンのために
それぞれが自主的に用意したものだそう。

ファイル 3063-5.jpg

そして、忘れちゃいけないお楽しみ、花火大会。

花火を持って並んでの記念撮影、映えますね。
きっと今がSNSやスマホがない時代だとしても、
変わらず、素敵な学生生活の思い出の写真になることでしょう。

よく「学生時代の友は生涯の友」と言われますが、
大変なこと(実習)と楽しいことどちらも共に乗り越えた仲間です、
末永く仲良く友であり続けられるのも、
こういう場面を見れば、納得できる気がします。

…と、夏の思い出を振り返るとなんだか秋の切ない感じが
かえって加速してしまうことに気付いたわたしでした…。

じめじめと暑さはほとんどこの時と一緒なはずなのに、
どうして気持ちは一緒じゃないんだろう…?

シー!

2019.08.21

大学が夏休みに入り、かなり静かな日々が続いておりますが、今日はその中でもとりわけ静かな環境が維持されております。

それもそのはず、今日明日は
「岩手大学大学院入学試験」
が行われているのです。
ファイル 3049-1.jpg

とはいえ。
大学院入試ですから、受験生の多くが学部からの進学を希望する岩手大学の4年生なわけです。
また、他大学等からの受験生もいるかも知れませんが、そんな人らだって「大学」という空間には慣れがあるでしょうし、また受験生の数もそう多くはありません。

なので、例えばこのセンター試験の準備の様子と比べても、入り口がかなりあっさりしていて、情報量が格段に少なかったり、
ファイル 3049-2.jpg
試験案内の掲示板も、必要要素を盛り込んでもなお、空白部分の多さが際立ちます。
ファイル 3049-3.jpg

また、センター試験や大学入試だと、試験当日は入構規制があるため関係者以外は建物内に入ることが出来ず、また下見も建物の玄関まで、など、かなり厳しく規制がかけられますが、院試ではそんな事はありません。
私も普段どおりに仕事してますし、学生だって普通に廊下を通ります。
ファイル 3049-4.jpg

こんな環境下ではありますが、大学院に進みさらなる知的研鑽をつみたいと願う受験生がしっかりと実力を発揮できるよう、試験時間帯は極力静かに過ごしたいと思います。

あれ?今日って何ごみの日だっけ?

2019.07.23

そんな風に思ってしまうこと、皆さんもきっとあると思います。

「あれ?、今日って燃えるゴミだっけ?それともビン・缶・ペットボトルの日だっけ?」

とか、

「履き倒した靴って、不燃?燃えるゴミ?」

とか。

毎週定期的にあるごみの日なのに地域によって回収日が違うことも、この「あれ?今日って…」の原因なのかもしれません。

そんな、誰しもが一度は陥ったであろうゴミ出し問題を解決してくれるソフト、

ファイル 3029-1.jpg

岩手大学の学生さんらが作ってくれてました(^^)。

その名も「盛岡市ごみの日アプリ」!。

ファイル 3029-2.jpg

地域ごとの収集日を教えてくれるだけじゃなく、ゴミ区分も検索できるなんてステキっ。
もう、履き古した靴を見つめて困り果てる必要もありません。

このアプリを作ったのは、岩手大学学内カンパニー「HND.Co」さん。iPhoneでもAndroidでも使えるアプリとのことなので、ぜひ興味がある方はDLしてみてください。

ところで、岩手大学学内カンパニー。
岩大エキスでも何度か紹介してきましたが、今年度新たに3つ設立され、計12のカンパニーが活動をスタートさせています。
ものづくりを総合的に体験するための場を提供している学内カンパニー。その中には、防災情報を広く伝達するための装置を開発している会社やスピードスケートのブレードを研磨する装置を開発している会社などもあります。

学生さんの柔らかな発想で、いろいろ新しいものを作っていくって、面白いですね。

ワタシも、ごみの日アプリ、早速DLしなきゃ!

■岩手大学学内カンパニー
 https://iwate-u-gakunai-company.jimdo.com/

■学内カンパニー「HND.Co」
 https://hndco.wordpress.com/
  ↑
 このページの中に、ゴミの日アプリに関する案内があります。

星に願いを -2019-

2019.07.05

今週すでに桃Bloggerさん山吹Bloggerさんがエキスに取り上げていた七夕のお願いですが、今日はその短冊の中で気になったものをご紹介してみたいと思います。(二年ぶり三度目(一度目二度目))
 
 
ファイル 3019-1.jpg
秋田県の人口が
北海道の人口を
上回りますように

うん。
一年に一度の七夕のお願いにしては、なんとも不思議なこの願い。
お願いされた彦星さんと織姫さんも困惑すること間違いなし。
ちなみに昨年度統計では、両道県の人口は
秋田県:98万0684人
北海道:531万0559人
となってまして、、、ますます困惑すること間違いなし。
 
 
ファイル 3019-2.jpg
単位をください(切実)

うん。
切実なんだね。
そろそろ期末試験も始まる時期だし、星に願いをかけるほど切実なんだね。
しかーし!
単位はもらうものではないのだ!
自らの力で得るものなのだ!!
がんばれ!
 
 
ファイル 3019-3.jpg

60галтай
амьщрама
ар
баина

でいいのか?
そして返事は
Эрүүл амьдрах
でいいのか??
 
 
ファイル 3019-4.jpg
どうにか健康にすごせますようにみんなが

「どうか」じゃなく「どうにか」なのね?
なんかギリギリ感が溢れているように感じるんですが・・・
でもお願いしているのは自分向けじゃなくて、みんな向け。
その優しさが、みんなに届きますように。
 
 
ファイル 3019-5.jpg
おり姫とひこ星が会えますように。

年に一度ですからね。
そんな二人の逢瀬を願うあなたにも、しあわせが訪れますように。

気づけば七夕が間近

2019.07.02

湿気がちなこの頃。
講義室に入る学生さんも
「ベタベタしてるんだけど~!!」
とシャワーシートを取り出す今日この頃ですが、

ファイル 3016-1.jpg

気が付けば7月に突入。早いものです。

今月末には期末試験が盛りだくさん。
それを乗り越えれば無事に夏休み突入ダ!という、なんとも大学生らしいイベントが目白押しのこの時期、こちらでは、毎年の恒例行事もはじまっていました。

そう、

ファイル 3016-2.jpg

七夕です。

少し枯れてしまった笹の葉には「元気がほしい」との願い。
…誰か、この方に元気を差し上げてくださいませ…

ファイル 3016-3.jpg

笹の葉のそばには、短冊に願い事を託すスペースも。
早い者勝ちです。
どうしてもかなえたいことがある人は、チャンスを逃しませぬように!。

ファイル 3016-4.jpg

笹の葉は枯れ気味でしたが、夏椿は今が見ごろ。
でも、こんなに立派な花なのに、朝に咲いて夕に散る、実に儚い一日花なんです。そう知ると、白い花びらが織姫の衣のように見えてくるから不思議なものですね。

ページ移動