記事一覧

収穫の…

2018.11.13

こんにちは。

まだ4時を過ぎたばかりなのに、もうこんな暗さです。
確実に日が短くなってる…。
暗くなるのが早いと、気持ちもちょっとおセンチになるような。

ファイル 2862-1.jpg

とはいいつつも、学内(屋内)ではついに暖房が入りまして、
わたしも元気を取り戻しつつある今日この頃です。

そうそう、
上田キャンパス内の圃場にはリンゴが実ってました。

ファイル 2862-2.jpg

ファイル 2862-3.jpg

刈り取った稲も干されてたり。

ファイル 2862-4.jpg

…とここまで見ると「THE・収穫の秋」って感じで
「いいなぁ」「農学部って楽しそうだなぁ」なんて
よく言われたりしなくもないのですが

ファイル 2862-5.jpg

これも収穫の秋…なんですよ。

忘れちゃいけない研究、調査、実験etcのサンプルとしての作物も
こんな風にきっちり収穫しなければならなかったりもします。

収穫して品種やいろいろな条件にそって分けて袋詰めして、
中身も全部メモして並べて保管して、
それだけでも気の遠くなりそうな作業ですが、
ここからさらにいろいろな実験や測定に供したりもするので
おそらくこの段階はほんの入り口に過ぎないと思われます。

収穫の秋、おいしい楽しいだけじゃないけれど
皆さん地道にコツコツがんばっています。


岩大のりんごシーズンのトリに控えているのは
あの黄色い甘~いりんご、はるか(冬恋)。
はるかが食べられる頃には、雪もちらつき始める頃。

それまでもう少しだけ、秋らしい景色と味覚を楽しむとしましょう…!

久々の登場

2018.10.31

  |ハーロ
  | ウィーン!!!
  └v────────
(ノ゚⊿゚)ノ

と叫んだものの、いまだにどう楽しむものなのかが分かりません。

廊下を歩く学生が
 「ハロウィンは今日だよっ、今日しかないんだよっ!」
と力説していましたが、その熱量の向かう先はどこなのでしょう?

さて。
明日から11月。
エキス10周年イベント的10月も今日までなので、10年前と同じ遊びをしてみました。

ワタシが見上げる樹。
割と大きな樹です。
夕暮れ時のシルエットがきれい~と思いつつ

ファイル 2853-1.jpg

むむっと思って落書きしてみたのが↓これ。

ファイル 2853-2.jpg

仲良さげに語らっている大学生同士のような「樹の精」が、
10年ぶりに再び光臨デス。
落書きの腕も上がったかな?(^^;)

今年もありがとう。

2018.09.18

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

記事でも触れた通り、
先週は健康診断でございました。

そして昨日までの3連休は、
健康診断が終わった直後の3連休でございまして。

僕はと言えば、健康診断の結果、
健康のためにはまずは減量が必須(僕の場合)、
ということが明らかになりましたので、
「ひと月あたり500グラムずつ減」を目指して、
2つの意味で動き始めた3連休でございました
(運動することを始めました、ということであります)。

モチベーションをいかに保つか、
年末年始の暴飲暴食をいかに避けるか、
来夏のビールの誘惑をいかにねじ伏せるか、
等々課題山積ですが、
まずはこの食欲の秋をいかに乗り越えるか、
そのあたりが成否を決めそうな気がします…。


さて、それはさておき。
9月も下旬に入りまして、
様々な場所に秋を感じるわけですが。
ファイル 2825-1.jpg
この猛暑の中、
僕らを守ってくれていたこの緑のカーテンにも
秋は着実に訪れているようで、
根本近くには枯れた葉が目立ち始めています。


窓から見える風景も
夏の盛りには緑の葉で一杯だったんですが、
緑のカーテンの向こう側の景色が良く見えるようになりました。
ファイル 2825-2.jpg


それでも差し込む日差しが苦痛でないあたりに
秋の気配を感じます。。


とはいえ、
まだまだ上の方では沢山の花が咲いており、
ファイル 2825-3.jpg
なんと数名(株?)の猛者たちに至っては
屋上まで辿り着いています。
ファイル 2825-4.jpg


緑のカーテンとしての今年の役目を果たしたアサガオが、
果たしてどこまで伸びるのか、観察し続けようと思います。
ファイル 2825-5.jpg
(↑風に吹かれて地面に落ちた花ですよ)

手作りの花壇

2018.07.05

理工学部内を歩いていたところ

ファイル 2774-1.jpg

ここってなんだったっけ?

前の姿を思い出すことはできませんが、どなたかが新しく花壇を作ろうとしていることだけは良く分かりました。
土が柔らかく、植物もぐんぐん育ちそうです。

ファイル 2774-2.jpg

植えられたばかりのマリーゴールドにとって、今日の雨は恵みになりますね。

ファイル 2774-3.jpg

ラベンダーは種から育てるのかな?
発芽までどれぐらいかしら?

ここが、どんな花壇に変わるのか、とても楽しみです。

だから、

ファイル 2774-4.jpg

君ら、いたずらしちゃ、ダメだよ(^^)。

そこにあるとは知らなかった

2018.06.08

屋上、空き地、
昨今、いろいろな場所でよく見かけるようになった

ファイル 2755-1.jpg

ソーラーパネル。

本学敷地内の建物いくつかの屋上にも設置されております。

ファイル 2755-2.jpg

それにしても、
こうして人が近くに来て立ってみるとかなり大きいです。

着々と増えつつあるこのソーラーパネル。
今日の写真は、学生センター棟の屋上にあるもの。

これだけ大きなパネルをどどーん!と設置しても、
この建物に供給する電気をすべてまかなうにはまったく及ばないそうで
(もちろん「足し」には確実になっていますが)
電気を創り出すということがどれほど大変かを思い知らされます。

ファイル 2755-3.jpg

そもそもどうしてこのパネルを見に行ったかって、
「環境マネジメント実践学」の授業の一環として
環境に配慮している学内の取り組みや設備の一部を実際に見てまわったからなのでした。

というわけで、こちらは大学生協中央食堂の排水設備。
「グリーストラップ」という
排水中の油脂分がまるまる外部に流れていかないようにするための設備です。

これもやはりこうして教えていただくまで知りませんでした。

ファイル 2755-4.jpg

ごみの分別は、学内各所で見かけるゴミ箱を見ているから
ある程度なじみがありますね。

ファイル 2755-5.jpg

しかーし!

皆さんが出したゴミたち(実験ゴミや産業廃棄物も)を
業者の方が回収してくれるまで一時保管するストッカー。

こちらも分別や管理がきちんとされていなければならないそうです。

環境に優しい、などなど文字や言葉では
もう見慣れ聞き慣れすぎて感覚が麻痺してしまった
「環境」
「環境への配慮」。

視覚的にわかりやすい取り組みはもちろん、

あまり外から見えない、知られていないところでも
いろいろな人の努力や工夫があって、
学内全体の環境への取り組みが成り立っているのですね。

こうして新たな発見をしながら、
常に身近なこととして考えていかなければならないな、と
あらためて身にしみたのでした。

ページ移動