記事一覧

開講を目前に控えて

2020.04.16

今月6日から実施されていた14日間の健康観察期間を経て、来週20日よりいよいよ今年度の講義が始まります。

それに伴い、風邪症状がない学生さんが一斉に登校してくるわけなんですが、風邪症状がないからといって全く安心できないのがこのコロナウイルス。

こうした状況の中、感染が拡大しないような対策が随所で取られておりまして、
今回は、生きていく上でかなりの重要度を占める「食」を提供してくれる食堂の対策の様子をご紹介します。

まずはこちらの写真をご覧ください。
ファイル 3206-1.jpg
こちらは今日の理工学部食堂の中の様子です。
この1枚の中に、様々な工夫がしてあるのが見て取れます。

例えば席の配置。
テーブルがいくらか間引きされ、普段より通路の間隔が広くなり、密集、密接の対策が取られています。

そのテーブルですが、椅子が片側にしか置かれていません。
また窓際には、テーブルを窓側に向けたカウンター風の席も用意されています。
向かい合って食事することによる飛沫感染を防ぐためでしょう。

そして常時窓が開け放たれ、換気をすることにより密閉対策も取られています。

そしてカトラリーにも一工夫。
いつもならリンク先の1枚目の写真のように、レジ後の調味料テーブルに並べられる箸やスプーンが、食事類と一緒のカウンターで一つ一つ受け取る形になっていて、常に清潔なものを使えるようなシステムになっていました。
ファイル 3206-2.jpg

他にも、給茶機の機能が制限されていたり、
ファイル 3206-3.jpg

MY箸を勧める掲示が出されていたり、
ファイル 3206-4.jpg

などなど、様々な対策が取られています。


大学も、遠隔授業への対応検討のために、学生さん向けに「自宅のインターネット環境調査」を始めました。
https://www.iwate-u.ac.jp/coronavirus2020iwate-u.12.html
期限【4月24日】までに必ず回答してくださいね。

また、健康観察のよる授業開始の遅れを取り戻すため、
さらに、期間内の学生さんの移動を抑制するため、
4月から5月にかけての祝日(いわゆるゴールデンウィーク)に授業が行われます。
こちらの「年間行事予定表[PDF])


このように、様々な対策が取られていますが、弊害ももちろんあります。

食堂では席数の減少により混雑が予想されるでしょう。
自宅にインターネット環境がない学生さんはどうするのか。
GWに出勤するなんて前代未聞。

それでも、各個々人ができる限りの対策をして、皆さんの健康を維持しつつ、学びが途絶えることが無いようにしていきましょう。

春の感じ方

2020.04.15

この時期になると、
ファイル 3205-1.jpg
年々、構内のスイセンが増えているように思うんですが。
さらに言えば構内に限らず、なんだか身の回りで
スイセンが増え続けているように感じます…。


これは…ミュージアム本館周辺にスイセンが増え始めたことを受けて
ファイル 3205-2.jpg
その存在を意識し始めたから、
その他の場所でも増えているかのように感じるのか、
それとも、実際に増えているのか…。

誰の目にも明らかなほどにスイセンが増えたら、
「実際に増えてるんだ」と確信できるんですが、
まだ、そうした話にならないってことは、
そこまでの増え方ではないのかしら…。


しかし、閑散とした大学の中では、
せめてそのあたりで季節を感じないと、
なんだか調子もおかしくなりますね。

山吹さんがお伝えしました通り、
構内の桜も咲き始めましたし、
コブシの花だって咲いてますし、
しっかり季節的には春なんですが
ファイル 3205-3.jpg
でも、構内に人が少ないってだけで、
なんだかまだ春は来ていないような気がします
(まだ3月中かのような…)。

僕は、構内で過ごす学生の皆さんの様子で
春を感じてたんだなぁ、とそんなことを痛感しています。

今年はご報告(本当は宣言したかった)ver.令和最初

2020.04.14

ここしばらく、急ぎでお伝えしなければならないこと、
たくさんありすぎました。
(これからも随時変更などあり次第ここでも触れていきます)

そして、この記事によって
「不要不急の外出」をまねいてしまうのではという怖さもあります。

でも、新入生や新学期を迎える皆さんのためのさまざまな行事、
授業の開始や課外活動などを中止や延期や停止で対応せざるを得ない現状。

これはこれで、日々大学にいるわたしたちしかお伝えすることができないし、
なんといっても、令和最初なんです。

ですので、今年もやっぱりやるだけやろうと思いまして。

例年とは違い、事後報告になってしまうことをご容赦ください。

外に見に行くことができない状況にいらっしゃる方々にとって、
少しでも盛岡の春の景色で心を和ませることができることを祈ります。

ファイル 3204-1.jpg

実は、すでに岩手大学の桜、開花しております。

けっこうな割合、開花しております。

ジュウガツザクラの方は既にお知らせしておりました

いつもなら最初と思われる花が開花したところをおさえて
声高らかに宣言させていただくところですが、
今年はそれよりもお伝えしなければならないことがたくさんあり、
教職員の動きは例年とだいぶ異なっているし、
対策したり注意を払わなければならないこともたくさんあったりで、
なかなかゆっくり日々間近で桜を観察する、
というわけにもいきませんでした…。

また、オンタイムでの宣言だと、読者の皆様のお出かけしたい気持ち、
仲間で集まりたい気持ちなどを不必要に煽ってしまうのではないかと
不安な気持ちにさいなまれたのもあったりもして、
このタイミングでひっそりとご報告させていただく次第です。

ファイル 3204-2.jpg

※過去の同じ時期の同じ場所です

例年のこの日この週は、授業も始まり、サークル活動も新入生の歓迎会や勧誘イベントで盛り上がり、昼休み時間に中央広場でミニライブが催されたり、
咲き始めた桜と日中の暖かさに誘われて屋外でお弁当やパンを広げてランチ、なんて光景もあちこちで見られます。

写真は今日に戻り、

ファイル 3204-3.jpg

ファイル 3204-4.jpg

空はこんなに青いし、岩手山もくっきり姿を見せてくれているのに、
大学には誰もいない…。

今日は風が強く、枯葉が吹き飛ばされて地面をすべっていくカラカラという音が広いグラウンドによく響きます。

ファイル 3204-5.jpg

もちろん今年はお花見もできないけれど、
今を乗り越えて季節が一周すれば、
花はまた必ず咲きます。

同じように咲いて、またわたしたちを元気づけてくれるはず。

来年の今頃は、明るい気持ちで、笑って開花宣言できたらいいな。
それまで、できることを続けながら、踏ん張っていかなきゃなぁ。

(宣言するのが誰になるかはお楽しみ)

※不要不急の外出や会合、お花見などをお控えいただき、
日々の暮らしを営む中で見られる桜やこうした写真の桜で
皆様も少しでも春を感じていただければ幸いです。

本来は今日から授業開始の予定だったんですが

2020.04.13

ご存知の通り入学式はキャンセルになったものの、翌日の新入生オリエンテーションは三密対策をとって実施したので

ファイル 3203-1.jpg

新入生は無事にキャンパスデビューを果たすことができました!

ようこそ、岩手大学へ!

とはいえ、翌日からはまた「お家で過ごそう」にシフトチェンジでして、本来は今日から授業開始だったのですが、今週いっぱい「新生活に慣れよう!」をお願いしています。

新入生の皆さん、それから、在校生の皆さん。
体調に変化が生じないことを願うばかりですが、もし判断に困るようなことがあれば、このページを確認し、対応をお願いいたします。

一方、今日の学内はどうなっているか、というと…

ファイル 3203-2.jpg

換気の一環なのでしょう、少し窓が開いてる場所もあり、心がけている様子が見て取れます。

ファイル 3203-3.jpg

英語による対応ポスターもあったりと、さすがグローカルの意識が感じられますね。

と、その横に目を移すと

ファイル 3203-4.jpg

図書館の利用方法に少し変化があるようです。

図書館の該当ページを見てみると

 ・学外利用者は、当面全てのサービスを一時停止
 ・学内の利用者は個人利用のみ、グループ学修等は当面禁止

のほか、閉館時間も早まっているとのこと。

知らずに行くと、暗い図書館を前に寂しい思いをすることになりそうですので、こちらの方もぜひご確認ください。

子鬼 VS お湯(試合結果)

2020.04.10

さてさて、先週初めに行われた子鬼 VS お湯の熱戦から11日が経過し、おおよその結果が見えてまいりましたので、その様子についてお届けしてまいりましょう。

まずは小さい方の個体ですが、お湯をかけた翌日の3月31日にはこのように
ファイル 3202-1.jpg
全体が茶色に変色し、表面も水分が失われているように見え、すっかり勝負あり!なご様子。

一方大きい方はと申しますと、
ファイル 3202-2.jpg
お湯を注いだ中心部が変色し、かなりのダメージを追っている模様。
しかしながらお湯がかかっていない部分はなんの変化も見られず、葉っぱも棘もピンピンしています。
できれば、中心の根っこの部分からの水分供給が断たれ、徐々に葉も枯れていってほしい。
忌々しい棘棘もぼろぼろになってほしい。
この日はそんな期待をもって、戦場を後にしました。
 
 
で、小さい方はもう経過を見るまでもないだろう、ということで、大きい方にだけ着目してみました。
4月1日、2日、3日、7日と経過を観察してみましたが、
ファイル 3202-3.jpg
うーむ、葉っぱが枯れていく様子が全く無い・・・
というよりむしろ、中心部の茶色くなっていた部分に緑色が混ざってきてやいませんか?

そして今日、4月10日の写真がこれ。
ファイル 3202-4.jpg
中心部の色を
「何色?」
と問われたら・・・

緑、ですよね。

何ということでしょう。
葉が枯れるどころか、枯れていたように見えた部分が復活していました。

なんとも凄まじき生命力。

まいったな。
ここまで育った相手には、350mlのお湯では太刀打ちできませんでしたか。

さてさて、誓いの通り彼奴らを片っ端から駆除してやるにはどうしたものか。
再・釜茹で地獄?(お湯の追撃)
悪魔の毒霧攻撃?(除草剤)
Sickle Attack?(草刈り鎌)

どうしてくれようか。。。

そんな敗北感から逃れるように、完全勝利の余韻を味わいに、久しぶりに小さい方の個体を見に行ってみたところ、目に入ってきたのはなんと、、、
ファイル 3202-5.jpg
芽吹き。

お湯は、子鬼に完全敗北でした。。。

本当に、どうしてくれようか。。。。。。

ページ移動