◆概要

沿革

 教育推進機構は、2014年に大学教育総合センター、国際交流センターの各機能のうち、教育に関することを併せて、岩手大学の教育全体を推進するために設置されました。

 大学教育センターは、岩手大学が法人化した2004年に、①全学共通教育の企画・実施、②組織的な教育改善(FD)、③専門教育間の連携、の3つについて、企画力や継続性を高め、「教養教育と専門教育との調和」という第一期の目標を達成するために設置されました。

 2006年には、上記の目的に加え、「入り口(入試)から出口(卒業、就職・進学)までの一貫したシステムの構築」という理念の下、入試、学生支援、キャリア支援の各部門を加えて拡充・総合化し、大学教育総合センターとなりました。

 2014年には、教育システムのグローバル化を目指し、入学した学生をどのように教育するシステムを構築するかを考えられるよう、国際交流センターの教育部門を加えた新たな5部門体制の組織として改組され、2015年には全学共通教育部門を発展させた「教養教育センター」及び国際教育部門を発展させた「グローバル教育センター」を設置し、今に至ります。

目標

 教育推進機構は、岩手大学が第二期中期目標に掲げた「質を保証する教育プログラムの展開」と「幅広い教養と深い専門性を備え、持続可能な共生社会の形成に寄与する人材」の育成に部門間の連携を密にして取り組みました。さらに、第三期の中期目標、中期計画の策定においては、グローバル化への対応を視野にいれた教育システム、教育プログラムのあり方について検討し、推進しています。

具体的には、以下の項目について取り組みます。

  • ・教養教育の充実とともに、専門教育との連携を図る。
  • ・組織的な教育改善(FD)を推進し、組織としての教育力向上を目指す。
  • ・グローバル化に対応した教育を検討する。
  • ・学生の修学支援や正課外活動の支援を行う。
  • ・学生のキャリア形成に向けて、キャリア教育やキャリア支援を行う。
  • ・大学教育・学生支援等に関する情報収集と調査研究を行う。