記事一覧

防災訓練

2018.10.12

こんにちは。紺Bloggerでございます。


昨年のことであります。
わたくし、家族で避難訓練に参加したことがありまして。


幸いなことに…というのもちょっと違う気がしますが、
参加者がかなり少なかったので、
様々な訓練メニュー全てを家族全員体験することができたんです。
例えば消火器の使い方、みたないことですね。


で、特に印象深いのは消防への連絡体験です。

自分で119番に電話かけたことがなかったので
火事なのか救急なのかを聞かれることも知りませんでしたし、
119番に電話すれば最寄りの消防署につながると思ってたので
(盛岡市の場合は岩手県央消防指令センターにつながるようですね)、
住所を聞かれたときに市を抜かして、町名から言ったんですが、
市を抜かさずに正確に伝えてほしい、ということを教わったり…。

幸い、その経験を活かす機会には遭遇してはいませんが、
訓練のおかげで、いざという時の心づもりはできた気がしています。
家族でも「参加してよかったねぇ」と時折話しています。


ということで本日は岩手大学の防災訓練。
ファイル 2840-1.jpg
今回は、学生センター棟付近や、
人文社会科学部、教育学部を中心とした訓練でした。
ファイル 2840-2.jpg
今回、僕は見学での訓練参加だったのですが、

学生センター棟は1年生が多く学ぶ場所ということもあり、
1年生の皆さんも多く訓練に参加してくれたように思います。

改めて考えるまでもなく、
僕ら職員の多くは東日本大震災を大学内で経験していますが、
今、在学している学生の皆さんはそういうわけではないはずで。
ファイル 2840-3.jpg
ああいった事態を一度経験しているからこそ、
いざという時には、
教職員がいかに落ち着いて対応できるかが重要だな、と、
毎年のことながら、震災の際のことを思い出しつつ、
気を引き締めながら見学しておりました。


そうそう、
学生センターA棟4階から
器具を使っての避難訓練も実施されました。
ファイル 2840-4.jpg
やっておきたいような…訓練するのも怖いような…。
でもね…昨年の避難訓練での教訓もありますのでね、
いつかは訓練しておきたいものです…。

電動

2018.09.13

いよいよ明日から盛岡秋まつり、ということで、
「音頭上げを沢山聴けるぞ!」と、
ワクワクしている紺Bloggerでございます。

あ、「音頭上げ」なんですが、
知らない方もいらっしゃいますよね、たぶん。
僕は地元の祭りにもあるので、馴染み深いんですが、
ご存知ない方はぜひ一度調べてみてください。

以前「『南部木遣り』に興味があるんです」、
といったことを書いたことがありましたが、
その「南部木遣り」とも関係があったりします。


さてさて。
そんな本日は、
久々に図書館内の紹介をしようと思います。

図書館1階、アザリアギャラリーの看板のすぐ横に、
ひっそり入り口が設けられているんですが、
お気づきの方はどれほどいらっしゃるでしょうか?
ファイル 2823-1.jpg
本日ご紹介するのはこの入り口の奥にある
こちらの書庫でございます。


以前、僕のお気に入りの場所として
「積層書庫」をご紹介したことがありましたが、
今回ご紹介するのは「電動書庫」です。

何が違うかといいますと、
本館の場合「積層書庫」には「逐次刊行物」を所蔵しています。
学術雑誌だとか、年報だとかですね。
今回ご紹介する「電動書庫」は「図書」を所蔵している書庫になります。
単行本だとかが該当します。
ファイル 2823-2.jpg


(当然ながら)図書館のスペースにも限界はありますので、
開架の状態にしておける書籍の量にも限界があります
「積層」「電動」いずれの「書庫」についても、
そうしたスペースの関係等で
開架には出しておくことができないけど、
大切な資料が保管されているわけです。


なお、いずれの書庫も学外の利用者の方は入ることができません。
なもので、学外の方の場合は、
ご希望の資料を職員にお伝えいただいて、
職員が各書庫から資料を持ってくる、という形になります。


さて、その電動書庫。
入ったことがある方はご存知かと思いますが、
奥の方に、立ち入り禁止ゾーンがあります。
ファイル 2823-3.jpg
盛岡高等農林学校の蔵書だった書籍等、
歴史ある資料が納められているため、
ここから先は、図書館職員等しか入れないんですが、
「あ、自分、図書館職員じゃんか!」
ファイル 2823-4.jpg
ということで時折、
資料を探しに入ったりしております。
開架とはまた違った趣の図書が多く、
こちらもこちらで見ていて飽きない場所であります。


(あまり大きな声では言えませんが)
机での作業に行き詰まって、考えが全然まとまらない時は、
電動書庫の中をうんうん唸りながら歩き回って、
考えをまとめたりすることも…稀に…
本当に稀にですよ…そんなこともあります。
ホントに助かってるんですよ…。
実は…積層でも…時折やってますが…。

あ、利用者の方を怖がらせないよう、注意してはおりますが、
書庫でうんうん唸って歩いている男がいても、
怪しがらないで下さいね…。


ということで、
今日は「電動書庫」の様子を少しばかりご紹介しました。
学生さんは一度、入ってみることをお勧めします!

海と製鉄とラグビーのまち

2018.08.29

今日は場所を変えまして、

ファイル 2811-1.jpg

釜石におりまして。

ここを訪れるのは、実はわたし、まだこれが2回目なんです。

普段農場や演習林や牧場がらみの話題ばかりお送りしてるもので、
海のそばからお送りできる日がまさか来るとは…!

ファイル 2811-2.jpg

(お食事中の方もしいらっしゃったらごめんなさい)
潮の香りとともに、門から建物へ向かう途中に出会ったのがこちら。

これって…鹿とかそのあたりの動物のフン…ですよね…?
海に来たからには、カモメとかウミネコとかそういう系統の動物から
フンを浴びせかけられるパターンが王道だと思っていたのですが
まさかの鹿。

しかもこの痕跡の形からして、
悠々とキャンパスの真正面を横切っていったことが想像されます。

ファイル 2811-3.jpg

夏休み期間真っ最中、
しかも盛岡から120km程離れた釜石キャンパスとなると、
研究に取り組む先生方と学生さんしかいないとばかり思っていましたが、
なんと集中講義の真っ最中だそうで、
学生さんたちがいろいろな設備を見学しながら大移動していました。

ファイル 2811-4.jpg

「カメがいるけど見る?」と誘われ、
小さいものを想像して覗き込んでそれはもうビックリしたのがこちら。

アカウミガメがプールを悠々と泳いでおりました。
誰か来ると何か認識するようで、ちょっと動きが活発になるそうです。
ごはんをもらえると思ってるのかな…?

せっかく来たんだから、もっと中の様子とか建物のつくりとか、
いろいろ見てくるところはもっとあっただろう、と
今更自分にダメ出しせざるを得ない内容となってしまいましたが、
いろいろ予想外のことに出会ってワクワクする釜石キャンパスでした。

ファイル 2811-5.jpg

魚もいればウニもカメもいて、でも鹿の通り道でもあって、
すぐそばでは釜石大観音が静かに海を見守っている、
そんな釜石キャンパス、またいつか訪れたいです。

壊す&造る

2018.06.26

二十四節気のひとつ「夏至」を迎え、
19時を過ぎても空が明るくてちょっと得した気分になる今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょう。

梅雨の割には雨もあまり降らない学内では

ファイル 2767-1.jpg

先日、お昼休みに中央食堂前広場でライブがありました。

学内広しといえど、けっこう離れた建物でも音が聞こえてたりします。
特にドラムの音!
鉄筋コンクリートの大きい建物が多いから、
音が反響しやすいのかもしれません。

ファイル 2767-2.jpg

コンクリートといえば、
老朽化した建物も少しずつ新しくなっていきます。

こちらはよく私の出番で取り上げさせていただいている
農学部附属滝沢農場の事務・研究室棟。

この建物が…

ファイル 2767-3.jpg

こんな風に解体されていきます。

そして、

ファイル 2767-4.jpg

その向こうに新しい棟が建てられております。

新しいからといって
「最先端の趣向を凝らした近代芸術的な建築物!!」
ということでもなく、よくある普通の建物ですが
やっぱり新しい建物は見るだけでワクワクするし
自然と「中はどんな風になってるんだろう」と思わせられます。

もうこちらの新しい建物の中は出入りできるということで、
中のほうも今度ちょっぴりご紹介します。

ちなみに、ここに所属して研究をしている学生さんは、
既にこの新しい建物にお引越し済みとのこと。

新しい建物で気持ちよく研究に励んでいただきたいですね。

オープンラボ、オープン

2018.04.16

このたび岩手大学4丁目(理工学部)キャンパス内に、新しい研究施設が誕生いたしました。
その名も、
「銀河オープンラボ」
ファイル 2720-1.jpg

エントランスの建物が丸みを帯びていたり、
アスファルトが黒黒していたり、と
いかにも新しい建物ですよ―!感がヒシヒシと感じられます。

こちら、先述の通り「銀河オープンラボ」という名称になっていますが、銀河のオープン、いわゆる天地開闢について専門的に研究するところでは勿論なく(そのへんは、何かと話題のILCに託すとして)、大学内の研究室は勿論のこと、企業さんにも入ってもらって様々な研究を進める施設となっているようです。

そういう意味での「オープン」ですので、建物玄関はこちらの静脈認証システムでがっちりクローズしてあり、事前に登録作業をした方しか入館できないシステムとなっております。
ファイル 2720-2.jpg

幸い(というかなんというか)、私は業務の関係で静脈を登録したので、ちょっとお邪魔してみました。

案内図によると、
ファイル 2720-3.jpg
ふむふむ。
L字型の建物で、両翼に研究実験系の部屋が並び、玄関の先にはホール、テラスの文字があります。
実験室の方は、流石に勝手に見たり入ったりするわけにはいかないので、オープンスペースのホールに行ってみましょう。

ファイル 2720-4.jpg
あ、なんかいい感じ。
円形に開けた窓は開放感があり、また隣を走る国道46号線は北上川に向かって下っていくので視界に入らず、ちょっとした高台に居る気分になります。
もう少ししたら外の桜が咲いて、もっと綺麗なんだろうなぁ。

テラスはこんな感じ。
ファイル 2720-5.jpg
天気がいい日はここでランチでも♪
な雰囲気ですが、逆に国道を行く車からは丸見えなので、流石に遠慮しとこうかな・・・

と、まるで物見遊山なご紹介になってしまいましたが、ここの本分である研究でどのような成果が生み出されていくのか、楽しみですね。

ページ移動