記事一覧

3月は別れの季節

2018.03.30

今日で今年度が終わりますね。
来週からは新年度。

そんな今日。

学内では、あちらこちらで離任式が行われていました。

ファイル 2709-1.jpg

ここは理工学部。
多くの方が集まった先には

ファイル 2709-2.jpg

送られる皆様が。

定年をお迎えになった方、他大学へ移動される方、新しいチャレンジをされる方などなど、今日を節目に新たな生活へと向かわれます。

学部長からの「贈る言葉」。
その後の

ファイル 2709-3.jpg

花束贈呈。
これまでの感謝が込められている分、ずっしり感じられたのではないでしょうか?

ファイル 2709-4.jpg

記念に撮影した写真には太陽の光が優しく入り込んで、皆さんの旅立ちを応援しているかのよう。

今日までの日々。
ありがとうございました。
お世話になりました。

門出を祝う その7

2018.03.23

さらに所変わって、教育学部構内では、各コースの学位記授与式が行われていました。
さて、どこに突撃しようかなー、と廊下を歩いていたところ、響いてくるきれいな歌声。
こちら、教育学実践サブコースの卒業式では、後輩からでしょうか、歌のプレゼントが贈られていました。
ファイル 2704-1.jpg
コース全体の仲の良さが伝わってきますね。

玄関前では恒例の写真撮影会。
とある研究室の集合写真の時にお声がけしてみたところ、
「じゃあ研究室関係なく、写りたい人入れー」
と、途端にファインダーが賑やかに。
ファイル 2704-2.jpg
皆さん、素敵な笑顔です。
 
 
4月から就職する人、さらなる勉学に励む人、他にも様々な道に進む人と、それぞれ別々の道を歩んでいくことになりますが、岩手大学で過ごした時間が、皆様の今後の糧になることを祈っております。

本日はおめでとうございました。

門出を祝う その6

2018.03.23

またまた所変わって今度は中央食堂。
例年同様こちらでは、人文社会科学部の謝恩会が開催されております。

乾杯の挨拶とともに、そこここのテーブルで会話の花が開きます。
ファイル 2703-1.jpg

会場が程よくこなれた辺りで、「大学のブログに載ってみませんか?」と声をかけたところ、皆さん快く応じて下さいました

折角のお祝いごとという事で、がんちゃん印のお酒を持って。
ファイル 2703-2.jpg
ファイル 2703-3.jpg

こちらの男性陣は、先生と一緒に。
ファイル 2703-4.jpg

こちらのメンバーのお一方とは面識があったもんで、お声がけいただきました。
ありがとー。
ファイル 2703-5.jpg

門出を祝う その5

2018.03.23

所変わってこちらは学位記授与式の会場になります。
ファイル 2702-1.jpg
学生生活の集大成ともいうべき修了・卒業研究をご指導してくださった先生から、一人ひとりに学位記が授与されます。

会場には御父母席も用意され、子供の晴れ姿をご覧になりにいらした方々の姿も見えました。
ファイル 2702-2.jpg
卒業生は勿論のことですが、今までお育てになられてたご父母の皆様におかれましても、おめでたい日となったことかと思います。

桃さんも書いてましたが、今日はとても風が強く、校門の国旗・校旗が力強くはためいています。
ファイル 2702-3.jpg
これからの皆さんの追い風となりますように。

門出を祝う その4

2018.03.23

ファイル 2701-1.jpg

卒業式・終了式が終わり、
皆さん続々と学内に戻ってまいりまして@農学部。

ファイル 2701-2.jpg
あらー!
綺麗だこと!

…と思わず「近所のおばちゃん」みたいな声が出てしまいます。

(ついでに方言も出てしまいます)

特に理工学部や農学部の学生さんとは
実験実習の作業用の服装でお会いすることが多いもので…。

毎年ながらこの卒業式の日はその普段見かける姿とのギャップで
より華やかに見えるような気がします。

というわけで学位記授与式もちょっとだけ。

ファイル 2701-3.jpg

ファイル 2701-4.jpg

いいないいなー!

ほんの4年前は、高校を卒業してまだあどけなさが残る
10代だった皆さんも、
気が付けば20代、4月からは社会人、
年齢だけでなく、正真正銘の大人です。

後期の合格発表も過ぎ、いよいよ4月に入学を控えた皆さん。
これから過ごす4年間で、こんなにも成長できてしまうんですよ。
道中、それなりの試練や悩みもいくらかあることとは思いますが、
きっと大丈夫。
4年後の今の皆さんも必ずこうなっていますよ!

ファイル 2701-5.jpg

ご卒業・修了される皆様、ご家族の皆様
あらためまして、この度はおめでとうございます。
こんな風に笑って記念撮影ができるような仲間、
卒業した後も大切にしてくださいね。

ページ移動