記事一覧

昼休みの購買、デパートの初売り、森の駅市場

2017.12.01

12月、師走、2017年最後の1か月の始まり。
今年もいよいよあと1か月かぁ…

……

…などと!
感傷に浸っている場合ではなく!!

ファイル 2627-1.jpg

今日は、森の駅市場でした!!!

なぜそんなに声が大きいのかって…
わたしもこの日を待ちわびていたのです…!

ファイル 2627-2.jpg

それにしても相変わらず、すごい列です…。
まだ開店30分前なのに…寒いよぅ…

毎年のことなのでご存知の方も多数と思われますが、
この「森の駅市場」、農学部の学生さんの実習の一環なのです。

自分たちで栽培・管理・収穫等に携わった農産物たちを
これまた自分たちの手で、買う人とじかに顔を合わせてお届けする、
貴重な体験の場でもあります。

ファイル 2627-3.jpg

今回、冬の部ならではの品目といえば
お米(しかも冬には嬉しい無洗米!)と
りんご(あの岩大発の高級リンゴ「はるか」もあります)と
シクラメン(食べ物だけじゃないんです)もあります。

そんなわけで、開店と同時に戦場と化すポランハウス。

ファイル 2627-4.jpg

ファイル 2627-5.jpg

外ではりんご、ハウス内では野菜・花・加工品類・お米が売られています。

どうしてこんなに戦場なのかって、
市販の同じものよりもお財布にやさしい価格設定かつ
学生さんが実習で作ったものなので数にも限りがあるんですね。

こんなに寒いのに30分前から外に列ができるのも納得です。

今日のタイトル、
「山吹Bloggerが勝手に選ぶ"三大お買い物戦場"」
に名を連ねるだけの迫力とお買い得感でした。

買う側も売る側も寒い中戦場のようで大忙し!な森の駅市場ですが、
おかげさまで今年も(夏の部を含めて)大盛況だったようですね。

(売る側は忙しいのは大変だけど、嬉しい悲鳴でもありますよね)
(がんばった分、晩ごはんがおいしく感じられるはず)

わたしも里芋を一袋買わせていただいたので、
今夜は芋の子汁にしようかしら、なんて今からワクワクしてます。
あ、芋煮(山形風?)もいいなぁ。

皆様も、風邪に気をつけて、良い週末をお過ごしください。

別名「水稲の収穫」

2017.10.03

あれから4か月半が過ぎまして、9月最後の金曜日。

ファイル 2583-1.jpg

「女心と秋の空」とはよく言ったもので
(そういえば先日は二重の虹が出てましたね
お昼前~実習直前まで激しく降っていた雨がタイミングよく止んで
雲がスッと切れて晴れ間が見えた午後。

雨天決行の実習なので
「あーこれは覚悟を決めるしかないか…」
と諦めかけた矢先の青空でした。

そのタイミングの良さ、
まるで誰かが意図的に天気を操作しているかのようです。

そのようなわけで、後期最初の金曜日は、稲刈り実習でした。

ファイル 2583-2.jpg

ファイル 2583-3.jpg

農業機械も広く普及・進歩している現代、
手刈りでの稲刈りが体験できるというのは
比較的貴重な体験なんじゃないかなぁと思ったりします。

ファイル 2583-4.jpg

ファイル 2583-5.jpg
刈り取った稲を扱いやすい量ずつギュッと束ねる作業。
この束ね方がちょっぴり普通と違ってコツがいるんですよね。
これから稲木にかけて干すので、しっかりきつく締めるのが重要です。

続きます

別名「水稲の収穫」2

2017.10.03

ファイル 2584-1.jpg

ファイル 2584-2.jpg

去年の稲刈り記事で「茨城では『おだがけ』と呼びます」とコメントで教えていただいた「はさがけ(はせがけ)」。

呼び方も地方でさまざまですが、
干し方やその形もこれまた地方でさまざま。

同じ岩手県内でも、宮城県に近い県南方面では
「縦に干す」というフォームをよく見かけます。
遠目に見ると「みの」のような見た目ですかね。

ファイル 2584-3.jpg

そして、雨上がり&寒い中お疲れ様!な「こびる」タイム。

こびるといえば昨年、

「福島南部の矢祭町では『こじはん』というそうです。」
「雁月と同じような黒砂糖味の蒸しパンなども食べるそうです。」

というコメントをお寄せいただきました。
「こじはん」の「はん」はやはり「飯」と書くのでしょうか…。

言葉が少しずつ違っても、
たくさん作業したらお腹が空くのはみんな一緒なんだなぁ。
…と思うとなんだかクスッとしちゃいます。

ちなみにこの日参加した学生さん、約50人だそうで、

ファイル 2584-4.jpg

この日炊いたご飯の量は約4升=40合。

満員御礼で宿舎の食堂だけでは人が入りきらず、
何名かは急遽別室で食べてもらうことになったそう。

この日は本当に本当に寒くて、夕方のニュースで
「10月下旬並みの気温」と言われていたほどだったのですが
こんなにたくさんの学生さんが参加してくれたのは嬉しい限りです。

後期の最初の実習がいきなり大きなイベントでしたが、
これから秋が深まり冬が近づくにつれて、
大掛かりな作業が減っていく反面、寒さも厳しくなっていきます。

実習がある方もない方も、どうぞ風邪などにお気をつけて、
年度後半戦、がんばっていきましょう!

みんな大好き○○

2017.09.21

さて、秋の農場特別実習編は前回に引き続き
先生からのお呼ばれの行き先は…

ファイル 2575-1.jpg

ん?

宿舎の食堂…?

そして出てきたものは

ファイル 2575-2.jpg

なんと小皿に盛られたカレー!
「この世の誰もがみんな大好き」とまではいかずとも、
嫌いな人はそうめったにいないであろう、カレーです。
しかも米なし!
カレーのみ!

よく見ると何やら、謎の番号が書かれた紙が貼られてる…?

ファイル 2575-3.jpg

そして渡される紙と取り皿。

どうやら、
3種類の「これがカレーである」ということ以外は
一切何もわからないカレーを食べ比べして、
味など感じたままに評価するのがここでのミッションのようです。

ファイル 2575-4.jpg

聞くにこの調査は4年生の学生さんの卒論の一環なのだそう。

ちなみに食べてひととおり回答欄を埋めてから聞かせてもらった
この謎のカレー3兄弟の正体は、

・市販のカレールーそのまま
・わたしたちが通常「トマト」としてごく普通に食べる生食用トマト入り
・クッキングトマト(岩手で開発・普及推進中の加熱調理用トマト)入り

とのこと。

「クッキングトマト」は栽培の手軽さももちろん、
特に熱を加えることでよりおいしく食べられるトマトだそうで、
ミートソースのような定番メニューだけでなく
炒め物、みそ汁、煮物などなど、和食にも合うなかなか万能なトマトなのは、
すでにご存知の方もいらっしゃると思います。

そんなクッキングトマトが3つのうちどれか1つに入ってるということを知らずに…というかそもそも「カレーである」ことしかわからない状態で食べてどのように感じるか。

意外と評価は分かれたりもしたようです。

(わたしは「トマトが入っているか否か」までは判別できたものの…)
(トマトの種類が違うことは判別できず)
(頑張れわたしの味覚)

たねあかしが済んでから、言われてみれば「確かにしっかりした味だったなぁ」とか
「こっちのがマイルドたったなぁ」とか納得するんですよ。

それが、なんの情報もなくただ純粋に味だけで判断、となると
案外見分ける(味わい分ける?と言えばいいのか…?)のが難しいです。

たまにテレビなんかで見かける「利き○○」「格付け○○」なんかは
目隠しまでして視覚からの情報までシャットアウトしてますけれども
あれ、視聴者側から見て思っている以上に難しいんだろうなと…。

そんなことをぼんやり思う、
卒論のお手伝いを兼ねたひとくちカレータイムでした。

この嗜好検査で、この日の実習は終了。
あとは本番の夕食を待つばかりですね。

それにしてもクッキングトマトカレー、
味に芯があるというか、はっきりした濃い味でおいしかったのでわたしも今度作ってみようと思います。

花壇、お芋、ときたら…?

2017.09.14

秋の特別実習2日目午前に続きまして、
今日お届けするのは2日目の午後です。

午後の作業は上田キャンパスの正門前花壇の整備。

ファイル 2571-1.jpg

夏が終わっても案外草は生えるし伸びるんですよね。

ついでに枯れた花も取り除いてきれいにします。

ファイル 2571-2.jpg

この実習、宿舎に泊まり込みの実習ということで
緊急時や特別な事情以外は実質5日間農場から出ない生活なのですよね。

となると、通い慣れたキャンパスとはいえ農場の外に出るのは
案外貴重な時間だったりするんでしょうか。

ファイル 2571-3.jpg

さて、再び滝沢に戻り、
トラクター運転の練習中の班を横目に、

ファイル 2571-4.jpg

森の駅市場で売る用とみんなの食事用とにじゃがいもを掘っていると…

ファイル 2571-5.jpg

自転車で颯爽とみんなを呼びに来たのは、
昨年秋に新しく着任してきたばかりで、
もう少しで岩大農場の先生2年生になる、由比進先生。

クッキングトマトやいちご等、赤い果実に特にとっても詳しく
植物と星と学生さんが大好きな、ベテランの先生です。

さてどうやら先生、
何かみんなに手伝って欲しいことがあるようなのですが…?

果たしてみんなを待つものは…
次回、乞うご期待。

ページ移動