記事一覧

朝方、北水の池にて。

2018.06.05

今朝。
少し早く大学に着いたこともあって、
早朝の北水の池を眺めに行きました。
ファイル 2752-1.jpg
今年もスイレンが花を咲かせ始めています。
ファイル 2752-2.jpg


さて。
せっかく朝早くに来たことですし、
久々にザリガニでも探してみるかと、
池の中を覗き込むと…
ファイル 2752-3.jpg
いるいる…。
ファイル 2752-4.jpg
目も合う…。


一昨年ぐらいからでしょうか。
ザリガニいないかなぁ、と思って
北水の池付近を通る時に
ふらっと池を覗くことはあったものの、
そこはさすがに仕事中。

池の中の様子に目を凝らし、
じっくり捜索を行うのは憚られまして。
2年程ザリガニを目にすることができずにおりました。


が。
今回は気兼ねなく捜索いたしました結果、
ようやくザリガニとの対面を果たすことができました。


前にも本ブログに書いたようにも思いますが、
実は幼い頃からの憧れ生き物、ザリガニ。

憧れの存在と久々の対面を果たしまして、
心弾む素晴らしいスタートを切って
絶好調かに思えた本日でしたが…。
ファイル 2752-5.jpg
北水の池周辺には沢山の…沢山のカモガヤがはびこってもおり…。
ザリガニ捜索直後から、
鼻と目が最悪の状態に陥っておりますので、
プラマイゼロで至って普通の日となった
本日でありました…。

(僕の)目と鼻の先の隠れた名所

2018.05.30

山吹さんも
カモガヤ花粉にやられているとは知りませんでした。
田植えの実習とか……大丈夫ですか?


さてさて、
先日お伝えしたイエローカードが
ファイル 2748-1.jpg
悲しくレッドカードに切り替わった今日この頃、
キャンパスの様子を写真に撮ろうと
図書館の職員通用口を出てカメラを構えたところ、
ファイル 2748-2.jpg
画面真ん中から少し左あたりに違和感がありました。
全く予想していなかった色が見える…。

少し拡大してみますと…。
ファイル 2748-3.jpg
人文社会科学部2号館の裏側で何かが咲いています。


ということで、
通用口から歩いて…もうね20秒ほど。
目と鼻の先とはまさにこのこと、
ぐらいの距離に
ファイル 2748-4.jpg
おぉ…咲いている…。
…これは…えぇと…アヤメかしら。
ファイル 2748-5.jpg
…カキツバタではないですよね、湿地じゃないし。


こんなに近くで、
こんなに沢山咲いていたのに、
今日まで全く、ホントに全く気付かなかったなぁ…。
学内の隠れた(隠れてない?)名所が目と鼻の先にあるとは。

だがしかし。
花の見ごろは過ぎてるみたい…。
迂闊だったなぁ…。

…あれかな、この時期、
花粉症で目も鼻も絶不調だから…。
だから今まで気づけなかったのかな…。

来年は見逃さないようにしなくちゃな…。
カモガヤ花粉に負けてられないなぁ…。

ゴールデンウィーク明けの構内より

2018.05.08

ゴールデンウィークが終わりまして、
「ポロシャツ出勤だ!」と張り切っていたのに、
ここ数日の寒さに怖気づきまして、
クールビズへの完全移行を果たせていない紺Bloggerでございます。

以前より寒さ弱い体になった気がいたします…。
汗っかきなのは変わらないのに…。


さて、気を取り直しまして。
例年のことながら桜の時期を終えた構内では、
沢山のツツジが見ごろを迎えようとしています。
ファイル 2732-1.jpg
毎年、無意識にツツジの写真を撮影して、
本ブログへも掲載していたんですが、
最近になって、やっと、
自分がツツジの花が大好きなんだと気づきまして。
ファイル 2732-2.jpg
構内の至るところにツツジの花が咲いている本学は、
僕にとっちゃあホント素晴らしい場所だったりします。

もうね、自分でも育てようと思ってます、ツツジ。


さてさて。
ツツジ栽培を実行に移そうとしている僕ですが、
もう一つ気になっている植物を構内で見つけました。
ファイル 2732-3.jpg
クマガイソウです。
素敵なんですよ…このフォルム…。
ランの仲間ということなんですが、
なんでこんな形になったんだろう、と、
初めて見つけた時はつい見入ってしまいました。


ランも愛好家が多い植物ということは知っておりまして、
これまで「なんでかなぁ」と思っていたんですが、
こちらも最近になって、
やっと魅力に気づき始めて参りました。


ツツジもランも、
自分で育てて咲かせることができたら、
そりゃあ嬉しいんだろうなぁ、と…。

新たな趣味に目覚めつつある今日この頃です。

気になる今年のスイセン事情

2018.04.13

昨日から前期が始まりまして、
キャンパスも賑わって参りました。
ファイル 2719-1.jpg
お昼休みの中央食堂前はこんな様子。
1年生の皆さんは初めての大学の講義に
ドキドキだったりするんですかねぇ~。

ちなみに僕が初めて受けた大学の講義は
ネイティブの先生によるフランス語の講義でしたねぇ。

何を言っているのか一切わからず、聞き取れず…。
教科書もフランス語だったので読むことできず…。
入学早々途方に暮れたのも今となってはいい思い出です。


さて。
昨年、「ニラか?」と思った時から気になっている、
ミュージアム周辺のスイセン事情。
ファイル 2719-2.jpg
今年も開花の時期を迎えています。
もうすぐ遊歩道沿いをきれいに彩ってくれることでしょう。
ただ、何度でも言いますがニラじゃないですからね。
ニラと違って食べられないですからね!

しかし、去年も思いましたが、
ファイル 2719-3.jpg
ファイル 2719-4.jpg
年々、植物園内のスイセンが増えている気がします。
気のせいかなぁ…。
ちゃんと写真に残して来年も確認しないとなぁ…。
スイセンだらけになっちゃうのも考え物ですし…。


そういえば!!
今日、植物園でザゼンソウを見つけました!
北水の池の隣にある南築山の麓にひっそりありました!!
ファイル 2719-5.jpg
ある、あるとは聞いていたものの、
園内では実際に目にしたことが無かったので
凄く嬉しい!

ミュージアム本館内にもザゼンソウ関連の研究の展示があるので、
そちらの展示と併せてご覧いただければと思っております。


桜の開花も近づいていますし、
気持ちのいい季節ですねぇ。

いよいよ内部へ

2018.04.09

昨日、今日と久々に降った雪で
咲き始めた梅の花がどうなるのか心配だったんですが、
ファイル 2715-1.jpg
梅の香りをしっかり感じられるぐらいに
開花が進んできましたねー。


さて、焦らしに焦らしてきた、
某倉庫の内部。
いよいよご紹介を始めたいと思います。
ファイル 2715-2.jpg
固く閉じられた扉を開けると…
ファイル 2715-3.jpg
数体の馬の骨格標本が目に入ります。
過去に実習で作製されたもののようです。

室内整理のために協力してもらった職員等、
初めて館内の様子を見る方にとっては、
まとまった数の馬の骨格標本を見る機会はあまり無いようで、
結構驚かれるんですが…。
もはや見慣れてしまい、
感動を忘れてしまった自分が悲しくなります。


1階壁面には、
昭和9年の凶作の際に県内各地から集められた
イネの標本が並びます。
ファイル 2715-4.jpg
盛岡高等農林学校での凶作に関する研究については、
農業教育資料館でも様々な資料をご覧いただけますが、
こうした資料も学内には残されております。


また、こちらは
以前にミュージアムでの企画展で紹介されたものですが、
近代和風建築模型です。
ファイル 2715-5.jpg
なお、洋式木造建築の模型も残っています。


倉庫1階部分に残る資料の一部を紹介してみました。
次回以降は2階の資料や、建物内部の様子、
また今回ご紹介した資料の詳細などをご紹介できればと思っております。

記事にまとめるまでに、
少し時間がかかる内容の時もあるかもしれませんので、
のんびりお待ちいただければ幸いです。

引き続き何卒よろしくお願いいたします~。

ページ移動