記事一覧

桜、まだ咲く

2019.05.14

桜は桜でも「さくら『んぼ』」の花なんですが…

ファイル 2980-1.jpg

たしか以前もこれくらいの時期に紹介したと思うのですが、
滝沢農場ではセイヨウミザクラ(さくらんぼ)の花が
先週ちょうど満開になってました。

同じ桜でも、柄のつきかたや形にどことなくさくらんぼの雰囲気が
出ているような気がしませんか?

この満開の花ひとつひとつが、
いずれさくらんぼの実ひとつひとつになるのかと思うと
もうワクワクしちゃいますよね。

ちなみにソメイヨシノの実はとても渋くて酸っぱかったです…。
「いけるんじゃないか」と思って口にした若かりし日…。

さて、そんな桜(んぼ)満開の滝沢農場ですが、
先日はトウモロコシ畑の播種の実習でした。

ファイル 2980-2.jpg

作業自体はとてもシンプルで、
既に職員の方が張ってくれたマルチの植穴に、
指で小さな穴を掘って2粒ずつ種をまき、土をかぶせるというものですが

「どうして2粒なのか?」
だとか
「どうしてその深さで植えるのか?」
だとか
「種の表面の毒々しい赤色はなんなのか」
だとか
「品種名とその特徴」
「播種から収穫までの日数」
だとか
「マルチが何のために張ってあるのか、素材や色による効果の違い」

などなど、本格的にまとまった量を生産するのに必要な知識が
(本格的にやらなくとも、知っていれば決して損はないですが)
作業のシンプルさなんて吹き飛ぶくらい盛りだくさんなので

ファイル 2980-3.jpg

こんな風に皆さん真剣に説明を聞いてくれています。

この日はあいにくくもり時々雨だったので
土も湿って手も泥だらけになってしまうコンディションでしたが、
イマドキの学生さんって、皆さんそういうの気にしてないのか、
楽しくほど良くおしゃべりもはさみつつ、
ちょちょいと作業を進めていくんですよね。

長-----い畦をみんなで手分けしてやるので、
お互いの位置と進捗の確認もまた必要不可欠。

たまに「掘ってみたらもう種が植えられてて慌てて埋め戻す」のも
これまたご愛嬌。

ファイル 2980-4.jpg

今年も、これから少しずつ景色に緑色が増えてきますね。

令和最初のこのよき年の実習も、
皆さんの学び、収量ともに実り多いものとなりますように。

入学最初が平成最後

2019.04.24

お花見シーズン最盛期を迎えております本学ですが、
早いところは既に葉桜になりつつあります。

ファイル 2972-1.jpg

今週末まで持ってほしいところなんですが、
盛岡は今夜から土曜までしばらく雨の予報が出ております…。
写真もすでに空がどんより…。

先週末「まだ咲き始めだし、来週にとっとこう」なんて言って
本格的なお花見を先延ばしにしてしまったことを
今日になって後悔しております…。



さて、そんなこんなで短い盛岡の春ですが、
新1年生の皆さんの実習もいよいよ本格的にスタートしました。

先日緑先輩より「学内どこにいても桜が見られる」とのことでしたが

ファイル 2972-2.jpg

フィールド実習も例外ではありません。

ファイル 2972-3.jpg

一面の桜をバックに実習。

履修してる皆さんは桜まで見る余裕、もしかしたらないかもしれませんが、
フレッシュな皆さんと
春らしさをイメージさせる桜と
これから皆さんの手で作り上げていくまっさらな圃場と、
この時期しか見ることのできない絶妙な組み合わせ、
密かに毎年見るのを楽しみにしてたりします。

農学部一年生の皆さんは全員必修の実習なので、
人の多さ、にぎやかさはもちろんのことですが
長靴、作業着もピカピカ新品だったり個性が光っていたりと
いろいろな視点で見どころがあります。

ファイル 2972-4.jpg

この実習で栽培するのは、
ジャガイモ、枝豆(ダイズ)、ダイコン、ホウレンソウ、と
食卓またはおやつに欠かせない野菜たちです。

農学部というと、ご実家が農家さん、という方もいらっしゃるのですが
案外、その割合は全体から見れば少なかったりするので
農具を手にするのはほぼ初めての方も多いんです。

でもそこはさすが農学部を志して入学した皆さん。
飲み込みが早いので、すぐに作業に慣れてサクサク進むようになりました。

また、まだ顔を合わせるようになって1か月も経っていない同士で
まだコミュニケーションがちょっぴりぎこちない、というのが
例年よく見る光景なのですが、
今年は既に皆さんかなり打ち解けている印象を受けました。

手が足りなさそうなところにはすぐ声をかけて手伝ったり、
手が空いている人が積極的にスマホでレポート用の写真を残したり
皆さん、もう1年くらい一緒に過ごしたんじゃないかって思うくらい
スムーズに意思疎通が取れていて
見ててとても安心感があります。
これなら次回からも間違いなく大丈夫。

ファイル 2972-5.jpg

まだ日が長くなっていってる途中なので、
実習が終わるころに暗くなり始めていました。

今年もこの一年生の「総合フィールド科学実習」
始まったなぁと思いながらカレンダーを見ると、
今年度最初の実習でありながら、
平成最後の実習でもあることに気付きました。

次、ここの圃場を皆さんが実習で訪れる時には
「令和」の時代に突入しています。

それまでの間に、無事に皆さんが植え付けた種が芽吹いてくれることを
今年もわたしも楽しみにしています。

開花がないなら発芽を見せればいいじゃない

2019.04.18

さすがにわたしまで待ってはくれなかったか…。

本学は一足早く昨日でしたが、今日は今日で
「盛岡市の標本木」の開花(5輪でしたっけ?)により、
盛岡市としてもついに桜の開花宣言がされましたね。

いよいよこの地も本格的に桜シーズンに突入です…!

そして迫る週末。
迫る大型連休。
迫る新元号「令和」。

今シーズンはお花見の気分も例年よりいっそう高まりそうですね。

さて、惜しくも開花宣言はできなかったので、
今日は代わりに「種まき宣言」しようかと思います。


先日、前期の「農場実習I」の初回の授業が行われておりました。

附属滝沢農場で行われる、農学部2年生の授業です。

この日は、実習の内容やスケジュール、持ち物、服装などなど
ガイダンスの後、農場内を見学するという流れだったのですが

なんとこの日、年に一日しか稼動しない、
激レアな機械にお目にかかれる日でもありました。

ファイル 2967-1.jpg

見たことがある方、むしろ私も、うちでも、使っています、
という方もいらっしゃるのではと思うのですが、

この実習で使うあるものを、
短時間でたくさん作ることができる機械なんです。

…と、皆さん機械の周りにずらり。
先生と担当の職員の方とで詳しく説明されています。

ファイル 2967-2.jpg

トレーをベルトコンベアに流すと
土と水と薬剤とが自動的に適量敷き詰められて、

ファイル 2967-3.jpg

種もみが100gずつ均等にパラッと蒔かれ、
その上に薄く土がかぶせられて(覆土)、完成。

ファイル 2967-4.jpg

そう、水稲の播種の作業と、
それを自動でやってくれる機械、でした。

自動といっても、土や水や種もみをセットしたり、
できあがったトレーを育苗ハウスに運び出したり、というのは
全部人の手で行うので、何もしなくていいわけではなく
むしろ職員の皆さんと農場に配属の学生さんも総出で
あわただしく動き回ってます。

それでも、約5.5haあるこの農場の水田に植えるすべての苗を
一日で、しかも品質の揃ったものを作ることができるのは
この機械のおかげでもあります。

ファイル 2967-5.jpg

この播種作業の前に、一週間ほど水に浸して発芽させた種もみと、
播種を終えたトレーたちが並べられていく育苗ハウス。

白っぽい芽がぴょこっと出ているのが見えますが、
この芽は出すぎてしまうと、播種のときに折れてしまうのだそう。
この絶妙な加減が難しそうです…。

このあと一ヶ月くらいすれば、今度はこの苗たちのうちいくらかを、
自分たちで手で定植(田植え)する実習がある予定です。
(そしてその頃には「令和元年」になってるのかぁ…)

まずはそれまで、苗が無事育っていてくれますように。

図らずも同時開催

2018.09.28

こんにちは。

9月もいよいよ残すところあと2日。
つまり2日後からいよいよ後期が始まります。

そんな夏休み最後の平日の今日は、前期の成績受け取りの日です。
学生の皆さんは、前期の成績と来週から始まる後期の履修について
しっかり確認したことと存じます。

さて、夏休みが終わるということで、
数回に分けてお伝えしてまいりました「滝沢農場夏の特別実習」
いよいよ終盤戦です。

日程は4日目に突入、この日はこれまでの日程で収穫してきたものたちを
選別と調整・梱包し、午後から上田キャンパスでの販売会です。

ファイル 2831-1.jpg

開始15分前でこのお客様の列、何度見ても圧巻です。

8月上旬なものの、曇り空で暑さが少しやわらいでいたので
幸い待っている間の熱中症の心配はなさそう。

ファイル 2831-2.jpg

始まってみればこの通り、どこに何があるか探すのにも一苦労。

ちなみにこの日はオープンキャンパスの日でもありまして、

ファイル 2831-3.jpg

パンフレットの入ったカラフルながんちゃんバッグを持った方も
多数ご来店くださりました。

(急な雨に見舞われて雨宿りがてら立ち寄った方も)

わざわざ狙って同じ日程になったわけではないのですが、
「自分たちで収穫調整したものを消費者の方と直接顔を合わせて販売する」
ということを体感できる実習があること、

また他にも学部学科によってさまざまな形の実験実習があることを
ほんのちょっと知っていただけたならとても嬉しい限りです。

ファイル 2831-4.jpg

そして、開店のラッシュが終わった頃、
学生さんが頑張っている姿をさりげなく見に来てくれたのは
農学部の高畑学部長。

きっとご本人は「オープンキャンパスの合間に」「さりげなく」
見に来たつもりだったと思われるのですが、
なにせ学部長なもので、皆さんすぐにその姿に気付きます。

そして各コーナーから飛び交う

「学部長、ブルーベリーいかがですか?」

「学部長、スイートコーンたくさんありますよ!」etc..

熱烈な営業にタジタジです。

そして、しっかりお買い上げくださいました。

同じように、実習に参加している方のお友達・サークル仲間・先輩後輩etc...
応援がてら足を運んでくださる方もたくさんいらっしゃいました。

オープンキャンパスの日、農学部の片隅での開市にもかかわらず
足を運んでくださった皆様、
あらためまして、ありがとうございました。

オープンキャンパスに参加された方も、
見つけてのぞいてみてくださってありがとうございました。

真夏の暑い中皆さんががんばった集大成のこの販売会、
皆様のおかげで無事に成功をおさめることができました。

ファイル 2831-5.jpg

数回に分けてお送りしました「農場特別実習」、
わたしが潜入取材したうち実習の部分はこれにてお開きです。

が。

この販売会のあと「森の駅市場の打ち上げ」と「実習の一足早い慰労会」
を兼ねた楽しい時間も設けられまして、
その時の皆さん(先生も!?)もとても活き活きしていたので
近々番外編としてそちらの様子もお送りしたいと思います。

ではまた、後期のキャンパスにてお会いしましょう…!

夏の特別実習記(その3)

2018.09.20

突然ですが、本日のお昼の一枚。

ファイル 2827-1.jpg

みんなでお弁当中@理工学部。
秋の遠足の時期でしょうか。

今日なら陽射しも強すぎず、ピクニック日和ですね。
カラスに持っていかれないように気をつけてくださいね…!


さて、今日も夏の特別実習の続きとまいります。

<前回はこんな感じでした>

ファイル 2827-2.jpg

トラクターを運転してみたり、

ファイル 2827-3.jpg

とうもろこし畑に動物の食害を防ぐ電気柵を設置したり。

ほどよく風があるとはいえ、
晴天の8月上旬の屋外はやっぱり暑い!

ちなみに電気柵は無人になる夜間のみ作動するもので、
設置作業時はしっかり電源を切ってあるので
作業中にうっかりして電気が流れることはありませんよ。

作動時も動物が死んだりケガをしてしまうくらいの
強い電流は流れないそうです。

そんな電気柵専用のロープを張るための支柱は
土の中にしっかり差し込まないといけないのでけっこう力がいりますが
女子の皆さんが率先してサクサクと立てていってました。

実習全体を通しても、最近ではよほど力のいる作業でない限りは、
男女で役割を決めるという感覚ではなく
できるかできないか・やりたいかどうかで
仕事の分担を決めている学生さんが多いように思います。

こういうところからも「男女共同参画」ということが
社会のスタンダードになりつつある事が見えるような気がします。

ファイル 2827-4.jpg

ハードな動きの少ない、播種の作業。
秋~冬の野菜と花苗の準備です。

こちら、動きはきつくないのですが、
種の一粒一粒がゴマの粒と同じくらい小さいので
落としたりこぼしたりしないようにピンセットでひとつずつ
植え穴にツマツマしていく地道な作業です。

目と指先と、前かがみになるので首と肩にハード。
その点ではテスト勉強やレポート作成とちょっと似てるかも。

ファイル 2827-5.jpg

休憩中には草笛名人の青空教室が開催されたり。

わたしはまんまとこの名人の術中にはまり、
最初近くで動物が鳴いているのかと思い込んでしまいました。

慣れない場所での共同生活、
朝から夕方までにわたる実習をこなしても
皆さん疲れの色が見えず活き活きしているので
こちらまで元気をもらえそう。

あとちょっとだけ、次は販売会編へと続きます。

ページ移動