記事一覧

たかが管、されど管

2017.11.14

全国ニュースを見れば、
南や西の方では「紅葉が見ごろ」なんて聞こえてきていた今日この頃ですが。

ファイル 2615-1.jpg

昨日の「初氷観測」の知らせに続いて
そろそろ最高気温もひとケタ台に突入する日々が迫ってまいりました。

盛岡は紅葉は終盤、葉っぱは落ちて見事にじゅうたん状態。
これはこれで見ごたえがあるのですが。
(ぎんなん踏ん付けトラップも収束に向かっております)

ファイル 2615-2.jpg

農学部食堂と農業教育資料館をやや上からのアングルで。
なぜこんなアングルで見ることができるのかといいますと…

雪が降ってしまう前に少しでも、と今年もせっせとすすめているのが
屋上の機器類の点検。

先日も「見えないところで皆さんの安全のための取り組みがなされてます」と
お伝えしたところでしたね。

それにしてもイマドキの屋上って、安全のため?景観のため?なのか
けっこうガッチリ囲いがしてあるので
なかなか外側からは詳細が見えなかったりするんですよね。

ドラマ、アニメ、バラエティ番組なんかでよく見かけるイメージだと
学校や大学なんかの屋上といったら

「開放的、見晴らし良好、物静かで落ち着く」

こんな感じがしますが実際には

「大型機器や配管だらけ、柵が高くて何も見えない、常に機械音」

こんな感じだったりします。
ついでに普段は施錠されていて、出入りすることはできません。

でもその現実あってこそ、屋内での快適さと安全さが得られているわけですね。

それにしても屋上、地上より心なしか風が強いし冷たい気がします…。
日差しがあっても身体はどんどん冷えていくばかり。

ファイル 2615-3.jpg

さて、今回の患者さんはこちら。

実験用の排気装置のダクトが完全にはずれちゃってます…。
誰かがガムテープで修復を試みたと思われる箇所も…。

ファイル 2615-4.jpg

というわけで、外れていなくてもひび割れていたり、
近いうちに同じように外れたり割れたりしそうなところを含め、
業者の方が修繕してくれました。

ファイル 2615-5.jpg

常に外の雨風や日光にさらされているものたちなので、
修繕するにもいろいろと難しさや工夫があったようです。

素材の変形や劣化、他の部品の備付状況を見ながら、
とても丁寧に作業してくれていました。

たかが管、されど管とはいえ、
屋内の実験室でいろいろな実験や作業を行う皆さんの安全が
ここにかかっているわけで…。

当たり前といえば当たり前のことではあるのですが、
やっぱりプロの方の知識と判断と手技ってすごいなぁ、と
改めて感じました。

おかげでまた、安心して実験に取り組めますね。

こうして各方面からいろいろな人が
いろいろな施設の保守点検につとめていますが、

現場で実験・作業をする皆さんも、
この局所排気装置を含めいろいろな機械や装置を扱うにあたって

「普段と違う」「おかしい気がする」

そんな時には、面倒ですがどうか一度手を止めて
担当教員や場合によっては施設の管理者、
安全衛生管理室などしかるべきところへ
いち早くお知らせくださいね。

突然暖かくなって戸惑いました

2017.11.08

昨日は立冬を迎え、いよいよ今日から学内では暖房が入りました。

嬉しい反面、いよいよ霜や雪の時期も近いのかぁ…と
厳しい冷え込みを想像して
むしろ背中がきゅっと丸まるような気分でもあります。

さて、学内では毎年おなじみドラフトチャンバー(局所排気装置)の定期点検や

ファイル 2611-1.jpg

各種ガスボンベの管理や保管場所、使用期限などチェックしたり

ファイル 2611-2.jpg

そうそう、台風の激しい風雨で折れてしまった植物園の大きな枝も

ファイル 2611-3.jpg

ファイル 2611-4.jpg

きれいに切り落として、安心して通れるようになりそうです。

これらはごく一例に過ぎませんが、
学内でさまざまな活動をする皆さんがいつも安全に作業できるよう、
また、作業しない方々も安心して学内で過ごせるようにと、
影で地道な取り組みや工夫がなされていたりします。

ときどき実験室や作業場なんかにお邪魔させていただいたりすることもあるかと思いますが、
その際には少しの間だけご協力いただければ幸いです。

こうも寒いと、実験や実習においても手がかじかみがちだったり、
着込んだ重装備で、機敏には動きづらかったりと
この時期ならではの気をつけるべきこともありますので、
どうぞ皆様身の回りや作業時の安全にはお気をつけくださいね。

かつての姿

2017.09.22

今日はとてもいいお天気だったので、
久々に屋上へ撮影に行きました。
ファイル 2576-1.jpg
よく晴れています。


と。
まぁ、そんなことを考えつつ、
屋上からの階段を降りつつ、壁面を見ますと。
ファイル 2576-2.jpg
タイルが貼られています。


この茶色いタイルが貼られた外壁。
本学図書館は正面から見た時とは
ちょっと印象が違いますよね。
ファイル 2576-3.jpg
ね?


で、本学図書館のHPで図書館の沿革を見ると、
平成12年に増改築がされたようなので、
「あぁ、この部分は増改築前から残ってる部分なんだなぁ」
とは思ったわけですが。

じゃあ、増改築前ってどんな姿だったのか?
というと、その姿を見たことはなかったんですが…。
先日、全然別件の資料を探していた折、
見つけました。
ファイル 2576-4.jpg
一見、全然別の建物ですが、
第2体育館もあるし、後ろに岩手山もある、
何より右側にある5階建て部分は未だ健在。
ファイル 2576-5.jpg
上の写真は現在のものですが、
左側が増築された部分で、
右側が元々あった部分(外壁等は変わってますが…)ですね。


その5階建て部分ができたのが
昭和59年のようなので、
今回見つけた写真は、
そこから平成12年の間のどこかの写真だと思います
(すいません、そこは特定できず…)。


…これが図書館だったのかぁ…。
と、つい見入ってしまいます。
入り口が写真左側にあるようですが、
外に階段があったんだなぁ~、とか。


改築前から本学に務めている先輩方からすれば
当然の風景なのかもしれませんが、
改築前の姿を知らない僕からすると逆に新鮮です。

こういう、かつての姿の痕跡を見つけると、
ちょっとテンションが上がったり……しませんか??
……まさか僕だけってことは…ないといいな…。

次世代実証のために

2017.09.19

ここの所、理工学部キャンパス内では結構大きめなモノや場所があちこちに移ったりしています。

例えば、2008年にはこの場所に並んでいたゴミステーションが、今は第一駐車場脇のここ
ファイル 2573-1.jpg
に移っていて、
(ちなみに「ここ」は、2011年に期間限定で開放された門のところです)
(ちなみに「この門」は、昨年の国道46号線拡幅工事に伴い、無くなりました)

その跡地は駐車場になっております。
ファイル 2573-2.jpg

また、2009年にはフラワーアートが作られたり、
2010年には立派なカサブランカが並んだり、
今年の5月にはチューリップが残されたりと、
何かとお花に縁のあった総合教育研究棟(化学系)(旧:5号館)南側の空き地。
こちらも現在は駐車場となりました。
ファイル 2573-3.jpg

これだけ見ると、まるで駐車場の大造成の様に見えますが、実はそうではなく。

今まで第11駐車場として利用されていたスペースは現在、囲いが施され、中には車両は車両ですがこんな特殊車両
ファイル 2573-4.jpg
がいらっしゃいまして、この場所に新しく作られる「次世代実証ラボ」建築工事の準備が進められているのでした。
それに伴う、駐車場の移転です。

はてさて、この場所で行われる研究が、次世代にどのような効果を及ぼすのか。
楽しみですね。

灯台下暗し

2017.08.30

こんにちは。
紺Bloggerでございます。


さて。
いつものように突然ですが。
皆さんは新たに知りたいことがあった時、
どんな行動をとりますか?

まずはネット検索でしょうか。
あとは…人に聞いてみる、とかもですかね。

僕は、新たに知りたいことがあると、
まず大きな本屋さんに行って、
関連書籍の棚を見て、で、買えそうな本があれば買って、
とにかくそれを読んでみる、という行動に出ます。

癖というか何というか…。
「知りたい!」→「本屋行こう!」
と考える回路になっている気がします。
本屋さんにいるのが好き、というのもありますが。


で、ですよ。
先日、仕事の関係で勉強したいことがあって、
例の如く「よし、仕事終わったら本屋行こう」と思ってたんです。

図書館という、
本に囲まれた環境で働いているくせに、
ファイル 2560-1.jpg
帰ってまで本屋に行こうなどとはね……。
自分でも呆れ…………


と、そこまで考えた時に、「あれ?」と。
今、自分がいる場所はどこよ、と。
ファイル 2560-2.jpg
そして、おもむろに本学図書館の検索システムに
知りたい情報のキーワードを入れましたら…。

もうね…出てくる、出てくる…。
ファイル 2560-3.jpg
本学図書館内にわんさか関連書籍がありました…。
結局4冊ほど借りまして、
今、黙々と読んでいるわけなんですが…。
ちょうど上の写真がその分野の棚なんですが、
この撮影に行って、
さらに「これも、あ、あれも読まにゃならん」
と芋づる式(?)に本が見つかる始末…。


さらに。
わたくし、仕事柄、
論文の掲載誌を検索・確認したり、
各大学が公開している論文データを検索したり、
ファイル 2560-4.jpg
▲岩手大学リポジトリの画面です
ということを日々やっているのに…。
自分のこととなると「使ってみよう」と思いつかず…。


そこで、日々使っている方法を駆使してみまして。
今回知りたいと思っている関係の情報を検索してみると、
WEB上に公開されている論文が数多く見つかった上、
公開されずとも興味深い論文が掲載されている雑誌情報や、
その本学図書館での所蔵状況や、
さらには近隣大学図書館での所蔵状況等々…。
実に容易に情報収集できまして…。
これまた入手できた論文を黙々と読んでいます…。


…世の中は…こんなに便利になってたんですねぇ。
…灯台下暗しとは、まさにこのこと…。
…職場が図書館って、実に素晴らしいことだなぁ、と、
今さらながら痛感しています…。
ファイル 2560-5.jpg
…異動してきて1年半、もったいないことしてきたなぁ。

ページ移動