記事一覧

白色スペシャル

2019.05.10

連休中は
「休み長いなー」
なんて思った時もありましたが、明けてしまえばまた週末が待ち遠しくなるのはなぜなんでしょう。

さてその長い休みに入る前、まだ桜が咲き始めた4月22日のエントリーで、
「農学部食堂の前あたりには、山桜が一本いるはずです。
山桜は開花時期が遅めのため今日は向かいませんでしたが、個人的にはお気に入りの桜なので、時期が来たらまた向かってみたいと思います。」
なんて書いていましたが、今日向かってみたところ、あっさりとその機を逃してしまっておりまして、すっかり葉桜に。

あらら残念、と思いながら、そのまま植物園方面に足を伸ばしてみたところ、先々で白色の花が見頃を迎えていたので、ご紹介してみます。

まずは農業教育資料館横から植物園に入る辺りにあった二種。
ファイル 2978-1.jpg
左側は「リキュウバイ(利休梅)」
または「バイカシモツケ(梅花下野)」、「マルバヤナギ」とも呼ばれるようです。

今は奥の木よりも控えめに咲いていますが、説明書きによると「春~夏まで純白花を枝いっぱいにつける」そうなので、ハイシーズンはもう少し先なのかも。
枝いっぱいになる頃に、また来てみようかなー。
 
さてその奥の方で旺盛に咲いているのは
「ハナミズキ」で、こちらは今がピークなのかな?と思うほど、枝の先々まで真っ白になり、とても爽やかな雰囲気を醸し出していました。
 
 
そのまま北水の池まで向かってみると、またまた白い花が、今度は鈴なりに咲いているのが目に入ってきます。
ファイル 2978-2.jpg
こちら、「ドウダンツツジ」ですね。
去年もほぼ同時期に、ほぼ同じ場所でドウダンツツジの写真を撮っていましたが、その時と比べると花の数が段違い。
まさに「満天星躑躅」の本領発揮、といったところでしょうか。
 
 
さて、最後は桜が二種類です。
北水の池の更に奥、岩手大学ミュージアム本館の両脇にそれらがあります。

まずは向かって右手側。
こちらにあるのは「ウコンザクラ」
どうしても「ウコン」と聞くと、例のドリンクの缶の色(デジタル的に再現すると、こんな色)が想像されてしまうんですが、実物は打って変わってこんな爽やかな色なんですよね。
ファイル 2978-3.jpg
このウコンザクラの花は、黄色~薄緑色で咲き始め、それが白に変わり、最後は中心部からピンク色に変わるという変化に飛んだ花で、この写真では緑と白が強めに見えますが、全体的にはかなりピングがかって来ています。
いつも黄色から薄緑の花が咲く時期に見に来ているので、ピンク色の花をつけるウコンザクラが逆に新鮮です。

続いて左手側。
こちらにあるのは「ウワミズザクラ」
2016年にもご紹介しましたが、その時は季節を外していたようで今イチでしたが、今日はそんなことはございません!
これが満開のウワミズザクラです。
ファイル 2978-4.jpg
樹高があり、手前に枝がかぶったりもしていて、わかりにくい部分もありますが、房状の白い花が枝いっぱいに咲いているのが見えます。
初紹介からはや三年。ようやくその姿をご紹介することができました。
 
 
そんな感じで歩いてみたんですが、一つだけご注意があります。
ドウダンツツジの写真を撮っている時、ふいに大きな羽音が聞こえてきました。
どうやらクマバチさんがお食事中だったようです。
ファイル 2978-5.jpg
幸い彼らは温厚な種類のハチなので特に注意は必要ありませんが、場所やタイミングによってはスズメバチなど危険なハチと遭遇することもありますので、くれぐれもお気をつけ下さい。

油断大敵!!

2019.05.09

こんにちは!!
お久しぶりです。皆さんお元気ですか!?


いやー。まさかなー。
「平成」が終わって、新元号「令和」が始まる、
そんな特別な、大切な連休に、
まさかインフルエンザにかかるとはね!
全然思ってもみませんでした!!
なんと20云年ぶりのインフルエンザ!
よりによってここで来るとは!!!
読もうとした本もほぼ読めず返却しましたよ!!


連休中ごろ。まさに元号が令和になったあたり。
「発症したあと5日を経過し、かつ、
 解熱した後2日を経過」したので、
久しぶりに家の外に出てみれば、
近所の桜はすっかり散って、
そして、花粉症が始まっていました!!
なんてこった!!踏んだり蹴ったり!!!
それなりに結構きっちり計画を立ててたんですけどね!!


さすがにもう終息するんじゃないかとは思うんですが、
念のため皆様もお気をつけください!!インフルエンザ!!!!
油断大敵!!うがい手洗い!!!




…とね、「!」を多めに使って、
自分を奮い立たせてみましたが……。
10連休をほぼ棒に振ったことへの無念さは、
連休終わって3日が経った本日もぬぐい切れず…。


昼休み、
民俗芸能サークル「ばっけ」の皆さんによる
さんさ踊りを眺めつつ
ファイル 2977-1.jpg
ファイル 2977-2.jpg
ファイル 2977-3.jpg
その躍動感や踊りの素晴らしさへの感動でもって、
この無念さを癒そうと試みたり。


自然観察園を闊歩して、森林浴気分を味わいつつ、
ファイル 2977-4.jpg
「連休じゃなくたって森林浴ができるし!
なんて素晴らしい職場!!」
「桜だって関山が咲き誇ってるしね!!!」
みたいなことを考えて
無念さを吹っ切ろうと試みたりしている
今日この頃だったりしています……。


あぁあぁぁぁ……。油断大敵……。

開花宣言(涙と鼻水とともに)

2019.05.08

こんにちは、令和、あけましておめでとうございます。
まるでお正月みたいなよろこばしい雰囲気の中スタートした新しい時代、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

わたしも新元号になってから初めての更新です。
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

さて、
令和のおとずれを祝うように満開と桜吹雪とをお見舞いしてくれた
盛岡の桜もすっかり散り…といいたいところですが

ファイル 2976-1.jpg

ソメイヨシノや枝垂桜より一足遅れて咲いてくれるのが

「関山(カンザン)」

これは園芸品種の桜なのだそうです。

八重咲きでフリル状の花びら、満開でも濃いピンク色、
最初から葉桜(葉も一緒に楽しむ)、

一般的によく見る桜と違うところ、こんなところでしょうか。

学内のあちこちで華麗に花びらを舞い散らせながら
たたずむ姿を見せてくれています。

そして本学の敷地内にいるなら忘れるべからず、

ファイル 2976-2.jpg

そう、りんごの花ですね。

噂によると、農学部内のある研究室では
「お花見」といえば
このリンゴの花を楽しみながら親睦を深めることを指すとかなんとか。

ファイル 2976-3.jpg

厳しい冬の間、地中で静かに春を待っていたチューリップも
このとおり。

…とこんな具合に、一度気温が上がれば
絶え間なくどこかしら何かしら花が咲いていって
しばらく気持ちも華やぐ日々が続くなぁと
ウキウキしはじめていたところなのですが…

ファイル 2976-4.jpg

忘れてました…。
あなたも開花の時期なんでしたね…。

心なしかくしゃみが出るような
ティッシュの消費が気持ち増えたような、
そんな気がしてたんですよね…。

そう、「カモガヤ」…イネ科の雑草アレルギーのわたしにとって
つらく厳しい戦いの日々の幕開けを意味する開花です…。

でもこのカモガヤも、
牧場においては牛たちの大事な食料でもあります。

牛がいる環境でよく見かける白や黒の丸い大きなサイレージも、
中にこのカモガヤが含まれます。

そして、先日まで花粉症界隈で猛威を振るっていたスギもまた、
日本の林業(本学では演習林での実習)において
欠かせない樹木でもあります。

そう考えると、ただ頭ごなしに悪者扱いもできない、
アレルギー源の植物たち。

昔と違って、花粉症のお薬も良いものがたくさん発売され、
眠くなりにくいものや1日1回飲むだけのもの、
病院での処方でしか入手できなかったものが薬局で手に入ったり、
花粉症とのお付き合いもだいぶ楽になりました。

きっとこうして身近で利用されているのも何かの縁、と
ちょっとだけ前向きに考えて、
今年も気長にお付き合いしていこうと思います。

長い休みを前に、僕は本を借りました

2019.04.25

岩手大学に勤めて10年ちょっと…。
先日、初めて高松の池でお花見をした紺Bloggerでございます…。


構内でも早めに咲いた桜は、
当然早めに散り始め、
花びらが道路や池を桜色に染めています。
ファイル 2973-1.jpg
ファイル 2973-2.jpg
ファイル 2973-3.jpg


北水の池の側の桜も今年は綺麗に咲いたので、
池のほとりで這いつくばって、
水面ギリギリまで寄って桜の花びらを撮影してみましたが、
ファイル 2973-4.jpg
近づきすぎると道路なのか水面なのか、
わからなくなりますねぇ…。
いや、一応、「チャレンジしたんですよ」
ということで、載せたかかっただけなんですが…。
すみません…。



さて、それはそうと、
いよいよ連休間近ですねぇ。


学生の皆さんは、
この大型連休をどう過ごすんでしょうか。
帰省したりする学生さんもいらっしゃるんでしょうか?


休みだー!やったー!と、
(正月休みの時の僕のように)気を抜くと、
あっという間に連休が終わってしまいますのでね、
今回は有意義なお休みにしようと、
わたくし、本学図書館で本を幾冊か借りまして。

図書館内で働いていながら、
実は、普段、あまり図書館で本を借りることが無くて、
だからこそ、特別なことをしている感じがいたしまして、
「いつ読もうか」
「どこで読もうか」と、
結構わくわくしています。

普段文庫本ばっかり読んでるのでね、
折角だからハードカバーの本をね、
借りましたよ。ふふふ。
ワクワク…ワクワク…。

皆さんもどうですか?連休のお友に。


それに、岩手大学図書館では、
この4月から音声CDの貸し出しも始まりましたので、
ファイル 2973-5.jpg
2階カウンターの前に特設コーナーが設けてありますので、
こちらもチェックしてみてはどうでしょう?

春爛漫 おまけ

2019.04.22

今日はとあるお導きによって、こんなところからの写真もとることができました。
ファイル 2970-1.jpg
農学部1号館屋上から望む、図書館と岩手山。

ここからだと、先程の写真では小さくて見えづらかった農学部の桜並木もこの通り。
ファイル 2970-2.jpg

いやー、約得役得。

ページ移動