記事一覧

全力で応援します!

2018.02.21

盛り上がってますねー!
何がって、オリンピックですよ!
(そだねー)

連日、日本選手団の活躍や、様々な記録などがメディアを賑わわせていて、大好きな競技だったり、逆に普段はなかなか目にすることのできない競技を観戦したりする日々が続いている方も多いのではないでしょうか?
(そだねー)

私もね、
男子ハーフパイプ、平野歩夢選手とショーン・ホワイト選手の熱戦 とか
岩手出身、小林潤志郎・陵侑の兄弟選手の様子 とか
オリンピックでしか見ないけど、見始めるとやめられないカーリング とか

まぁ色々気になる所はあったんですが、
そんな中、私が最も気になったオリンピック情報といえば、この2つ。

スキージャンプ、葛西紀明選手が8大会目の出場
フィギュアスケート、羽生結弦選手が日本初の冬季五輪個人種目連覇

いやー、すごい。
長年世界の第一線で戦い続けているからこその記録と、
世界一で居続ける難しさ・重圧をはねのけての記録。
どちらも素晴らしい記録だと思います。

ですがね。
これにも匹敵しうる記録を持つ方が、来月いよいよ平昌の地で戦いを始めます。

そう、
平昌冬季パラリンピック日本代表
狩野 亮 選手です!!
ファイル 2677-1.jpg

狩野選手は御存知の通り、当大学の卒業生。
以前出場したパラリンピックでメダルを獲得したときの様子バンクーバーソチ)とかは、エキスでご紹介させていただきましたし、また開学記念行事で特別講演をされたりと、卒業後も何かとご尽力いただいております。

そんな狩野選手。
パラリンピックの成績を見てみますと、
4大会連続出場
そして
スーパー大回転2連覇中
ファイル 2677-2.jpg
なんですよ!
また、滑降も連続メダル獲得中で、今大会では連覇がかかります。

いやー、改めて見てみますと、これまたとんでもない記録を持っています。
これだけ素晴らしい活躍を見せる卒業生がいらっしゃると思うと、私も岩大人として気を引き締めて日々を送らねば、、、
と、襟を正す気持ちであります。

来月9日から始まる平昌冬季パラリンピック。
狩野選手の活躍を期待しております!!

7年ぶり

2018.02.15

ほぼ私信で恐縮ですが。。
紺さん、昨日の帰り道、ウォーキングシューズで大丈夫でしたか?
おそらく家にたどり着いた時点での足元の様子は、惨憺たるものであっただろうと...

私も昨日は、職場用長靴(丈:約40cm ちょっとやそっとの雪なら無双して歩けるレベル)で帰宅しましたが、今日の積雪には太刀打ちできませんでした。
なにせ、積もり積もった場所だと、この長靴がスッポリ埋まるくらいの量ですもん。
ファイル 2673-1.jpg

そんな中、朝からフル稼働だった除雪車
ファイル 2673-2.jpg
のお陰で、夕方には幹線道路はほぼ支障なく通行できる状態になっていました。
除雪隊の皆様、お疲れ様です。

でもこうした機械の力を発揮できるのは、広い道だけ。
その他の小路だったり、段差のある玄関前、スロープなどなどは、どうしたって人力に頼らざるを得ません。
きっと建物に向かうこの道も
ファイル 2673-3.jpg
そうした人力除雪の成果かと。
これまた、お疲れ様です。

さてこのドカ雪、小耳に挟んだ感じだと、実に7年ぶりの出来事だったとか。
7年前...
2011年か
前回はどれほど降ったものかと思い、エキスの過去記事を探してみたところ、見つけました。
年末年始の大雪により、倒木が発生し、通行止めになったあの年でした。
あー、あの時もひどかったけど、あれ以来かー。

倒木といえば、今回の大雪では、ワタシ的4丁目キャンパスのシンボル、
ジュウガツザクラの枝がやられておりました。
ファイル 2673-4.jpg
幸い大事には至らなかったようですが、構内にはまだまだ枝に大量の雪を載せた樹木がそこらじゅうにありますので、今現在雪がやんでいたとしても十分に注意して歩くようにしましょう。

インフルエンザにご注意を

2018.02.09

相変わらず朝晩の寒さが厳しいですね。

こうも朝晩冷えると日中溶けた雪がまた凍ってしまって、歩くのが怖い…。恐る恐る歩く後姿を見かけても、温かく見守ってほしいと思う今日この頃です。

ところで。
怖いといえば、現在大流行のインフルエンザも忘れてはいけません。
「流行レベルマップというのがある」と聞きつけたので、さっそく検索してみたら…なんとっ!

ファイル 2670-1.jpg

 #画像は、国立感染症研究所ホームページで公開されている情報のキャプチャになります。

全部真っ赤!全国的に警報が出ているということになります。

期末試験や修論・卒論発表会など、学生さんにとって重要なイベントが目白押しのこの時期。
受験生のみなさんだって個別試験を控えておられますし、ここでインフルエンザにかかってられませんよね。

岩手大学保健管理センターの情報によると、インフルエンザは予防が肝心とのこと。
予防六か条というのがあるようで、

 1.水分をこまめに取る
 2.手洗い・うがいをする
 3.栄養・睡眠を十分にとる
 4.人込みを避け、マスクをつける
 5.適度な温度・湿度を保つ
 6.1時間に1回は換気をする

だそうです。

ファイル 2670-2.jpg

今冬のインフルエンザ。A型もB型も流行っているとのことで、治ったと思ったら別の型にかかった(涙)という場合も稀にあるようです。みなさま、どうぞお気を付けください。

■国立感染症研究所 インフルエンザ流行レベルマップ
 https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-map.html

■岩手大学保健管理センター
 http://expiwjm.adm.iwate-u.ac.jp/gaku/hoken/index.html


===== 以下、メッセージを少々 =====
この度は、メッセージ・メール等でご心配・お気遣いをお寄せいただきありがとうございました。
今回、足回りに不具合(怪我)が生じましたが、お陰様で快方に向かっています。
いただいたメッセージが本当に励みとなりました。ありがとうございました。
そして、みなさまも、足回り…お気を付けくださいませ(^_^;;

1か月遅れの仕事始め

2018.02.05

二十四節気の第一節気「立春」も過ぎ、今日は2月5日。
2018年が始まってほぼ1か月が経とうとしている本日、やっと今年初めてエキスを更新する桃です。

今更感ありますが、今年もよろしくお願いいたします。

そして、岩大エキスをご覧の皆様が

ファイル 2666-1.jpg

こういうツールを使わずに過ごせるよう、心からお祈り申し上げます(^_^;;。
足回りの怪我はいろいろ支障をきたしますから、本当にご注意ください。

さて、これらに頼る生活を過ごしてみると、視点や行動が変わるからでしょうか、いろいろと気づくことがあります。

例えば、本学のキャンパス内でも

ファイル 2666-2.jpg

「なぜここに?」と思っていた手すりの存在が本当にありがたかったり。

ファイル 2666-3.jpg

アスファルトが見えるように雪かきをしてくれた誰かの優しさが肌身に染みたり。

ファイル 2666-4.jpg

左右どちらからでも掴めるとか、途中で途切れずつながっているとか…正直、かなり助かるのです。

これまで、こういう視点から本学を紹介したこと、なかったかもしれません。
いい機会なので、今後少しずつ取り上げてみたいと考えています。

どっちまき派ですか?

2018.02.02

つい先日まで、こんな時間(現在16:35)にもなると外は真っ暗だったんですが、いつの間にやらすっかり日が長くなり、まだまだ青空が覗けるようになってきました。
ファイル 2665-1.jpg
それもそのはず、明後日2月4日は立春。
暦の上では、春がやってきます。

ということで、新しい春を迎えるに当たってのイベントを2つご紹介します。

1つめは、留学生掲示板に貼られていたこちら。
ファイル 2665-2.jpg
岩手大学中国留学生学友会主催
2018年旧暦春節祝賀会

中国のお正月、春節を祝うイベントですね。
今年の春節は2月15日~21日の7日間だそうですが、その期間は実家に帰ったりするのでしょうか?あえて2週間ほど前倒しして、明日2月3日開催の模様です。

母国を離れ、勉学に励む留学生さん達。
その留学先で、母国の節目を、同じ国出身の人達と祝う。

私、留学どころか国外旅行の経験もないので、異国の雰囲気というものを肌で感じとったことがないんですが、もし国外にある程度長い期間滞在したとしたら、こうしたイベントは心強いだろうな―、なんて思ったりします。
盛り上がるといいですね。
 
 
さて立春の前日といえば、節分の日になります。
春が始まる立春の日を一年の初めと考え、その節目の日を迎えるに当たり邪気を払う。
そんな日になります。

最近では、この節分の日のイベントとして恵方巻きが取り沙汰されておりますが、私は断然豆まき派です。
だってほら、黙々と巻きずしを食べるより
「鬼は外ー
  福は内ー」
なんて言いながら豆を撒いたほうが、よりイベントっぽいというか、楽しげというか、何より「邪気を払う」という意味合いに即しているというか。
そんなわけで、本来は明日が節分の日なんですが、私も大学人として、大学内で、来る春からの邪気を払うべく、このイベントを敢行してまいりました。

一人豆まき。
ファイル 2665-3.jpg

豆まきというか、
豆が入った駄菓子を、外箱外袋ごと放り投げただけ
感が否めませんが、とにかくこれで、新しい春を迎える準備は万端です!

春よ、来い!!

ページ移動