記事一覧

スーツ着用の授業、作業着着用の授業

2018.07.06

先日、学内の各所で行われた
環境マネジメントシステム監査。

本学では、環境保全、省エネ、など、
全学の構成員がそれぞれの立場から積極的に取り組んで、
環境にやさしい「エコ大学」を目指しています。

その「意識して取り組むための道しるべ」のひとつとして、
「環境マネジメントマニュアル」が作られていたり
それに沿った取り組みができるよう
年に一度のこの監査が全学をあげて行われていたりします。

この土台たちがあるからこそ、教職員、学生さん、すべての構成員が
ごみや実験廃棄物の分別、再利用できる資源の回収や省エネなど
それぞれにできることを具体的に取り組みやすくなっています。

そのシステムが適切に運用されているか、
本学の全構成員が環境のためにやるべきことを把握できているか。

それを学内の監査員と学生さんとで見極めるべく
各部局や学部をチェックする、年に一度の監査の日。
(学生さんは「環境マネジメント実践学」の授業の一環として参加します)

ファイル 2775-1.jpg

この日は「正式な場なのでそれなりの身なりを」とのことで
学生さんもスーツ着用(クールビズ)です。

就活やインターンシップ以外でスーツを着る機会、
こんなところにあるんですね。

その服装もあいまって、まだ開始前なのにこの厳かな雰囲気、
ちょっと萎縮しちゃいそうです。

でも、違う見方をすれば、
監査する側もされる側もそれくらい真剣に取り組んでいるということ。

また、
省エネ=徹底的に削減

というだけの考えになってしまうと
場合によっては熱中症や脱水など健康を損ねる事もあるし、

大事な研究や実験で使う試料や試薬などのためには
必要な機器や装置はある程度の資源を使っても
しっかり稼動させなければならず。

ひとことで「エコ」「環境に配慮」といっても
さまざまな面から考えていかなければなりません。

だからこそ、こうやってヒアリングや現場確認をおこなって
その時その状況に最適化されているかを
定期的にお互いに確認しながら取り組んでいくのが
大切なのかもしれませんね。

ファイル 2775-2.jpg

場所は変わり、
農学部一年生の実習は、そろそろ収穫モードに移りつつあります。

ファイル 2775-3.jpg

ここまで大きくなると、さすがにかぶりつく猛者はいないんですね…。

ファイル 2775-5.jpg

持ち帰りをどうするのか、協議が長引いている模様。
大きさが大きさですし、数も数ですしね…。

ファイル 2775-4.jpg

ここだけでなく、
あちこちでダイコンの山を囲んでミーティングが開催されています。

「おろし金って100均に売ってるっけ?」

なんて会話が聞こえてきたり。

おろしで肉や魚をさっぱりいただくのが
量的にもこなせるし季節柄的にもおいしくいただけそう。

電車やバスで通学する学生さんはちょっと帰り道が大変そうです。

ただ、これはまだ序の口。
実習最終回にはじゃがいもが控えていますので…。

「収穫物持ち返り用のビニール袋を持参するように」と言われて、
厚くて大きい丈夫なスーパーの袋ではなく
コンビニでジュースとガムを買った時ぐらいの
薄くて小さな袋を持ってくる学生さんが後を絶たないので、

「このダイコンで、野菜の収穫量の目安を理解してくれてたら良いな…」

なんてひっそりと願うわたしです。

「エコ」「環境」のお話と通ずるのですが…

最近のスーパーのレジ袋は省資源のために薄手のものが多くて
大型の野菜を入れたら重みで破けることもあるので、
こういう実習の持ち帰り袋もエコバッグのように丈夫で再利用できるものが
そのうち推奨されるようになってくるのかなぁ、

…なんて今日のふたつの話題を通してふと思う週末です。

将来先生になるために

2018.06.29

ここは教育学部。

みなさんが受講しているのは、小学校の教員を目指す学生さんたちの必修科目「小学校理科A」です。

ファイル 2770-1.jpg

教員を目指す学生さんたちの多くは高校で文系に属しており、実験を経験することがあまりありません。なので、こういった授業を通じガスバーナーやガラス器具といった基本的な実験用具の扱いについて広く知ることが大切になるのです。

ファイル 2770-2.jpg

黒板の前に立つのは、教育学部教授の菊地先生。
今日は、教材開発要素も取り入れた授業を分かりやすく行っておられました。

ファイル 2770-3.jpg

学生さんの視線は、テキストと黒板を行ったり来たり。
教材開発という観点も含まれるため、学生さんのスタンスは教員と児童とを行ったり来たり。

でも、楽しそうに90分を過ごしていました。

ファイル 2770-4.jpg

「メニスカスってどこ?」
「ここじゃない?」
「え?、ここって言われても分かんないよ、どれ?」
「だから、これだって!」
「ちょ、全然伝わらないんだけど~!」

あちこちから同様に聞こえる学生さんの会話が個人的にはツボでした。

と、そんなことを思いながら授業を撮影させていただいた矢先、今日はこの方も登場。

ファイル 2770-5.jpg

後姿でもわかる、長年岩大を記録し続けているこのお方(^^)。

今日の様子、今年度の卒業アルバムに載るんでしょうね、きっと。

大学の授業を見てみませんか?ってお誘い

2018.05.16

新学期がスタートして約1か月が経ちますね。
大学の中も新入生を迎えた賑わいが少し落ち着き、勉学の環境が充実し始めているように思います。

そんなこの時期。
大学のWebサイトではこんな誘い文句と共にイベントの周知がされていました。

「大学の授業を見てみませんか?」

ファイル 2738-1.jpg

そうなんです。
岩手大学では、一般の方を対象に一定期間授業を公開しているのです。

大学の授業はどんな感じなんだろ?

ドラマなどを通じて風景等のイメージは浮かぶと思いますが、実際どんな内容の講義が展開されているのか、受けてみないと分からないことも多いのではないでしょうか?。

と言うわけで、ご興味がおありの方はぜひ↓下記のURLから情報を得てくださいませ。

■「大学の授業を見てみませんか?」~授業公開のお知らせ~
  https://www.iwate-u.ac.jp/info/event/2018/05/000763.html

寒さだけはリアルタイムで届けられない

2017.12.13

いやー、昨日に引き続き、

ファイル 2637-1.jpg

真っ白です。

そして晴天。

ファイル 2637-2.jpg

日光が真っ白い雪に反射して、通常の晴天の3割増しくらいに眩しいのも
冬ならではですね。

そんな雪の日の朝一番から、講義が入ってる学生さんも多数です。
この寒い中早起きするだけでも一苦労のところ、
支度をして家を出て、積雪や凍結で足元が悪い中大学まで移動すること、
思っている以上に大変です。

当たり前のことではあるといえども、
こうして朝きちんと皆さんが教室に集まってくれること、
本当に頭の下がるような思いです。

ファイル 2637-3.jpg

…はて、講義中のはずなのですが、教壇には誰もいません。

どういうこと?

よくよく見ると、

ファイル 2637-4.jpg

先生は画面の中に。

実はこれ、東京農工大学の講義なのです。
それをカメラやマイクを通して岩手大学にも同時進行で届けてくれる、
「遠隔講義」というシステムを使った授業の真っ最中。

とても簡単に言うと「ビデオ通話」を大規模にしたような仕組みです。

ファイル 2637-5.jpg

講義のパワーポイントや映像は別の大きなスクリーンや画面に表示され、
カメラの向こう側の先生が切り替えるタイミングとまったく同じように
すべてのことがカメラの向こう側とこちら側とで同時に進んでいきます。

今回は岩手大学が「受信側」なので
「東京農工大学の授業を岩手大学でカメラ越しに受ける」形ですし
反対に岩手大学が「送信側」になると
「岩手大学の授業を東京農工大学にカメラ越しに届ける」形になります。

音声のやり取りは講義時間中ならいつでも可能なので、
質問があれば遠く離れた先生にその場で質問する事もできます。

そうそう、講義を発信する側だけでなく受ける側の学生さんの映像も
カメラの向こうの先生からはいつでも見えるようになっているので、
手を挙げて発言、なんてことも場合によっては可能です。

「生身の先生が目の前にいないこと」以外はすべて、
普段の通常の授業とまったく同じように受けられるのがこの遠隔講義。

農学部の共同獣医学科と東京農工大学で行われています。

プロジェクションマッピングなんかで
先生の姿がもっと立体的に映し出される時代もいつか来るのかなぁ、
なんてちょっと妄想を膨らませたりしながら、
今日はこの辺で。

早起きして雪かきや雪下ろしをした方、
通勤通学のために普段より早起きして出かけた方、
そんな早起きさんたちのためにもっと早起きして食事等の支度をした方、
みなさま、本当におつかれさまです。

やっと週の真ん中、残り後半も無理しない怪我しない程度に
張り切っていきましょう。

岩手大学未来セミナーに、参加してきました

2017.07.20

岩手大学では今年度から、事務系の【中堅に突入する年齢の職員】を対象に「岩手大学未来セミナー」が実施されています。

これは「教育研究機関の支援職員としてだけでなく、大学の理念を理解・共有し、教員と共に大学のミッションを達成していく存在となるために広い視野と主体的な自己研鑚の姿勢を養う事」を目的としたもので、講師は学長や理事・副学長・事務長・部長といった方々が務められるため、岩手大学の現在の課題・これからの方向性などをダイレクトに得ることができる、とても意義のあるセミナーとなってます。

いつもは月曜の午前中にスケジューリングされているため都合がつかなかったのですが、三連休の関係から参加可能となった18日(火)、部分的に受講させていただきました。

この日の講義は2つ。
国際連携・広報担当副学長の上村先生から「岩手大学の国際化」についてと、研究担当副学長の吉川先生から「岩手大学の研究支援と大学ランキング」について、お話がありました。

ファイル 2534-1.jpg

参加職員は、15名+希望者数名。
事務局棟の会議室が会場です。

ファイル 2534-2.jpg

国際連携・広報担当副学長の上村先生のご講義では、大学が目指すべき国際化について、

ファイル 2534-3.jpg

言葉の印象…要は「広域的な意味」を受講者間で共有し、その後、本学の実情や目標を提示した上で「職員としての各個人」に落とし込む形で、今後どう貢献できるかを考えるような、そんな90分間でした。

ファイル 2534-4.jpg

研究担当副学長の吉川先生のご講義では、この10年間、本学が生み出してきた研究成果について、膨大なデータの解析を基にこれまでの傾向・今後の推移などをお示し頂いた上で、各受講者の立場から
研究環境向上の体制を如何に整えるかを考える90分間でした。

ファイル 2534-5.jpg

どちらのご講義でも、最後にはディスカッションの時間が設けられていて、かなり鋭い視点を得た職員さんもおられました。

この未来セミナー。
最後には「あなたが学長なら」というプレゼンスタイルが課せられています。
さてさて、どんな学長ぶりが発揮されるのでしょうか?(^^)。

ページ移動