記事一覧

○○○○のネコ

2017.07.03

とうとう梅雨らしい天気になってきました。
各所では大雨の被害が出ているようですが、みなさまがお住まいの地域は大丈夫でしょうか?。

さて、そんな雨模様の盛岡。
小さめの傘だと差している意味が薄らぐ強さの雨なので、足元に目が向きがちなのですが、ふと見上げた先に可愛いポスターが飛び込んできました。

ファイル 2522-1.jpg

なんともかわいいネコ!
そして、同時に入ってきたキャッチ―な
 「理工の世界で最も有名なネコ?」
というコピー。

ご存知ですか?。

これ、量子力学ではかなり有名な「シュレディンガーのネコ」のこと(ミーちゃんとかではありません)。このポスターは、シュレディンガーのネコをコンセプトに据えたデザインになっていました。
理工学部になって2年目の今年、その「理」の色を強く見せているポスターだなぁと、大変面白く感じた次第です。

ところで、じゃぁ一体シュレディンガーのネコとは何ぞや、っていう話になるわけですが。

簡単に言うと、量子力学の世界における思考実験を、箱とネコとその状態を作り出す可能性のある環境に例えて問題点を分かりやすくした、その実験の名称なのです。

もう少しだけ説明します。
私たち人間を含め、物質は非常に小さな粒の集まりで作られていて、その小さな粒を「これ以上細かくできません」というミクロの状態…いわゆる量子の状態で観測すると、粒の状態と波の状態の2つの性質を示す不思議な振る舞いをしています。そして、その振る舞いを実験等で観測しようとすると「自分、粒ですから」みたいな結果しか出さないのに、観測されていないときは「実は波なんです」みたいな結果も見せる、なんだか天邪鬼な奴だそうで…。

このような状態を「重ね合わせの状態」と、量子の世界では表現しているそうです。

シュレディンガーのネコという実験は、この「重ね合わせの状態」を私たちの世界に拡大して同様に例示したもので…。

って、簡単に説明しても簡単には理解しづらいですね。

はい、もちろん、書いている私も、分かりやすく伝えられていない自信があります(^_^;;。

まぁ、話を戻すと、こういった「なんだか良く分からない科学の現象に新しい規則性を見つけよう」といった辺りに興味を持っている方には理工学部はお勧めです、というコンセプトのポスターなのでした。

さて、このポスターにも記されているように、岩手大学のオープンキャンパスは8月と10月に開催されます。
他の学部も見学できますので、是非、足を運んでみてください。

■岩手大学オープンキャンパス
 http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/campus/open_campus.html

研究が進む場面を垣間見ました

2017.05.30

ここ数週間のところで、理工学部キャンパスを歩いていると

ファイル 2498-1.jpg

こんな様子を目にする方が多かったかと思います。
パイロンとか脚立とか、

ファイル 2498-2.jpg

チョークで引いた線上を移動する台車とその上の何かとか。

果たして、これは?

皆さん集まって相談しているところに突入して伺った結果

ファイル 2498-3.jpg

理工学部教授 本間先生の研究室で行っている「次世代無線通信の実験」とのことでした。
ポールで囲われた内側が基地局の役割、台車で移動させている部分が受信装置のようですが、こんなに大きいの?!と少々ビックリ(^_^;;。
でも、こういった実証実験から開発が始まり、最終的に商品になる際には非常に小さな機械になって我々の手元に来ることを考えると、ここが第一歩なんだなぁと。とても感慨深いです。

ファイル 2498-4.jpg

実験している皆さんは、受信装置を移動させながらアレコレディスカッションしている模様。良いですね、こういう場面!。

今年度末までのプロジェクトということで、この後の成果も要注目です。追ってまた取材させてください(^^)。

実験中、お邪魔しました~!

サスカチュワン大学の教授によるレクチャーですよ

2017.02.20

今日・明日と行われる集中講義。
講師を務められるのは、カナダのサスカチュワン大学から来られたChary Rangacharyulu先生です。

Chary先生、2/9(木)は学生・教職員・一般の方々を対象にセミナーを開催してくださいましたが、今日・明日は大学院生を主対象にした専門的な講義を開講してくださるそうです。

ファイル 2427-1.jpg

Chary先生は世界中の加速器や放射光の建設に携わってこられているそうで、そういった意味で、この講義では加速器や放射光の基礎から応用まで、そして、ところどころILCの話題も含めた内容となるとのこと。7つのセクションに分けた講義は全て英語で、かなりインターナショナル!です。

ファイル 2427-2.jpg

学生に語りかけるChary先生。

ファイル 2427-3.jpg

ワタシもそのうちの1セクションの講義を受講させていただきましたが、卒業してからしばらく経つため、何というか、講義自体がとっても新鮮!黒板を使って説明される内容も、それをノートに取るのも、全てが久しぶりの時間で、とても刺激を受けました。

ファイル 2427-4.jpg

学生さん達も内容を理解するために集中して聞いている模様。
彼らは専門性を持って受講しているので、数式についても全く問題なく理解している様子でした。
そして、数式って世界共通なのね…と改めて実感したりして。

学内で国際的な講義を体験してみたい方がおられましたら、ぜひぜひ!今がチャンスです!(^^)。

追伸。

ファイル 2427-5.jpg

だから、埋もれちゃうってば。

職員も日々勉強、なのです…

2017.02.02

これまでも
 「岩手大学でもグローバル化が進んでいますよ」
と何度かご紹介してきましたが、海外からの留学生・研究者が増加すると必須になるのが「語学力」。そういった方々の窓口となる職員さん達にとって、特に英語を用いたコミュニケーションは重要になってくるかと思います。

ただ、語学力というのは「習ったらすぐに使えるか?」というと…皆さんご存知の通り、そうではありませんよね(^_^;;。特に「こんなシチュエーションの時はどう話したら良いのか?」ということが分からないと、緊張する気持ちが先走って冷静な対応を取りづらいことがあったりしませんか?

そんな場面を解消しましょう!と、今日、職員を対象にした語学研修が

ファイル 2415-1.jpg

開催されました。講師はグローバル教育センターのBrannen William先生。場所は「多文化多言語交流スペース【Global Village】」。学生センターB棟の1階です。

ファイル 2415-2.jpg

全て英語で構成された2時間は、我々が苦手とする発音(pronunciation)の発声方法であったり、言葉以外のコミュニケーションがとりづらい環境(例えば電話対応)でのコツ(Tips)であったりが盛り込んである、非常に楽しい内容でした。

ファイル 2415-3.jpg

対話形式で進むことで、自然と頭の中で「コミュニケーション」を
重視した会話を意識するようになったり

ファイル 2415-4.jpg

他の受講者の語学力に改めて刺激を受けたり。

ファイル 2415-5.jpg

集中して聞き取り、考え、話そうとする2時間を過ごし終わった後、気が付いたら英語で考えようとしている自分がいたりして(^^)。
そして、受講生全員が女性であったことも、なんか面白く感じました。

この研修は明日も開催されます。明日受講される方々、楽しみにしてくださいね(^^)。William先生、ありがとうございました!

■岩手大学グローバルビレッジ(多言語多文化交流空間)
 学生センターB棟1階国際課横
 http://iuic.iwate-u.ac.jp/global/global_05/g_05_02.html

透視能力者に 俺はなる!

2016.11.04

どこかで聞いたようなタイトルで始まりましたが、あるモノを透かして視てみよう!
というプロジェクトが某所でスタートしました。

さてそのあるモノとは

「山」

果たして山をモノとして扱っていいのか悩ましいですが、とにかく山を透かして視て、内部構造を知ろう、というプロジェクトです。

簡単に言うと、山のレントゲン。
X線が宇宙線になって、骨が溶岩で、肉が火山灰、的な?

ということで、10月のある晴れた日、お隣滝沢市にある、岩手山青少年交流の家の裏庭に運び込まれたプレハブ1棟。

宇宙から降り注ぎ、偶然岩手山とプレハブに設置された観測装置を貫く宇宙線を観測することになるので、方向に気をつけながらの慎重な設置になりました。
ファイル 2358-1.jpg

プレハブの中は3畳程度の広さでしょうか。
その左右の壁に、ケーブルがビッシリ繋がった板状の装置が設置されていて、これが観測装置だそうです。
ファイル 2358-2.jpg
ファイル 2358-3.jpg

この小さな空間で、エアコン2基体制が取られているわけなんですが、
ファイル 2358-4.jpg
これからこの場所で、暑い日も寒い日も、晴れの日も雨の日も、365日24時間体制で宇宙線待ち続けるわけですので、自然環境の変化に耐えるためには必要な設備といえるでしょう。

あ、もちろん機器用ですよ。
人は常駐しませんよ。
「月いくらもらえるなら常駐する?」なんて言って笑ってましたが、謹んでお断りさせていただきました。
(そのうち私の更新がなくなったら、よっぽどのオファーがあったものとお察しください)

この観測システム、設置したその日のうちにシステムの立ち上げまで済ませたそうで、その日から順調にデータが蓄積され、今では山の輪郭が確認できているとか。
この先山の中の姿がどこまで露わになるのか、そのデータがどういう形で活用されるのか、展開が楽しみです。

ページ移動