記事一覧

のんびりと2番手でございます。

2018.12.21

前回、この恒例の年末の記事を書いたのも
つい先々月くらいのことのような気がしてるのですが、
実際には1年=12か月も経ってしまっているわけで。

そりゃ12月に入ったのも先週くらいのことだと思ってたのに
気がついたら下旬にもなるわけです。
時間の流れの体感速度が速すぎる…。

そんなわけで、本日は年に一度の
がんちゃんと学内ぶらり旅の日でございます。

もっと大胆に言わせていただくと
「年に一度、がんちゃんと学内デートできる日」でございます。

大学を代表するマスコットともなれば、スキャンダルなぞご法度。
いつパパラッチが狙っているかもわかりません…!

そんながんちゃんと共に堂々と学内を闊歩できる、
年に一度の日です。ふふふ…。

明日は「冬至」一年で一番お昼の時間が短い日。
今日はその前日ということで、
実質ほぼ冬至並みの日長。
そりゃ、陽射しがあっても雪がなくなりつつあっても寒いわけです。

ファイル 2890-1.jpg

最近は仕事も慌しく、他にもいろいろなことに追われて
北水の池も、見に来る余裕すらありませんでした。

さすが12月ともなれば、氷が張ってます。
わたしが乗ったら一発で割れてしまう薄さ。

そういえば、がんちゃんは…?乗れるのかな。
岩だからやっぱり重いのかな。

がんちゃんが乗っても氷が割れないか試してみたい気もしますが、
がんちゃん、確か「水泳が苦手」だった気がするので
(先日お誕生日のときに覚えました)
割れちゃった時のことを考えて、やめておきましょう。

きっと、新年を迎えて寒さが厳しさを増すと、
もっと分厚くて大きな氷になることでしょう。

でも、だからといって皆さんどうか乗らないでくださいね。
毎年氷の上に足跡を見かけるたび、ひそかに心配しています。

ファイル 2890-2.jpg

植物園内で、やたら鳥のさえずりが聞こえるなと思ったら
こんなところにこんなに大きな柿の木があったんですね!
大きすぎて小さなデジカメでは収めきれませんでした…。

いろいろなものが雪に埋もれてしまうこの時期、
小鳥たちにとってオアシスだろうなぁ。

こんなにたくさんあるなら、と思ったのですが
高すぎてわたしの身長&そこらへんの踏み台程度では届かなそう…。

せめて雪の重みでみんな落っこちてしまう前に、
小鳥たちにはめいっぱいたらふく食べて欲しいなぁ。

ファイル 2890-3.jpg

スノーマン…と思ったら、スノー…ベア?
まるでぬいぐるみのようなかわいいシロクマの顔とは裏腹に、
5~6頭身くらいあるリアルな熊を思わせるボディ。
その真ん中あたりには大きな空洞。
そしてその中にミニミニスノーマンが。
さらに頭には謎の細長いオブジェ。

製作者に直接聞かない限りはきっと謎が解けることはないのですが、
とりあえず、なんとなくこの全身像から察するに、
ミニミニスノーマンが本体…というか操縦者、
ということでいいのかな…。

いずれにしてもこのお腹の中のミニミニスノーマン、
何か重要な参考人であることは間違いなさそうです。

ファイル 2890-4.jpg

穴があったら入りたい(←使い方が違う)ということで、
さっそくがんちゃんもお邪魔してみました。
ここ、案外居心地良さそう…。
雪の白が背景だとがんちゃんのカラフルなボディも映えますね。

うん、見た目で少し警戒していましたが、
このスノーマン(ベア)、きっと悪い人(?)じゃなさそう。
どうぞ雪がとけるまでお達者で。

ファイル 2890-5.jpg

そうそう、忘れちゃいけないんだった、
今日は年内の最終授業日でもあります。

年明けの授業は1月7日(月)から再開します。

そこからはちょこっと通常運転したら
本当にあっという間に期末試験に突入してしまうので、
この2週間ちょっとの期間、遊ぶ方も帰省する方もバイトに勤しむ方も、
それぞれの形で悔いなく羽を伸ばしてきてくださいね。

さて、今年も無事、こうしてこの日を迎えることができました。

日々の仕事に追われてくると、
当たり前のことを「当たり前だし」と、
何気ない日常の出来事は「所詮ささいなこと」と、
どうしても見逃してしまいがちになっていました。

そんな中、当たり前のようでかげかけえのないこと、
小さなことでも嬉しいことや心動かされたこと、
そんなひとつひとつのことも大切にしていくことで
自分の日々の過ごし方や受け止め方も変わってくるということを
学ばせていただいた年でした。

そういう学びをいただいたのも、
読者の皆様をはじめ、エキス、本学に関わってくださっている皆様、
学生さんや教職員の皆様あってのことです。

皆様、今年も大変お世話になりました。
ありがとうございます。

平成最後のクリスマスとお正月がいよいよやってきますが、
誰とどういう形で過ごす方にも、
どうか素敵な時間が流れていきますように。

山吹

帰省前にはお忘れなく

2018.12.19

いよいよ明後日で今年の講義も終わり、学生さんには2週間ちょっとの冬休みがやってきます。
お正月を故郷で過ごすべく、懐かしの我が家へ向かう方も多いかと思いますが、準備は滞りなく済んでますか?

行き帰りの切符だったり、
携帯の充電器だったり、
帰りを待つ人へのお土産(話)だったり、
休み明け〆切のレポートだったり、

休み明け、暫く人気(ひとけ)が無く、底冷えするアパートの部屋を温めるための灯油の備蓄だったり。
ファイル 2887-1.jpg
配達の方も冬休み期間があるので、余裕を持って準備しておきましょうね。

そして忘れちゃいけないのが、
水道管凍結対策

声を大にして、もう一度言います
水道管凍結対策

今までエキスでも、給湯器の水抜きの話とか、トイレの不凍液の話(20102012)とかでお知らせしてきたところではありましたが、中央食堂の2階、不動産部の入り口
ファイル 2887-2.jpg
には、水道管凍結の恐ろしさをお伝えする、こんなパンフレットが並んでいました。
ファイル 2887-3.jpg

おっそろしい実例として、

トイレの水が凍結破裂。
自室建物損害で49,350円

台所の水道管が破裂して、流し、玄関、床、等の自室損害で
747,740円!

お風呂の水道管が破裂して、自室のほか、階下損害も合わせて
14,827,453円!!

怖い...
怖すぎるよ!水道管破裂!!!!

そんなわけで、帰省などで長らく家をあける場合は勿論のこと、冷え込みが厳しければ一晩で凍りつく場合もありますので、くれぐれもお気をつけ下さい。

冷え込み始める夕暮れ時に

2018.12.10

ふらり歩いたキャンパス内。

ファイル 2880-1.jpg

次第に存在感を深める三日月とキャンパス案内板のシルエットのバランスが、なかなか良かったりします。

そんな夕暮れ時の時間帯でも

ファイル 2880-2.jpg

これだけ自転車が並ぶ理由は、そう、

ファイル 2880-3.jpg

まだまだ授業中だから、なんですね。
受けている学生さんも先生も、終わったら「わ、こんなに暗くなってた!」と驚くパターンです、きっと。

ファイル 2880-4.jpg

教室のみならず、ちょっとしたスペースでもペンを走らせる学生さんたち。レポートなどを書いているのでしょうね。頑張ってください。

ファイル 2880-5.jpg

明日の朝も冷え込みそうな、この空の色。
こういう日の夜は、水道が凍らないよう配慮が必要です。

岩手の冬を初経験する学生さんや教職員の皆さん。
…水道凍るとやっかいです。どうぞ、お気を付けを。

余念なし

2018.11.27

いつもならば3コマ目の講義が終わり、家路に就いたり、次の講義に向かったりする人たちでそれなりに賑わう、中央食堂前14時35分ですが、今日はなんだか物寂しい雰囲気。

ファイル 2871-1.jpg

それもそのはず、明日行われる推薦入試の準備のため、今日の午後は全学休講となっているのです。

そしてその休講となった時間帯を利用して、試験の準備が着々と、そして粛々と進められていました。

全学の試験実施本部となる事務局前には、テントが運ばれてきています。
ファイル 2871-2.jpg
これ、「岩手大学新入生歓迎実行委員会」とありますので、明日の総合案内所になるんでしょう。
ここは正門入ってすぐの目立つ場所なので、ここに何でも聞ける人がいてくれると心強いでしょうねー。

こちら学生センター棟では、人文社会科学部入試会場入り口の準備作業中でした。
ファイル 2871-3.jpg
大きく貼られている最中の「試験会場」の掲示に、
建物内の見取り図、
別の建物も会場になっているのか、そちらまでの誘導図、
などなど、試験室まで迷わず困らず行けるように準備されていました。

今日は試験場の下見日ということで、建物の外までですが、自分の試験場を確認することができます。
ということで、今まさに試験場となる岩手大学の門を通っていた受験生さんや、
ファイル 2871-4.jpg
建物の前で掲示物に目を通す受験生さんの姿が目に入りました。
ファイル 2871-5.jpg

さて、受験生の皆さんが特に気がかりなのは、明日の天気ではないでしょうか?
予報によると、明日の盛岡市は
曇りのち晴れ
最高気温:11℃
最低気温:2℃
降水確率:20~10%
となっており、暖かくはなりませんが、逆に冷え込みは厳しくなく、降水や路面凍結の心配もなさそうです。

このように、天候、会場共に環境を整えてお待ちしておりますので、
受験生の皆さんは安心して試験に臨んで下さい。

「ドキッ」

2018.11.19

今週は時間割(曜日)に変更があると先日初めて知り、
「あぶなかった」とホッと胸をなで下ろしたわたしです。

ホッとしたついでに
「他に見落としている情報があったら大変」と
廊下の掲示物を軽くチェックしていたのですが…

案外「ドキッ」としてしまって心臓に悪い内容だったのでした。

ファイル 2866-1.jpg

学内ネットワーク、個人所有、
いまやいつでもどこでも遭遇する、詐欺メール。

確かに、やたら強い言葉で急かす内容だったり違和感を覚える文面だったりと
いくらか特徴はあるものの、
最近の迷惑メールの類はだいぶ巧妙になってきてますね。

学内では、情報処理センターの教職員の皆さんが力を尽くして
学生の皆さん・教職員すべてを守るべく対策してくれています。

教職員には不定期に訓練メールを出したりもしてますよね。

皆さん、怪しいメールのURLなどはくれぐれもクリックせず、
情報基盤センターへ連絡しましょう!

ファイル 2866-2.jpg

「あなたの情報は守られていますか?」
これもドキッとしちゃいます。

OSやソフトウェアをアップデート、セキュリティソフトも最新版で…
いろいろやっていてもなお、こう問いかけられると不安になりません?

でもこういう大切なことって、
恐怖感や不安感が多少残っているくらいが常である方が
きっと油断やうっかりを少なくできるのかもしれません。

英語の勉強をしていると良く見かける構文に

You cannot be too careful in riding a bicycle.
(自転車に乗るときはいくら注意してもしすぎることはない)

なんて言い回しがあるように、
いくら注意してもしすぎることはない、セキュリティの対策。
「他人事」と思わず、皆さんも自分の環境を定期的にチェックしましょう!

ファイル 2866-3.jpg

ギクッ!
中性脂肪って言葉、
「ドキッ」よりも「ギクッ」としてしまうわたしです。

健康診断の結果に載っているあの忌まわしき数値、中性脂肪。

体重みたいにわかりやすく見た目とも相関しやすい数値と違い、
「体重で油断するなかれ。君の体内に脂肪はたんまりとある」と
静かに遠まわしに突き刺してくるようなあの言葉と数値。

学会が存在していたなんて…!

是非とも活発に研究や情報交換が進むといいな、とこっそり願います。

ファイル 2866-4.jpg

「ドキッ」よりも「あれっ?」となったここ、
農学部1号館の事務室前。

なんかスカスカになっているような…

ファイル 2866-5.jpg

証明書類の自動発行機があった場所でした。
就職活動や資格取得など、
学生さんたちがいろいろな活動をするときに必要になる各種証明書。

学生証を持っていれば自動で発行することができちゃいます。
急いでいてもこれなら安心です。

…とその機械がなくなった、というか
今月から釜石キャンパスへお引越ししたんですね。

農学部に水産コースが新設され数年経ち、
釜石へ行く学生さんも多くなってきた、ということでしょうか。

「理工学部」の学部名もだいぶしゃべり慣れてきたし、
これからもきっと岩手大学の中で少しずついろいろなことが変わっていくと思いますが、
その変化に時には「ドキッ」としながらも
その変わっていく様子も楽しみながら見守っていきたいですね。

追伸:
ヒマラヤスギの花粉、まんまとチョークだと信じていたのはこのわたしです。
秋は雪が降る前に舗装など整備とかしておかないと
いろいろ大変なのかな、と勝手につじつま合わせて納得していたほどには
チョークと信じて疑いませんでした…。
お恥ずかしい…。

ページ移動