記事一覧

数日爪の中が悲しいことになる

2018.05.23

先週は毎年恒例、滝沢農場の田植え実習。

タイトルはもう説明するまでもないかも知れませんが…。
田植え後の爪の間は真っ黒。
細かい溝なんかにも入り込むので、
一生懸命手洗いをしても、たわしでゴシゴシしても
キレイに落ちちてくれないんです。

使い捨て手袋、軍手など対策はありますが、
なんだかんだでいろいろわずらわしくなって結局素手が一番楽!
…となってしまうことがほとんどのようです。

さて気を取り直しまして。

恒例のこの実習、
2日間予定されていたうち、2日目は天気が大きく崩れたため
残念ながら中止。
過去にも小雨決行なんて時もあったりで
事前に中止が決まるってそうめったになかったのですが
翌日、案の定、盛岡市でも一部地域で河川氾濫の危険があり
避難準備情報も流れたりしました。

こういう「大丈夫な雨」と「大丈夫じゃない雨」とを見分けるのも
また農の世界に携わる諸先輩方の大切なスキルだよなぁと
納得するのでした。

幸い良いお天気に恵まれて、無事完遂の一日目グループですが

ファイル 2743-1.jpg

暑くも寒くもなく、陽射しも風も強すぎず弱すぎず。
ちょうど何かお外でお仕事するのにもってこいなお日柄。

…にしても、確かに岩手山の上半分が完全に覆い隠されてますね…。

ファイル 2743-2.jpg

ひざ下まで飲み込まれてしまいます。

これ、踏み入れるのは問題ないんですが
脱出するのが非常に大変なんです。慣れるまでは。

後ろの足が抜けないとき、
前方に踏み出したもう片方の足を支えにして踏ん張ろうにも、
支えるほうの足も柔らかい泥の中。
踏ん張ろうにも踏ん張れず。

「泥沼にはまる」と慣用句がありますが
あぁ、まさにこういう感じか、と思ったものです…。

(沼ではないのですが)

ファイル 2743-3.jpg

皆さんの勇姿を一生懸命記録する先生。

普段の実習なら、皆さん自撮りやお互いを撮ってあげたりして
自分で気軽に記録に残せるんですが
この実習は手が泥だらけな上に水道が近くにないので
スマホやデジカメはとても取り出す余裕がないんですよね。

(防水・防塵・耐衝撃なんて機種もありましたが)

ファイル 2743-4.jpg

苗は紙製の小さなポットで区切っているので、
田植えが初めての人も誰でも一回分の(1株分の)苗が
簡単に一発で取り分けられるようになってます。

品種は「ひとめぼれ」。

農場や上田キャンパス裏の下台圃場全体としては
いろいろな研究室の「実験」などで、
たくさんの品種がさまざまな栽培方法で植えられていて
なかなか見ごたえがあるのですが、
食べられるためのものとして大きい単位で「生産」されている品種は
この「ひとめぼれ」と「あきたこまち」が主です。

ファイル 2743-5.jpg

まっすぐ植えやすいように引かれたガイド線も、
お天気が良いのでよく見えます。

このガイド線、空が暗めだと見えづらいし、
降雨直後だと水が濁るのでこれまた見えづらい(というか見えない)。

気持ちよさや中止か決行かだけじゃない、お天気問題。
ともかく、晴れてよかったことに変わりはありません。

40代半ばを過ぎたあたりの世代の農学部卒業生の方と
先日お話する機会があったのですが、
この田植え実習のことははっきり覚えていたそうです。

それくらい大学生活の中では印象に残る実習なのかもしれませんね。

イマドキ世代の皆さんもそうだといいなと思いつつ、
他の学部学科でも何かしら
「インパクト強い名物実験実習」的なものがあるのかなと
気になったりもする今日この頃です。

写真の枚数的に、今日はここまで。
次回もう何枚か写真をお見せできればと思います。

毎日見るって案外大変なんです

2018.05.11

先日、お昼に学内の某所で聞こえてきていたさんさ太鼓の音。

「はて…いったいどこから…?練習にはまだ少し早いし…」
なんて思っていたのですが、
こういうことだったんですね。

いよいよ練習開始も近づいてきてますね。
さんさは夕方~夜にかけての練習がほとんどになるので、
気温の暖かい日々が早く戻ってきてくれることを願います。

(あと個人的に早く暖房器具と厚手の寝具をしまいたいんです)


さて、先週種まきした一年生の実習圃場は

ファイル 2735-1.jpg

早くも発芽。

ファイル 2735-2.jpg

ほっとするもつかの間、
この日はほうれんそう、スイスチャードの種をまきます。

土がごろごろしてなかなか扱いづらいので、
小さな種はバーミキュライトで覆ってもらうことになりました。

所詮は土、とはわかってはいるんですけれども、
金色にキラキラしてて心惹かれますよね。バーミキュライト。

ファイル 2735-3.jpg

ファイル 2735-4.jpg

ジャガイモと枝豆はそんなに肩肘張って潅水しなくとも
それなりに育ってくれるのですが
ダイコンやホウレンソウ・スイスチャードは
ちょっぴり気合を入れての水やりが必要とのことなので
まだしばらくは毎日交代で観察しに来る日々が続きそうです。



さて、例のごとくもう1枚写真が上げられそうなので…

ファイル 2735-5.jpg

先日レストランKenjiの
「グスコーブドリ和風パスタ」をいただきまして。

ここ、日替わりランチやお弁当、どれもボリューム満点で
午後からちょっと眠くなりそうなわたしは
「どれなら腹八分目で食べられるかな…」と考えた末

「パスタ」

「きのこ」

「山菜」

この3つのワードから
「これが一番少なくてあっさりしてるはず!」と踏んだのですが
これが見事に(良い意味で)裏切られまして…

しかもおいしいから山盛りとは思えないくらいあっという間になくなり。
(決して小食ぶってるわけではないのです)
(午後ウトウトしたらどうしようと心配なだけです)

さてここKenji。

ボリュームはさることながら、
県産の食材をふんだんに使ったおいしい料理が
どれも600円台で食べられて
ランチメニュー+100円でコーヒーもついてきます。

1階の学食と違って、
お上品でお値段高くて量少なめ…なイメージをもたれがちですが
ちょっとおしゃれだけどリーズナブルでお腹も満足。

平日昼間だけの営業ではありますが機会があれば皆様も是非、
中央食堂2階のレストランKenjiへ足をお運びください…!

真・デビュー戦

2018.05.07

立て続けにやってきた2つの連休も風のように過ぎ去り、
気が付けば5月。

大型連休が明けた月曜日。
ちょっと朝の足取りが重かった方もいらっしゃるかと存じますが
皆様いかがお過ごしでしょうか。

おかげさまでエキスも今日から通常運行に戻ります。
今日はちょうど4月末の連休と5月頭の連休のすき間の平日の様子を。

先日、実習プレデビューを果たした一年生の皆さん。

当初の本戦デビューの予定日に天気が崩れてしまったので、
気を取り直してGWのど真ん中の平日、決行しました。

ファイル 2731-1.jpg

本来は一年生を半数ずつに分けて交互に、という実習なのですが
時間割の都合上、今回も前回と同じく一気に全員で取り掛かります。

もうこうなると

ファイル 2731-2.jpg

先生は拡声器を常に装備。

250名近くを屋外に集めて、全員に声を届けるのはかなり大変。

ちなみにスタッフももちろんこの日は総出です。
教員2名をはじめ、滝沢農場や学内の技術系職員、
TA(=ティーチング・アシスタント、先輩の学生さんが務めます)、

これだけいろいろな身分の人が集まると、もはや実習であることすら忘れそう。

ファイル 2731-3.jpg

この日やるべきことは、
ジャガイモの植えつけ、
ダイズ(枝豆)の播種と防鳥網の設置、
ホウレンソウとスイスチャード区画の土作り(苦土石灰の施用)、
ダイコンの畝立てと播種

と初回からかなりのボリューム。

鍬をはじめ農具の扱いに慣れていなくとも、
いろいろな作業が人数の多さでカバーできるのも
この実習の特徴のひとつ。

長さを測るのに自分の手の長さや靴の大きさを目安にしたり、
「LINEグループ」を作って水やりの当番や提出レポートの相談に使ったり、
生活に役立つちょっとした知恵や便利な道具も
皆さん適度にうまく活用してるみたいですよ。

ファイル 2731-4.jpg

そんなこんなで、
これだけの人数が入り混じっても、混沌とせずに
(さすがにこれだけ集まればわいわいと賑やかにはなりますが、
コミュニケーションも大事な要素…ですよね?)
全班が実習時間内に規定の作業を終えられる、というのは
やっぱり皆さん一人一人が協調性を持って取り組んでいるからこそ。

入学してまだ日が浅く、あまり話したことのない皆さんが
こういう実習を通して仲良くなっていく様子が
今年も毎週少しずつ見えてくるのかな、と
毎年この日を迎えるたびにワクワクするわたしなのでした。

ファイル 2731-5.jpg

で、日没前にはちゃんと終われましたよ。

いきなりかなり盛りだくさんだったので、
きっと皆さんお疲れだったはず。

この後、連休後半戦に突入でしたが
そこでうまくリフレッシュできたでしょうか…?
今週から、実習もまた少しずつ進めていきますよ。

学生さんだけでなく、教職員の皆さん、読者の皆さん、
「5月病」なんて言葉がありますので
連休明けだからといってあまり無理して張り切りすぎず、
まずは目の前のことからひとつずつ取り組んでいきましょう。

花の命は短くて

2018.04.24

でも植物そのものの命がなくなるわけじゃなし、
むしろその先のステップに進むわけだから
花が散ることは悪いことではないのだ、

…なんて言い聞かせながら今日の記事を書いております。

わたしも1回くらいは満開の桜をお伝えできるかなと思いきや、
駆け抜けるような速さで散り始め葉っぱも見え始めて
なおかつ今日はあいにくの雨…。

ちょっとしょんぼりしております…。

なので思い切って今日はちょっと桜から離れてみます。
桜以外にも春らしい学内の景色、あるはず!

春といえば。

ファイル 2727-1.jpg

ファイル 2727-2.jpg
こんな景色を見ながら実習ができるのは岩手大学(滝沢)だけ!!

そう。春といえば耕起。
圃場に種や苗を植える準備真っ只中です。

ファイル 2727-3.jpg

そして、春といえば。

耕起したのなら、
やっぱり何植えるか考えますよね?

今年も始まるプロジェクト実習。
農学部の2年次の農場実習Iの一環で行われます。

自分で育てる品目や品種、圃場のレイアウトを決めて、
育て方や肥料の量なども全部自分たちで調べて実践する実習です。

教職員も、わからなくて困ってるのを見るとついつい
教えてあげたくなっちゃうところ、ぐっと我慢してます。

品目の組み合わせ、品種の選び方、
自由研究の内容、課題品目の選定
夏休み期間中も管理や収穫は定期的に必要なので
手間のかかる時期と帰省などがかち合わないように、etc...

一から全部自分たちで、となると本当に手探り状態。
それでももう2年生ともなれば、
そういうことを皆で話し合って決めるのもまた慣れたものです。

今年はどんな畑ができあがるんでしょう。


先にお話ししたように、
桜前線があまりにダッシュで過ぎ去っていくもので
わたしのお花見記事の出番がもうなくなるのでは…ということで

ここからは滝沢農場にある花たちの
開花予告編とさせていただくことにします。

ファイル 2727-4.jpg

こちら、桜が散って連休も明けた、気持ちが滅入りがちな時期に
ちょうどよく目を楽しませてくれる、リンゴの木。
桜よりも大ぶりな白い花が咲きます。

ファイル 2727-5.jpg

こちらは「ツツジ科」のとある果物の木。
品種名「ブルーレイ」と書かれていました。

ツツジ科の「ブルー」がキーワードの果物といえば…

そう、ブルーベリー。
こちらはドウダンツツジのような鐘のようなかわいい花が咲きます。
そしてさらにもう少し先(でもリンゴよりは先)、
日差しが暑くなった頃に果実を楽しめます。
毎日お勉強やお仕事で疲れた目もこれで癒えるかも?

というわけで、今日は桜以外の学内の春の話題をお送りしました。
わたしもお花見したい!!
全部散ってしまう前に晴れますように!!

4月といえばデビュー戦

2018.04.18

昨日の開花宣言を受けまして。

ファイル 2722-1.jpg

中央食堂前もなんとなく桃色がかってきてます。きてますよ…!
もうちょい!

さて、授業が始まって1週間。
そろそろガイダンスの時期も終盤戦で
講義や実習もいよいよ本編に突入する頃。

キャンパスの西側、下台圃場では

ファイル 2722-2.jpg

デビューするのは大谷選手だけじゃない、
いよいよ新1年生の実習デビュー戦、
総合フィールド科学実習が今年も始まります。

ファイル 2722-3.jpg

来週が種まきと定植の予定です。

今週はその圃場を実際に間近で確認しつつ、
耕起したときに出てきた邪魔な石を拾い集めて
来週からの実習に備える、という
デビュー戦ならぬプレデビュー戦です。

けっこう広いなぁと思っていたのですが
いざ1年生が全員一気に入ると狭く感じます。

えっと、農学部の1年生全員の必修科目だから…

約240名!

この人数全員で同時に圃場に入るのはこの日だけ。
来週からは1コマまたは1週間ごとに半数、
つまり約100~120名ずつで交互に実習となります。

ファイル 2722-4.jpg

解散した後帰っていく様子もまた壮観。

来週はいよいよ本当のデビュー戦、
最初の畑づくりと種まき・定植です。

毎年「いかにも農学部って感じがする!」という
率直で微笑ましい感想が漏れ聞こえてくるこの実習。

確かに、1年生のうちは全学共通の一般教養や
基礎科目(物理科学生物や英語・数学・情報など)が多く、
確かに「いかにも農学部」という時間が全体的に少なめです。

(一年次はどの学部でも似たような感じになると思いますが)

まして、農学部の中でも水産コースや獣医学科の方にとっては
学年が進んで専門性が高まるにつれて
畑で植物を育てる機会はむしろなくなっていきます。

そんな様々な条件の中のちょっと貴重かもしれないこの時間。

今年も来週から取り上げていきたいと思います。

ファイル 2722-5.jpg

そして、受講生の皆さんが帰った後、
今年度初めて実習を担当するスタッフも
来週のデビューに備えて特訓してました。

新入生、新任、新しく何かを始めた方、etc...
しばらく慣れないこと初めてのことの多い日々が続きますが、
焦らずにひとつずつ「やったことのあるもの」「知ってるもの」を
増やしていきたいですね。

(案外、そうしているうちに気がついたら4年くらい過ぎてたりします)

(わたしも今年こそ…と思いつつやりそびれてること、チャレンジしようかなぁ)

ページ移動