記事一覧

不測の事態をイメージして

2019.11.08

津波防災の日である11月5日近辺となる今時期に、先の土曜日には盛岡市の、そして6日には本学の防災訓練が実施されました。

本学の訓練の想定は、
11月6日 午前10時10分、盛岡市を震源とする直下型地震 震度5強
というもの。
そのときに教職員は、学生は、どのように身を守るべきか、動くべきか、という内容で訓練が進みます。

職員さんは災害の発生に備えて防災組織を構築しているので、訓練でもその組織での役割に応じて動き方が決まってきます。
訓練ではそれぞれがどんな動きをするのかがわかりやすいように、背中に役割をしょって待機します。
ファイル 3101-1.jpg

そして・・・
10時10分 地震発生
館内に訓練用の防災放送がかかり、一斉にみんなが走り出す

ことはなく、まずは地震発生時の基本
身を低くし、落下物から身を守るために机などの下に潜り込む
ところから始まります。

そして揺れが収まった(という体の)タイミングで、今度こそあわただしく対策のための行動に移ります。

避難誘導担当は、決められた場所に散り避難者を適切に誘導し
通報連絡担当は、次々と集まるさまざまな情報を記載し、報告し、
ファイル 3101-2.jpg
(見る見る埋まる情報記録用ホワイトボード)

初期消火担当は、火災発生の情報を元に消火に向かい
応急救護担当は、けが人の対応にあたり

と、実際に地震が発生した場合をイメージしながら訓練が進みます。

避難場所には、講義室や研究室から避難してきた学生さんたちが集まっていました。
ファイル 3101-3.jpg
この時間帯に、このキャンパスにいる全学生数から比べると決して多くはありませんが、もし災害が発生した場合、今回訓練に参加してくれた学生さんたちが
避難場所を知っていて、
そこに向かって動く、
ということをしてくれるだけでも、避難の流れを作ることができたりするのかな?
と思います。

その後は模擬消火器を使った消火訓練や、避難器具のデモ
ファイル 3101-4.jpg
(建物3階からの降下訓練。無事に地上に降り立った際には拍手が沸き起こってました)

などなどがあって、防災訓練が終了しました。

今回は地震発生時間も決まっていて、事前にいろんな準備ができて、マニュアルを見ながらの訓練でしたが、実際の災害ではそんなことがあるはずもございません。
避難者も多いでしょうし、雪や雨が降っているかも。夜間かも。
ほかにもいろいろ、想定しきれないほどの事態が起こる可能性がありますが、そのときに自分は何をすべきなのか。
8年半前の自分のように、建物のすぐ外で、やべー、さみー、どうするー、などと言っている事がないように、今回の訓練の意味をしっかりと理解しておきたいと思います。

11月9日(土)10:00~

2019.11.07

11月9日といえばまさに今週土曜!
今週土曜の午前10時ですよ!
テレビの前に全員集合しなきゃ!!!
チャンネルはテレビ岩手さんですよ!!


いつものことながら「何が?」って話ですね。
特別番組「震災が大学を変えた~岩手大学70周年~」
の放送が、ですよ!!!


とはいっても、
僕自身はこの番組制作に関わることはできていないので、
「放送だよ!」ということをお伝えすると同時に
「どんな内容になるんだろう」と、
関係者ながら楽しみにしているところもあり…。
…中にいながらお恥ずかしい…。


とにもかくにも土曜10時テレビ前集合ですよ!
そしてできたら録画予約!!!
…忘れないようにしないとな…今夜のうちにやらないとなぁ。
…岩手県内の方向けの情報ですみません…


そしてそして、
70周年といえば、
特別企画展
「岩手大学震災復興活動展2019-Build Back Better -」

もまだまだ開催中(15日まで)ですよ!!
ファイル 3100-1.jpg
来週には授業公開もありますしねぇ。

来週岩手大学に来ていただいて、
公開されている講義を聞いて、学食でご飯を食べて、
企画展で本学の取り組みを知って、
構内を散歩してみたりしてはいかがでしょうか?


来週は国際シンポジウムの開催も控えていますし、
11月に入り、70周年記念事業もいよいよクライマックスです!


むぅ…リンクだらけになってしまったなぁ…。

秋深まるも残り1日

2019.11.06

こんにちは。
最近はだいぶ白鳥がやってきているのを感じるようになりました。
が、
白鳥が上空を通るときに限ってカメラが手元にありません…。
カメラを持っていると姿は見えず声しか聞こえません…なぜ…。

白鳥さん、来る時、予告してくれないかなぁ…。
「本日、○時、△時、◆時頃、盛岡市上空を通過予定」とか…。

さて、先日の台風で根こそぎ倒れ
細かく切り分けられた農学部7号館前の大きな樹。

ファイル 3099-1.jpg

ついにどこかに運ばれていったようで、
今日見に行ったら根元だけが残っていました。

ファイル 3099-2.jpg

こうしてあらためて見ても、やっぱり太いです。
本当に、倒木が週末夜で、
学内に人がほとんど居なかったのがせめてもの救いでした…。

ファイル 3099-3.jpg

ところで、昨日の朝には、中学生とおぼしき学生服の方々が
事務局棟の前に集まってどこかへ向かっていました。

社会科見学か、それとも進路についての学習か、
果たしてどちらなんでしょう…?

わたしは中学生の頃、授業時間中で学外に出る機会は
岩手山青年の家での合宿研修くらいしかなくて
遠足のある学校にあこがれたりもしたものでした。

だから、どちらにしても、普段の学校と違う環境での学びが
宿泊なしのちょっとした外出でできるというのは
なんだか見てる側もウキウキするといいますか、
つい純粋にうらやましい気持ちやあこがれの視線で見てしまいます。

いいなぁ。
わたしも校外学習で大学、行ってみたかったなぁ。

皆さんはどんなことを知ったり見たりして行ってくれたのでしょうか。
この経験が、何か皆さんのこれからの人生や進路で役に立ちますように。

ファイル 3099-4.jpg

春には八重のゴージャスな花を見せてくれたカンザンも、
少しずつ黄色み赤みを帯びてきて
秋の高い空に映えていました。

暦の上では、なんと秋もいよいよ明日1日を残すのみ。

週末からいよいよぐっと気温も下がってくるようですので
(予報では最低気温0℃の日も!!)
平地の本格的な紅葉が楽しみな一方、
早く学内にも暖房が入るといいなぁ、
なんて思い始めた今日この頃です。

うわ、騙された!

2019.11.01

昨夜から降り続いた雨も午前中ですっかり止み、少々風は強いもののキレイな秋空が広がっております。

その秋空に映える鮮やかな紅葉、
たわわに実る柿の実
ファイル 3097-1.jpg

地面には春の花の代名詞(?)のたんぽぽも咲き、うららかな雰囲気。
こーゆーのを「小春日和」って言うんだろうなー。

なんて思いながら、足元のたんぽぽを見てみて気づいたんです。


これ、自分の知ってるたんぽぽと違う。


自分の知っているたんぽぽといえば、
ストローのような茎があり、
茎の先に花が一つ咲く
こんなやつ
ファイル 3097-2.jpg
なんですが、ここにいたのは

ストロー状じゃなく、普通の(クローバーのような)茎で、
茎の途中で分岐して、その先々に花が咲く
こんなやつ。
ファイル 3097-3.jpg

何だこのたんぽぽ?!
花の裏っ側を見てみたら、ひげ(総苞)がひっくり返っていないので、
ファイル 3097-4.jpg
普段見慣れないニホンタンポポの亜種か?
なんて思って調べてみたんですよ。

検索ワード「ニホンタンポポ 茎」でポチ!


そこから得られた真実が、

これは、たんぽぽでは、ない。

正しくは「ブタナ(豚菜)」
通称「タンポポモドキ」

「もどき」と呼ばれるほど、たんぽぽに似た可憐な花を咲かせるというのに、
ファイル 3097-5.jpg
その名前が
「蒲公英」からの「豚菜」
となってしまっているのには、同情を禁じえません。

そんな、秋の一日。

アクセス解析4(2019 秋)

2019.10.28

岩大エキス11周年記念企画!
「岩大エキス、何で見ている?」

さて今回は、一昨年度より集計を始めている端末解像度のデータについて見てみることにいたしましょう。
集計の基本方針は一昨年の通りですが、全体的なアクセスが減少していることを踏まえまして、今までは1,000件以上を集計対象としていたところを、500件以上に変更しました。

それではその上位陣の一覧を見てみましょう。

1920px×1080px  6376
1366px×768px  3977
375px×667px  2962
360px×640px  2532
1536px×864px  1224
320px×568px  841
1280px×1024px  764
768px×1024px  656

順位としては、こうなりました。
ただこれだけ見てしまうと、ただの英数字の羅列で意味がわからないので、それぞれがどんな種類なのかも足してみましょう。

1920px×1080px(PC:フルHD)  6376
1366px×768px(PC:WXGA)  3977
375px×667px(スマホ:iPhone6~)  2962
360px×640px(スマホ:Android)  2532
1536px×864px(PC:フルHD125%表示)  1224
320px×568px(スマホ:iPhone5)  841
1280px×1024px(PC:SXGA)  764
768px×1024px(スマホ:iPad)  656

このように、PCとスマホが入り混じりという形になりました。
その両者の比率をグラフで見てみますと、
ファイル 3093-1.jpg
このようになりまして、ほぼ昨年から横ばいという結果になりました。

流石に昨年の見立て「再来年にはスマホからのアクセスがPCを上回る?!」ということにはならなそうな感じですね。



では続いて昨年取り上げた「一昨年は1000件を超えたけど、昨年はそこまで行かなかった解像度」が今年どうなったかについて見てみましょう。

解像度(規格) / 一昨年度 / 昨年度 / 今年度
1680px×1050px(WSXGA+) / 2080 / 356 / 109
1440px×900px(WXGA+) / 1409 / 579 / 309
1600px×900px(WXGA++) / 1527 / 757 / 418
1280px×1024px(SXGA) / 1393 / 747 / 764

うーむ、やはり今年も+とか++がついたやつは軒並み数を減らしてきていますね。
その一方無印のSXGAが、僅かではありますが数を増やしてくるという、全体的に数が減少している中で驚異の粘りを見せてくれました。
SXGAということ、アクセス数的に、数名の常連さんからの数字かな?なんて思ってましたが、はたして。



さて今回集計対象を500以上としたことで引っかかってきたこの解像度。

768px×1024px(スマホ:iPad)  656

昨年アクセスが増加したことで取り上げた、タブレット界のパイオニア「iPad」からのアクセスです。
このデバイスはシリーズが色々あるので、それらからのアクセスも加算してみると、
スマホ:iPadシリーズ  685
となりました。
こちらも残念ながら、「来年度はもしかしたら1000件を突破してくるんじゃ?」という数的予想はあたりませんでしたが、全体に対する比率としては、概ね昨年並みをキープしておりました。
最近のノートPCなんかは、キーボードから分離してタブレットとして使用できるタイプも増えてきていますから、このタブレット専用端末からの数がどのように推移していくのか観察していこうかと思います。


来年には、これらデータがどのように変わっているのか、それ以前にこの企画をまたやるのか、集計方法はこれで正しいのか、と不確定要素満載ですが、以上をもちまして、岩大エキス11周年記念企画の全行程を終了させていただきます。
閲覧ありがとうございました。
今後とも、岩大エキスをよろしくお願いします。

ページ移動