記事一覧

系譜脈々

2017.08.31

前回に引き続き、稲のお話を少々。

奥州市水沢区で田んぼアートやってるってよ、

てなお話をいたしましたが、その水沢区で5月に開催されたのが、
「田植え体験会」
ファイル 2561-1.jpg
だそうで、中央生協にでかでかとポスターが貼られていました。
これまたしらなかったー。

秋には稲刈り体験科もあるとのことなので、そのうち告知が有るものと思われます。
興味の有る方は、このポスターのらへんをチェックしてみてはいかがでしょうか。
 
 
さて、その稲の実験を行っている実験圃場。
いろんな品種が植えられていて、色合いやら背丈やらが違う様子を前回ご紹介しましたが、もっとはっきりと品種を主張していたのが、稲の列の端っこに刺さっていたこれ。
ファイル 2561-2.jpg
品種の札。
こちらは「ひとめぼれ」
耐冷性が強く、いまや日本の作付面積で2位にランクされる有名銘柄ですので、皆さんの食卓にも登ったことが有るのではないでしょうか?

他にも「げんきまる」やら「銀河のしずく」やらと言った銘柄の札がある一方で、こちらには
ファイル 2561-3.jpg
「東北211」
と、いきなり研究色丸出しの札が立ってたりします。

先ほどの「ひとめぼれ」も、味がよく、寒さに強いことを目的に交配育成された集大成というべきもので、その研究段階では「東北143号」という名前、というか、番号が付けられていたそうです。

東北岩手の稲作の歴史は、冷害との戦いと言っても過言ではありません。
岩手大学農学部の前身である盛岡高等農林学校の卒業生、「宮沢賢治」が普及に努めたとされているのが、「陸羽132号」。
こちらはとりわけ耐冷性の強い品種だったようで、宮沢賢治の「稲作挿話」という作品にもその様子が描かれているそうです。

そんな「陸羽132号」の子に当たるのが「農林1号」、その子が「コシヒカリ」、そしてその子が「東北143号」。
そう、「ひとめぼれ」です。

ちなみに「東北211」の親が、「東北189(げんきまる)」で、その2代前が「ひとめぼれ」。

こうしてみると、今回この圃場で目についた品種全てが「陸羽132号」の子孫であるわけで、そのお世話をしているのが、宮沢賢治の後輩である現在の学生さんたち。

こうした系譜を受け継ぎ、発展させ、世の中に役立てていく。
大学の、大切な役割です。

灯台下暗し

2017.08.30

こんにちは。
紺Bloggerでございます。


さて。
いつものように突然ですが。
皆さんは新たに知りたいことがあった時、
どんな行動をとりますか?

まずはネット検索でしょうか。
あとは…人に聞いてみる、とかもですかね。

僕は、新たに知りたいことがあると、
まず大きな本屋さんに行って、
関連書籍の棚を見て、で、買えそうな本があれば買って、
とにかくそれを読んでみる、という行動に出ます。

癖というか何というか…。
「知りたい!」→「本屋行こう!」
と考える回路になっている気がします。
本屋さんにいるのが好き、というのもありますが。


で、ですよ。
先日、仕事の関係で勉強したいことがあって、
例の如く「よし、仕事終わったら本屋行こう」と思ってたんです。

図書館という、
本に囲まれた環境で働いているくせに、
ファイル 2560-1.jpg
帰ってまで本屋に行こうなどとはね……。
自分でも呆れ…………


と、そこまで考えた時に、「あれ?」と。
今、自分がいる場所はどこよ、と。
ファイル 2560-2.jpg
そして、おもむろに本学図書館の検索システムに
知りたい情報のキーワードを入れましたら…。

もうね…出てくる、出てくる…。
ファイル 2560-3.jpg
本学図書館内にわんさか関連書籍がありました…。
結局4冊ほど借りまして、
今、黙々と読んでいるわけなんですが…。
ちょうど上の写真がその分野の棚なんですが、
この撮影に行って、
さらに「これも、あ、あれも読まにゃならん」
と芋づる式(?)に本が見つかる始末…。


さらに。
わたくし、仕事柄、
論文の掲載誌を検索・確認したり、
各大学が公開している論文データを検索したり、
ファイル 2560-4.jpg
▲岩手大学リポジトリの画面です
ということを日々やっているのに…。
自分のこととなると「使ってみよう」と思いつかず…。


そこで、日々使っている方法を駆使してみまして。
今回知りたいと思っている関係の情報を検索してみると、
WEB上に公開されている論文が数多く見つかった上、
公開されずとも興味深い論文が掲載されている雑誌情報や、
その本学図書館での所蔵状況や、
さらには近隣大学図書館での所蔵状況等々…。
実に容易に情報収集できまして…。
これまた入手できた論文を黙々と読んでいます…。


…世の中は…こんなに便利になってたんですねぇ。
…灯台下暗しとは、まさにこのこと…。
…職場が図書館って、実に素晴らしいことだなぁ、と、
今さらながら痛感しています…。
ファイル 2560-5.jpg
…異動してきて1年半、もったいないことしてきたなぁ。

行ったり来たり

2017.08.29

なんだか「ゆく年くる年」みたいなタイトルですが…。

お盆が過ぎ、8月後半~9月にかけて、教職員にとっては
各地で学会やそれにともなう研修や見学会などなど、
遠く離れた地の大学などに出かける機会や
はたまた本学やその近辺がその開催地となることも多いです。

学会だけでなく、各種見学やサークル・部活の遠征などなど
これまたいろいろな場所へ行ったり
遠くから人がたくさんやってきたり。

ファイル 2559-1.jpg

今日も、中学生さん?ですかね。
見学か何かとおぼしきグループを学内で見かけました。

さて、そんな学内ですが…

ファイル 2559-2.jpg

「行ったり『来たり』」ではなく、まっすぐ前進あるのみの緑のカーテン。

将棋の駒で言うところの「香車」ですかね。

そんな緑のカーテンはいよいよ終盤戦に突入。
今年は途中でリタイアする選手が少ないような?
暑さがあまりきつくなかったおかげなのでしょうか…。

ファイル 2559-3.jpg

もうトップの選手はゴール目前。

…と、上ばかりどうしても目が行ってしまうこの緑のカーテン、
足元はどうなってるのかといいますと…

ファイル 2559-4.jpg

さすがこれだけの身体を支えるだけの太さです。
1円玉(=直径2cm)よりも太い!

(1円玉は比較のために置いてます)

毎年の事ながら、あんな高さまで水を吸い上げるなんて
植物ってすごいなぁなんてぼんやり眺めていましたが、
やはり足元がしっかりしているからこそですね。

(何もない所でつまづいたりするわたしにとっては尊敬しかありません)

ファイル 2559-5.jpg

さて、お盆前には半年に一度の実験室の健康チェックも無事に済み、
8月もいよいよ明日でおしまいです。

卒論修論に取り組む4年生や院生の皆さん、
これから研究室デビューする3年生の皆さんにとっては
本格的な秋が近づくにつれて徐々に緊張感が出てきますね。

それにしても毎年のことですが、
このお盆明け夏休み後半戦から卒論発表までの半年間は
本当にびっくりするくらいあっという間です…。

特に卒業後就職予定の皆さんは学生生活最後の長期休暇。

卒論修論や就職活動も大切なことですが、
社会人になるとなかなか得られないせっかくの長いお休み。
お友達と、家族と、サークル仲間と、はたまた一人静かに過ごす時間も
どうぞ程よくエンジョイしてくださいね!

他大学でも同じメニューが?!

2017.08.28

大学の生活では「学食」が必須です。
学生さんの生命線でもありますし、我々教職員も何かとお世話になっています。

学生さんが休みの間は短縮営業になったりもしますが、

ファイル 2558-1.jpg

昼夜共に食事が提供される安心感は非常に大きいです。

ファイル 2558-2.jpg

安価でメニューも豊富ですが、毎日通う学生さん達だと飽きてしまう事も。そのため、定期的にフェアーと称して各地のご当地メニューが提供されたりするんですが、このフェアのメニュー、他大学でも同じ時期に提供される場合があるようで、岩大エキスをご覧いただいている方々から「うちの大学でも食べましたー!」ってコメントをいただくことが。面白いですよね。

ファイル 2558-3.jpg

という訳で、今日は、フェアメニューの「たらこバターの和えうどん」と「いわしのマリネ」に、定番メニューの「ほうれんそうのお浸し」をチョイス。

ファイル 2558-4.jpg

程よい塩加減で非常に美味しかったです。
他の大学さんでも出てますか?このメニュー?(^^)。

そして、このほうれんそうのお浸し。
学食のお醤油で味をつけて食する人が多いと思いますが、
 「酢・塩コショウ・ラー油」
で味をつけると一風変わった風味が楽しめます。是非お試しあれ♪。

食堂のフェアーもですが、各大学さんとイベントの時期が一緒なときもあるようで…

ファイル 2558-5.jpg

教育実習もこの時期でしょうか?。
教育学部の学生さん達は、今、実習期間の真っ最中みたいですよ。

晴れやかな、青空と返事と笑顔と

2017.08.25

昨日の昼ころから降り続いた雨により、快晴となった今日の正午を過ぎてなお、県内では避難勧告や避難準備が発令されています。
事故なども発生しているようですので、皆様も身の回りには十分お気をつけ下さい。

こうした自然災害により様々なものが被害を被るわけなんですが、農作物もその一つ。
おおごとになっていないことを祈りつつ、農学部の実験圃場へ向かってみました。

ファイル 2557-1.jpg
パッと見た感じ、倒れたり何だりしている稲は見当たらず一安心。

 でも、倒れていない割には、稲の背丈がバラバラのような...

心配ご無用!
なにせここは「実験圃場」ですから、1枚の田んぼに1品種である必要などまったくなく、中にはこんな感じで
ファイル 2557-2.jpg
背丈どころか色まで違う品種が植わってたりします。
こういった品種ごとの色合いの違いを駆使して作られているのが、田んぼアートですね。
青森県の田舎館村が有名ですが、岩手県でも、奥州市水沢区・アテルイの里 で田んぼアートが作成されているそうです。
しらなかったー。

と、圃場内を歩いていたところ、田んぼの中で何やら作業をしている人影を発見!
お話を伺うことができました。
ファイル 2557-3.jpg
こちら、お手元のファイルにもある通り、農学部作物研の学生さん。
稲の出穂調査の最中だったそうです。

折角だったので、この場所に来た当初の目的である「大雨の影響」について質問してみたところ、

雨による直接的な影響は、そんなに大きくはない。
ですが、雨が降るということは天気が悪いということなので、日照不足のほうが心配。
これから台風などが来ると被害が増える。稲に実が入ってきて重くなり垂れ下がってくるので。

とのことでした。
また、今年の変な気候「梅雨時期が真夏日連発で、梅雨明けしてから雨天曇天ばかり」の影響も聞いてみましたが、それについては
稲よりも、むしろ果樹なんかのほうが心配
なんだそうです。
へー。
 
 
昨日の雨のお陰で、しっかり水をたたえ、さらに自分の腰くらいまで稲が生育した田んぼに分け入っての調査。
大変だよね―、と声がけしてみたところ、
「楽しいです!!」
と、眩しい笑顔付きで返ってきました。

うーん、いいなぁ。。。

調査の途中にも関わらず取材にご協力いただき、ありがとうございました!

ページ移動