記事一覧

産直の舞台裏

2019.09.04

夏の思い出、農場特別実習を先週に続き、
今日も少し振り返ってみたいと思います。

森の駅市場で販売される野菜や果物など、
いつも皆さんにお目見えする時には
選別調整と包装された状態のものになっていると思います。

その選別調整などの作業も、実習の一環として皆さんが行っているのは
毎年ご紹介しているとおりです。

ファイル 3059-1.jpg

こちらはスイートコーン。
コンテナにずらっと詰められたトウモロコシたちを
ひとつひとつ包丁で余計な部分を切り落とし、
皮を数枚残して剥き取り、
虫食いや実入り不良がないかをチェック、
大きさが均等になるよう選んで袋詰め、
商品でいっぱいになったコンテナをすぐ予冷庫へ。

収穫してきたものをそのまま袋に詰めるわけではなく、
これだけの工程を経てやっと3本入り袋の商品になります。

皆さん、なかなかの手間と集中力を使ってます。
あと目もけっこう疲れます…。

トウモロコシはわりと頑丈なほうなので、
それでもまだ扱いやすいほうかもしれません。

ファイル 3059-2.jpg

こちらは森の駅市場でダントツの一番人気を誇る、桃。

収穫してきた桃、丁寧に袋をとりはずし、
選別してパックに詰め、ラップをかけます。

皆さんご存知の通り、桃たちはとってもデリケート。
ちょっとでも手荒に扱うとすぐに傷んでしまいます。

もちろん、なかなか神経を使うお仕事です。

ファイル 3059-3.jpg

こちらはジャガイモ。

桃と違い、固くて丈夫で扱いやすい、そんなジャガイモですが、
こちらは土の中にいる時に虫にかじられることが多く、
よくよーく見ると、虫食い穴があるイモの多いこと…。

なので案外選別は大変。
もともとのごつごつした形なのか虫食いなのか、
はたまた芽の出てくるくぼみなのか、
ひとつひとつまんべんなく、しっかり見る必要があります。

ファイル 3059-4.jpg

そして、商品にできるイモが足りないとなると、
急きょ追加分を掘りに畑へ。

この日の最高気温も34℃。
午前中で、しかもちょうど日差しが強すぎないタイミングだったのが救いです…。

ファイル 3059-5.jpg

これも忘れちゃいけない大事な作業。
10kmほど離れた盛岡のキャンパスまで商品を運ぶためには
トラックにしっかりと積み込むことが必要です。

フォークリフトで持ち上げたコンテナたちを、
荷台に上がって運び、荷崩れしないようしっかりと積みます。
一見ただの雑用のようにも見えますが、
この荷造りもまた、
農業を営む方々が日々こなしているお仕事のひとつ。

商品となった農産物の多くは、
本来もっともっと長い道のりを旅することになり、
その長旅をしっかり乗り越えられる状態を整え市場へ送り出すのもまた
とても大切なことです。

…と、
こんなあれこれを皆さんで手分けして丁寧にすすめた仕事たちが、
先日の森の駅市場で皆様のもとへと旅立っていったというわけです。

暑い暑い8月前半の中、
ワクワクする学内の産直でおなじみ、森の駅市場の舞台裏には
地道だけど丁寧な皆さんの手作業がありました。

(もちろんここの作業に至るまでに
栽培管理や収穫作業などなど、他にもたくさんの方の手が加わっています)

そこには「実習だから」「単位のため」という雰囲気はなく、
一人一人が買い求めてくださる方々のことを思い、
目の前の農産物に一生懸命向き合う姿がありました。

購入くださった方にも、それが伝わっていたら嬉しいな、と
もう1か月近くも前のことながら
願わずにはいられないわたしです。

8月って半分以上が秋なのか…

2019.08.29

つい先日さんさがあったばかりと思っていたのに
気付けば、8月は残すところあと2日となっていました。

まだ「立秋」やお盆が明けたくらいじゃ
夏が終わるとか秋になるとか、そこまで強く感じないのですが
8月から9月にかわる、となると、急に夏が終わるような気がして
なんだか寂しい気持ちになります。

今日はわたしの8月最後の出番、ということで、
今日は8月感あふれる夏の実習の写真メドレーで
お送りしたいと思います!

ファイル 3055-1.jpg

オープンキャンパスの週に開講されていた、
3年生の集中講義、農場特別実習(通称「夏の実習」)。

毎年8月上旬の5日間、附属農場に泊まりこみで行う実習です。

しかし今年は、まるで「この時を待っていました!」とばかりに
この実習が始まるとともに、猛暑の日々が始まったのでした…。

最高気温35℃前後ということで、先生方や農場職員の方々も
臨機応変に実習の内容やタイムスケジュールを変更したり
受講生さんが体調を崩していないか無理していないか、
こまめに目を配ったり声をかけたり、
日陰の休憩場所を確保したり、と
皆さんの健康面や安全に最大限配慮してすすめていました。

ファイル 3055-2.jpg

そういえば受講する皆さんの装い、
例年よりも暑さや日差し対策を重視しているように見えました。

今年目立ったのが、つばの大きな帽子とサングラス。

真夏の日差しの下では、目がかなり疲れるし
汗をかくと日焼け止めクリームだけでは心もとないですよね。

皆さん、この実習のためにしっかり準備してきてくれてると思うと
こちらも背筋がシャキッと伸びる思いです。

ファイル 3055-3.jpg

乗用モアを使った草刈り作業はまるでゴーカートのよう。

作業は座ったままできるので、体力もいくらか温存できますね。

そして、通った跡も、皆さん初めてとは思えないくらいきれい。

それにしても、通った跡が一目瞭然なのこの作業、
上空からドローンで撮影してみたらおもしろそう…?

田んぼアートならぬ、草刈り跡でアートに挑戦、とか?
でも上空から見る(見ることができる)人、少ないだろうなぁ…。

ファイル 3055-4.jpg

こちらは秋冬の野菜(白菜)の準備中。

35℃の猛暑だというのに、冬野菜!?
ちょっと気が早いんじゃない!?

…なんて思わず口に出てしまいそうですが、
白菜のような秋冬の野菜は、実はこんな暑い時期から
既に準備が始まっていたりします。

ファイル 3055-5.jpg

こちらはこれから一粒ずつ種をまくところなのですが、
何やらトゲトゲのついた大きなローラーが気になる方、
いらっしゃるかもしれません。

実はこれ、セルトレイ専用の道具で
土を詰めたセルトレイの上でこのトゲトゲローラーをまっすぐ転がすと、
種をまくための植え穴を一気ににつけることができるんです。

でも、肩こりや足のむくみに悩まされているわたしにとっては、
誰か3分だけ、このトゲトゲローラーを背中と肩にゴロゴロしてくれないかな、
またはデスクワーク中に足の裏で踏んでゴロゴロしたいな、
さぞかし気分爽快だろうな、と妄想が止まらないグッズでもあります。

そういえば、もしも来年も紺さんがセルトレイ使って植物育てるなら
このトゲトゲローラー買う予定とかないかな…
ないだろうな…。

…気がつけば「夏らしさとはいったい…?」となってしまいました
今日の話題、夏の特別実習のひとコマたち(のさらにごく一部)。

岩手大学では、8月や夏休み最初の風物詩となっている実習ですので、
今年もまた、後期開始までの約1か月、ちょっとずつ振り返っていこうと思います。

ハッピージャムジャム

2019.08.01

東北北部もついに梅雨明けを果たし、
さっそく猛烈な暑さで皆さん心身ともに消耗が激しい今日この頃です。

…と、そんな中でこんな話題を取り上げるのは
空気読めないにも程があるだろ、とお叱りを受けそうではありますが。

ファイル 3036-1.jpg

先日、滝沢農場では農学部の2年生の皆さんが
農産物の加工の実習を行っておりました。

何を作っているかといいますと…

ファイル 3036-2.jpg

そう、本学でこの時期たくさん収穫される、ブルーベリーのジャム!

滝沢農場は、東北のブルーベリー栽培技術発祥の地でもあるそうで、
80種類以上のブルーベリーが植えられているそうです。

私も何度か口にする機会がありましたが、
大粒のものが多く、甘さもピカイチなんです。

そんな、生のまま食べてもバツグンにおいしいブルーベリーを
ふんだんに使ってジャムを作るわけですから、
ウキウキも止まらない、と言いたいところですが…

暑い!とにかく暑く…どこか素直にはしゃぎきれない、
そんなこのジャム作りの実習。

皆さんのいでたちを見ていただければお気づきかもしれません。

本来はこのような作業をするときは
必ず白衣着用、帽子も髪の毛を中にしっかりおさめてかぶるなど
衛生に最大限気を配るべきところです。

…が。

この日の気温、実に33℃またはそれ以上。
また、屋内とはいえ、火を使い加熱調理をともなう作業です。

そして、この日作るジャムは非売品で、
各自個人で持ち帰り消費するものです。

というわけで、今回は皆さんの安全のほうを最優先し、
今年は軽装で、窓や扉も開放しての作業となりました。

この日はまだ梅雨明け前で、暑さに加えて湿度もかなり高く、
そんな中で「煮詰めて水分を飛ばす」という作業は過酷極まりなく、
しかもそれを何グループも同時に行うわけですので、
不快指数も相当なものだったと思います。

ファイル 3036-4.jpg

でも、皆さん本当に終始笑顔で和気あいあいと作業していたのは
やっぱりその先の完成品がとても待ち遠しいからでしょうか。

ファイル 3036-3.jpg

瓶詰めも熱々のうちにやるので、
「暑い」だけでなく「熱い」作業でもあります。

ファイル 3036-5.jpg

できたてジャムを水に溶かしたジュース、とてもおいしそうです。

しっかり煮詰まっているかどうかを判別する方法として、
水の入ったコップにジャムを垂らし、その様子や挙動を見るのですが
それに使ったジャムや水も無駄にしないあたり、さすがですね。

加工のためにお砂糖も入っているので、
テストで疲れた脳もシャキッとしそう。

本当に暑い中、皆さんお疲れ様でした…!



今日からいよいよ、盛岡さんさ踊りが始まります。
われら岩手大学チームは明日が出番です。

エキスでもたびたび、練習の様子、さまざまな場面での取り組み、
ご紹介しておりましたとおり、
チームの皆さん、それぞれの学業や業務があるほかに、
昼休みや夕方、夜と熱心に取り組んできております。

どうぞ、お近くの方は是非足を運びご覧いただければ幸いです…!

たのしくたのしくおいしくね

2019.07.29

7月もいよいよ今週でおしまい。

というわけで、前期もそろそろ終わり、夏休みに突入する頃。

今年も何度か経過や様子をこちらで紹介していた
農学部1年生の総合フィールド科学実習ですが、
先日ついに最終回を迎えまして
ジャガイモ掘りと枝豆の収穫をしました。

この前のわたしの記事で
「今年は虫の増え方が尋常じゃない気がする」
という旨をお話ししたところでしたが。

ファイル 3033-1.jpg

あの、オオニジュウヤホシテントウって「ナス科」の植物、
つまりナスやトマト、そしてジャガイモを好んで食するはず。
なのですが…

この界隈のジャガイモの葉を食べつくし、
なおかつものすごい勢いで繁殖してしまい、
食べるものがなくなってしまった彼らは、
普段は見向きもしない枝豆(ダイズ)の葉っぱへと
ターゲットを変更したようで…。

まだ食べられ始めたばかりなので収穫や収量に影響はなかったのは幸い。

ただ、例年「たまにコガネムシがいる」程度しか虫がいないはずの枝豆の葉には
おびただしい数のオオニジュウヤホシテントウがおりまして。

ファイル 3033-2.jpg

枝豆って収穫するのに樹からぷちぷちともぎ取らなければならないので
皆さん、このテントウムシたちと対峙しながら作業することに…。

一匹二匹ならなんてことはない小さな虫なのですが、
幼虫、さなぎ、成虫といろいろな形態がごちゃっと密集してると
さすがに見慣れたわたしでも動揺せざるを得ません…。

※すみません、あまりに過激なので引き続き写真の掲載は控えます。

あちこちから聞こえてくる

「うわぁあぁぁぁ」
「無理!!!!」
「気持ち悪い!!!!」

の悲痛な叫びたち。

それでも、さすが農学部を志して入学してきた皆さんだけあって、
「気持ち悪い」と口に出しながらも
表情は至って冷静で、
それぞれの作業をきっちりこなしていました。

たくましい…。

皆さん、きっとこの先の大学生活3年半、
何があってもきっとたくましく乗り越えられます。
わたしはそう確信しました。

ファイル 3033-3.jpg

途中、掘り起こされた畑から出てきたネズミを追いかける一幕も。

その年によって、漬物石みたいな大きなヒキガエルやら
防鳥ネットに不運にも引っかかってしまった小鳥やら、
毎年何かしらの動物と遭遇するこの実習。

上田キャンパスの敷地内、周りは住宅地か幹線道路か、
ほんのちょっと歩けばすぐに市内の中心地。

そんな場所でも、いろいろな生き物との出会いがあるって素敵ですね。

(なんたってカモシカすら出るくらいだし…)

苦手な方にとっては恐怖でいっぱいかもしれませんが…。

ファイル 3033-4.jpg

そんな「虫や生き物が豊作」な枝豆畑ですが、
嬉しいことに、今年は枝豆もかなりの豊作でした。

例年、発芽が悪かったりして収量がなかなか安定しないのですが
今年は一安心です。

ファイル 3033-5.jpg

ジャガイモも先週試し掘りをしたので
安心してざっくざくゴッロゴロと収穫できました。

自炊する学生さんも、ご家族と暮らす学生さんも、
はたまた自炊しない学生さんも、
何らかの形で、大学生活最初の実習を無事に終えられた収穫物を
是非口にしていただければ嬉しい限りです。

最近は、ネットで検索をかければ
枝豆やジャガイモの下ごしらえや茹で方なども
比較的簡単に知ることができる時代です。

そのためなのかはわかりませんが、
「自炊はしないけどガスコンロはあるから、とりあえず持ってってみる」
「○○(調理道具)って100円ショップで買えるっけ?」
というように、ポジティブ思考で
残さないよう積極的に収穫物を持ち帰る学生さんばかりで、
毎年心温まる思いで皆さんを見送らせていただいております。

「昔は誰でもできた」
「知ってて当たり前のことだった」

そんな時代もあったと思います。
でも、今はそうとは限らない時代です。

そんな時代の中で、ローテクな技術や道具を使い、
その良さ、もっと便利な道具・機械の良さも身をもって知り、
これからの社会やはたまた個々の暮らし、いろいろなことに
その経験や知識が活かされることもきっとあると思います。

その入り口のような、総合フィールド科学実習。
4か月間、本当にお疲れ様でした。

1年生の皆さんの今後のますますの活躍を楽しみにしております。

無視できない、虫

2019.07.24

こんにちは、山吹です。

前期の期末試験があるのだから、この時期は
テストに役立つような有意義な情報を提供できればよいのですが
わたしの情報力だとせいぜい
「単位パン」が何時時点で何個残ってるか、
購買でどのアイスが安くなっているか、ぐらいしかお出しできず…

そんなわけで、通常運転でまいります、今日の話題。

(虫が苦手な方は、画像をクリック(拡大)せずにお読みください)

(もっと苦手な方は…サムネイルを見ないようにするのは難しいので
今日はここでそっとブラウザを閉じていただいたほうが
無難かもしれません)

先日、滝沢農場にて、実習のためにやってくる2年生の皆さんを待っていると

ファイル 3030-1.jpg

思いがけない来訪者が。

ルリボシカミキリさんです。

ファイル 3030-2.jpg

とてもキレイな青色に、黒い斑点模様がなんとも鮮やかです。
一緒に見つけた農場の職員の方も
「図鑑でしか見たことがなかった」とのことで、
しばし見とれてしまったひとときでした。

このルリボシカミキリさん、朽ちた木などを好むようですので、
もしかしたら農場でなく演習林なら、
もっと当たり前のように身近にいたりするんでしょうか。

また、このキレイな青色は死んでしまうと消えてしまうそうで、
標本にできないのだとか。

どういう仕組みなんでしょう…?

ファイル 3030-3.jpg

一方、こちらは1年生の皆さんが上田キャンパスの西側の圃場で育てている
ジャガイモの葉っぱ。

もはや「葉っぱ」と呼んで良いのかすらわからない、
そんな状況です…。

オオニジュウヤホシテントウの食害を受けてしまった、
ジャガイモたち…。

もはや茎と葉脈しかなく、
骨だけになってしまった傘みたいです。

このテントウムシの食害については、
多かれ少なかれ毎年実習の期間中必ず起きるのですが、
今年は例年より数が多いし増え方も激しいような気がします。

とはいえ、このジャガイモはもう収穫間近。
地下では既にちゃんとイモができているのでご安心くださいね。

ファイル 3030-4.jpg

ちょっとフライングして、試し掘りをしてみたところ、
立派なイモがちゃんと埋まってました。

さて、この(オオ)ニジュウヤホシテントウ。
ナス科の植物の葉をものすごい勢いで食べる、草食の昆虫です。

草食だけど、その食への貪欲さはまるで「肉食系」。

もはや草食系か肉食系かよくわからなくなってきました…。

ファイル 3030-5.jpg

こちらはちょうどジャガイモの葉でお食事中のようす。

ナミテントウやナナホシテントウのように
「THE てんとうむし」って感じのイメージだったり
「かわいい」「メルヘン」なモチーフによく登場するテントウムシは
アブラムシなど小さい虫を食べる、肉食の昆虫です。

(ちなみに植物でも虫でもなく
「菌」を食べるタイプのテントウムシもいます)

どちらもテントウムシなのですが、
人間にとって都合が良いか悪いかで
「害虫」「益虫」と分けられて呼ばれたり扱われたりします。

"農作物の葉を食べてだめにしてしまうから「害虫」"

"「害虫」であるアブラムシを食べてくれるから「益虫」"

というのがわりとよく耳にする一般的な認識ですが…

「害虫」のテントウムシだって悪気があるわけではなく、
わたしたちが毎日水を飲んでごはんを食べ、
また、生活していくために仕事をしたり住まいを決めたりしてるのと
さほど変わらないくらい当たり前に生きているんですよね。

…なんてふと思う事もあります。

ただし、増えすぎたオオニジュウヤホシのおぞましさを目の当たりにすると
一気に彼らに同情できる余地はなくなるのですが…。

(その増えすぎた写真ですが、ここに掲載するには
あまりに過激すぎるので、公開しないことにします…。)


さて、7月も下旬となり、前期がそろそろ終わるということは
実習もいよいよ大詰め。

近日、この1年生の総合フィールド科学実習の最後の大仕事、
ジャガイモと枝豆の収穫の様子をお届けしますので、
どうぞお楽しみに。

ページ移動