記事一覧

星に願いを -2019-

2019.07.05

今週すでに桃Bloggerさん山吹Bloggerさんがエキスに取り上げていた七夕のお願いですが、今日はその短冊の中で気になったものをご紹介してみたいと思います。(二年ぶり三度目(一度目二度目))
 
 
ファイル 3019-1.jpg
秋田県の人口が
北海道の人口を
上回りますように

うん。
一年に一度の七夕のお願いにしては、なんとも不思議なこの願い。
お願いされた彦星さんと織姫さんも困惑すること間違いなし。
ちなみに昨年度統計では、両道県の人口は
秋田県:98万0684人
北海道:531万0559人
となってまして、、、ますます困惑すること間違いなし。
 
 
ファイル 3019-2.jpg
単位をください(切実)

うん。
切実なんだね。
そろそろ期末試験も始まる時期だし、星に願いをかけるほど切実なんだね。
しかーし!
単位はもらうものではないのだ!
自らの力で得るものなのだ!!
がんばれ!
 
 
ファイル 3019-3.jpg

60галтай
амьщрама
ар
баина

でいいのか?
そして返事は
Эрүүл амьдрах
でいいのか??
 
 
ファイル 3019-4.jpg
どうにか健康にすごせますようにみんなが

「どうか」じゃなく「どうにか」なのね?
なんかギリギリ感が溢れているように感じるんですが・・・
でもお願いしているのは自分向けじゃなくて、みんな向け。
その優しさが、みんなに届きますように。
 
 
ファイル 3019-5.jpg
おり姫とひこ星が会えますように。

年に一度ですからね。
そんな二人の逢瀬を願うあなたにも、しあわせが訪れますように。

気づけば七夕が間近

2019.07.02

湿気がちなこの頃。
講義室に入る学生さんも
「ベタベタしてるんだけど~!!」
とシャワーシートを取り出す今日この頃ですが、

ファイル 3016-1.jpg

気が付けば7月に突入。早いものです。

今月末には期末試験が盛りだくさん。
それを乗り越えれば無事に夏休み突入ダ!という、なんとも大学生らしいイベントが目白押しのこの時期、こちらでは、毎年の恒例行事もはじまっていました。

そう、

ファイル 3016-2.jpg

七夕です。

少し枯れてしまった笹の葉には「元気がほしい」との願い。
…誰か、この方に元気を差し上げてくださいませ…

ファイル 3016-3.jpg

笹の葉のそばには、短冊に願い事を託すスペースも。
早い者勝ちです。
どうしてもかなえたいことがある人は、チャンスを逃しませぬように!。

ファイル 3016-4.jpg

笹の葉は枯れ気味でしたが、夏椿は今が見ごろ。
でも、こんなに立派な花なのに、朝に咲いて夕に散る、実に儚い一日花なんです。そう知ると、白い花びらが織姫の衣のように見えてくるから不思議なものですね。

もうすぐ、もうすぐ。

2019.06.25

カラスの被害が広がっているようです。
ファイル 3011-1.jpg

例年この時期になると、こちらのポスターで注意喚起がなされますが、子育ての時期のカラスは大事なヒナや巣を守るために攻撃的になっています。

聞いた話によると、
ある特定の個人が執拗に狙われた
とか
後ろから頭を鷲掴み(鴉掴み?)された
とか、物騒な事例も発生しているそうです。

この被害ですが、昨年までと変わったことが一つあります。
それは、よく耳にする発生場所です。

昨年までは、理工学部の南講義棟と総合教育研究棟(化学系)(旧五号館)の間の道路(理工学部の門を通って真っ直ぐ進む道)でよく聞かれたんですが、(この張り紙狩りの現場もここでした)ここについては、今年二月に行われた樹木の枝払いによりこんな感じになっているので、
ファイル 3011-2.jpg
どうやらカラスもこの近辺では巣を作っていないようです。

そのかわりと言ってはなんですが、今年はここから南講義棟を挟んだ反対側となる、理工学部食堂から一祐会館の間の道
ファイル 3011-3.jpg
や、国道46号を挟んだ3丁目キャンパスの中央食堂の方で被害が頻出しているとか。

このカラスの子育ても、季節的にはそろそろ終盤に差し掛かっているはず。
あと少しの間鴉を刺激しないよう十分に注意を払って過ごしましょう。
 
 
そうそう、そういえば。
山吹Bloggerが先日目撃した夜太鼓部(?)の皆さんの晴れの舞台である、盛岡さんさ踊りへの参加日程が決まりました。

今年は
8月2日(金)19時38分ころスタート
です!

昼練をしている昼○部には、参加パートが笛と太鼓なことから、
「童謡「ひなまつり」の中にある五人囃子の笛太鼓から「昼まつり部(ひるまつりぶ)」ではどうでしょうか?」
なんて命名案もいただきましたし、参加日も決まりますます練習に熱が入っております。

当日はぜひ会場まで足をお運びください!

昼○部

2019.06.19

大学に来ている方なら、否が応でも気づかされていると思いますが、ここのところの昼時間、構内にさんさの音が鳴り響いております。
ファイル 3007-1.jpg
カレンダーに目を向けてみると、今日は6月19日(水)。
盛岡さんさ踊りが開幕する8月1日まであと6週間となりました。

ちなみに今日を基準に同じく6週間を遡ってみますと、その日付は5月8日(水)となりまして、今年度の岩大さんさの練習が始まった日になります。
てことは、練習の日程的にはちょうど折り返しを迎えたということになります。
さて、その進捗具合はどんな感じなのでしょうね?

昼時間のさんさの練習といえば、笛の皆さんが取り組んでいた、その名も
昼笛部(仮)
がありました。

笛であれば、普段の通学カバンの中に入れても邪魔にならないので、
午前の講義終わり→昼練→午後の予定
と動くことができるんですが、太鼓はさすがに邪魔になる、というか、そもそも通学カバンに入りません。
するとどうしたって練習の前後に
→太鼓借用→昼練→太鼓返却→
という手間がかかってきてしまいます。

それなのに、手間を惜しまず練習に励むとは・・・

しかも今年から昼時間が60分から50分に短縮され、「お昼ご飯を食べたらもう時間がない!」なんて事態に陥りそうなものですが、

それなのにそれなのに、まさに寸暇を惜しんで練習に励んでいました。
ファイル 3007-2.jpg
もちろん昼笛部(仮)の皆さんも一緒になって練習中でーす。
 
 
さて、この昼練を行っている皆さんですが、一つ問題がありまして。
以前は笛の練習だったので「昼笛部(仮)」で良かったんですが、今は太鼓も一緒になって実施しています。
なんて呼ぶべきか・・・

昼太鼓部(ひるたいこぶ):なんかハマりが悪い。それにわざわざ笛と分ける必要もない。
昼さんさ部(ひるさんさぶ):これまたハマりが悪い。

何かいいネーミングありませんか?

冷やし麺、始まってました

2019.06.04

昨晩からなぜか

♪夏も
 近づく
 八十八夜~

というメロディーと歌詞が頭から離れず、
もしかして今がその時期なのかもな~なんて確認したら、
八十八夜からすでに1か月も過ぎていたという衝撃。

まぁ、なぜその歌が頭の中を巡り巡っているのかというと、
やはりそれは、最近の夏らしい気温のせいに他なりません。

今日も28度越えの盛岡。
こうなると一気に半袖人口も増加しますし、影響はここにも。

ファイル 2996-1.jpg

そう。
食堂のメニュー。
いつの間にか、メニューに冷たい麺が羅列。
始めました、ではなく、始まってました、でした(^^)。

気温が高くなると食欲不振で体力も落ちてしまいますが、

ファイル 2996-2.jpg

この価格で1食分のざるそばの量は1.5玉分。
さすが、学生食堂は威力があります(^^)。

逆に

ファイル 2996-3.jpg

暑いメニューで汗を流すという手もありますね。
名物の焼きカレーは、地元の民放番組でも紹介されたようです。

ファイル 2996-4.jpg

リフレッシュラウンジには、令和の時代にもかかわらず昭和っぽい扇風機も登場。こんなところからも気温の高さが見え隠れ、ですね(^^)。

ところで。

ファイル 2996-5.jpg

だそうですー。
使った人、返却してくださいねー(^^)。

ページ移動