記事一覧

盛岡の夏

2017.08.04

やー。さんさ踊り。
ファイル 2546-1.jpg
ご存知盛岡の夏の風物詩ですねー。

今日4日が最終日。
本学教育学部付属幼稚園の皆さんや、
本学OB・OGの皆さんは今日がパレードのよう。
皆さん頑張って下さいね!


さて。
その「さんさ踊り」。
本学は昨日がパレードでありました。

でね。
見てきましたよ、岩大さんさ。
ファイル 2546-2.jpg
……わたくし、
かつて、さんさ踊りのことを記事にしたりなんかして、
あたかも毎年見てますよ、的な感じなんですが…。
実は……出たことはあっても、
生で見たことは一度もありませんでした、岩大さんさ。
今回初めて生で見まして。
ファイル 2546-3.jpg
いやー。
半ば手前味噌的な感想で恐縮なんですが…。
感動してまいりましたわー。


あくまで僕個人の感想ですが、
様々な団体がいる中で、岩大さんさのパレードは、
涼やかに流れる川のような、そんな風に見えました。

浴衣の色が水色だから、
っていうのもあるんでしょうけど…。
ファイル 2546-4.jpg
でも、それだけではなく、
踊りの滑らかさとか、列の揃い方とかが
本当にきれいで…。
ファイル 2546-5.jpg
夏の暑さをしばし忘れて見入ってしまう、
清らかな水面のような、とでも言いますか…。

当初、沿道を歩きながらパレードについていこうかな、
と思っていたんですが、
つい立ち止まってしまって、
すっかり魅せられてしまいました…。
いいものを見たなぁ…。


様々な団体がおり、
それぞれにカラー、魅力がある「さんさ踊り」の中で、
岩大っていうのは、こういう団体だったんだなぁ、と。
初めての参加から10年程経って、ようやく知った夏でした。

あ、これ、あくまで僕の感想ですので、
全く別の感想を持つ方も当然いらっしゃると思います。
踊ってる皆さんが目指すものが、
僕の感じたものだとも限りませんし。

ただ、味わい方、感じ方はそれぞれなのだと思いますので、
「あぁ、紺はそう思ったんだな」
程度に読んでもらえたらと思いますー。

やー。見に行って良かったー。
参加した皆さんお疲れ様でしたー!

さんさ当日、首尾も上々

2017.08.03

さ、少し間を置いて、再度着付け受付に顔を出してみました。
ファイル 2545-1.jpg
おお、受付スタッフも浴衣だ!
そりゃ参加者で担うってことは、そうなりますよね。
がんばれー。

先ほどの特設掲示板の前には、着付けを終えた参加者が二人。
ファイル 2545-2.jpg
気になったのは、お腹に抱えた大荷物。

でもそれもそのはず、浴衣に着替える前の普段着一式がまるまる入っているわけですから。
そのカバンを前にしているのは、普通に後ろに背負うと、せっかくの帯が崩れてしまうから。
これからお腹と手の荷物を何処かに置き、髪を飾ってもらいに行き、諸々の準備を整えてから、大学出発となります。
がんばれー。

そうそう、さんさ踊り参加者といえば、昨年桃ブロガーさんにキョウイチの衝撃をもたらした彼

健在です。
ファイル 2545-3.jpg
もちろんこの一年通しで、健在です。
このヘアスタイルの維持にもいろいろ苦労は有るかと思いますが、とりあえず、
がんばれー。

かくいう私も浴衣姿で準備万端。
ファイル 2545-4.jpg
がんばりまーす。

出場日時:平成29年8月3日(木)19:38発(第6集団)
ですよー。
 
 
第40回盛岡さんさ踊り 岩大チームの出場
http://www.iwate-u.ac.jp/event/event201708.shtml#3332

さんさ当日、準備も着々

2017.08.03

8月3日。
そう、以前からお伝えしておりましたとおり、今日は盛岡さんさ踊り3日目、我々岩手大学の出場当日となりました。

学内では、学生センターA棟に「岩手大学まちづくりサークル NPCN」作成による、さんさ特設掲示板ができていたりして、
ファイル 2544-1.jpg
さんさ踊りへのワクワク感を高めてくれていますが、今日その場に設営されていたのは、さんさ踊り参加者の皆さんの浴衣着付け受付です。
ファイル 2544-2.jpg
氏名を確認し、割り当ての浴衣を探し、お渡しする受付ですが、ここで受付をしている人も学生さん、名簿を確認しているのも学生さん、浴衣を探しているのも学生さん。
さんさ踊りの説明会の際にも触れましたが、今年からこうした運営に関する作業も学生さんが主体となって動いてもらっています。
なので、浴衣関連だけでも、在庫確認からサイズ確認、身長に応じた割り振りに袋詰め、着付けスケジューリング、クリーニングの手配に着替え場所などなど、実に様々な作業を経て、この受付に至っています。
担当された皆さん、本当にご苦労様です。

ということで、着付けには順番があり、でも参加者、特に女性陣は浴衣に合わせて華やかにする準備もあり、その結果、時間帯によってはこのように
ファイル 2544-3.jpg
本番仕様の髪型に、普段着
という方の姿もチラホラ見受けられます。
彼女らもそろそろ着替えた頃でしょうか。

本番に向けた準備、着々と進んでいますよー。
 
 
第40回盛岡さんさ踊り 岩大チームの出場
http://www.iwate-u.ac.jp/event/event201708.shtml#3332

仕上げの時期

2017.07.25

7月も末のこの時期になりますと、前期の講義の総仕上げともいうべき期末試験が本格化し始め、空き教室やら、食堂やら、それこそ図書館やらでノートを広げる学生さんたちの姿を目にすることが多くなってきます。

と同時に、いよいよ9日後の8月3日に本番を迎える岩手大学さんさ踊りの皆さんも、総仕上げに時期に入ってまいりました。

昨日は、太鼓・笛・踊りが一緒に練習を行う総練習の1回目。
この3パートが揃って練習を行うことができるのは、全2回の総練習だけ。
貴重な機会ということで、練習にも熱が入ります。

まずは肩慣らし、準備運動の意味も込めて、輪踊りの練習から。
ファイル 2537-1.jpg
やはり本番が間近に迫っていることや、全パートが揃っていることによるのでしょうか、心なしか皆さんのテンションが高めに感じます。

続いて、太鼓が体育館両サイドで伴奏をし、踊り・笛パートの皆さんのパレード練習が始まりました。
ファイル 2537-2.jpg
さんさ踊りは、踊り手さんたちが隊列を組んで踊る、いわゆる群舞ですから、隊列の整いっぷりと言うのも、その団体の完成度を示す大事な指標となります。
しかも、本番は盛岡市の中央通り。
体育館のように、まっすぐでもなければ、床のラインもない。
ここで列が合わせられなくて、本番どうするんだ!
的な、厳しい檄も飛びます。

そんな練習を踏まえて、最後は全パートでのパレード練習となります。
ファイル 2537-3.jpg
最初にも書きましたが、3パートが揃って練習するのは、今年はこの日が初めて。
てことは、
太鼓は、踊り・笛の伴奏役として叩くのが、初めて。
踊りは、太鼓・笛の生演奏に合わせて踊るのが、初めて。
笛は、太鼓・踊りの人数に音色を届けるのが、初めて。

昨日は、そんな初めてづくしの練習になりました。

岩大さんさフリーク(居るのか?)の方ならお気づきかもしれませんが、今年の岩手大学の隊列は、かなりコンパクトになっています。
その分だけ、本番で見に来てくださった皆様には、少数精鋭のキレのあるパレードを披露できるよう、一生懸命に練習に臨んでいました。
その成果は、8月3日のパレード当日、会場へ足をお運びいただき、ぜひその目でお確かめ下さい!

8月3日(木)です!

2017.06.30

8月3日(木)に決まりました!!

さて、いきなりの日付告知から始まりましたが、今年の盛岡さんさ踊り、岩手大学の出場日が8月3日に決まりました。

それを受けまして、学内のさんさ踊り掲示板でも、参加日を知らせるポスターとか、当日の着付けの際に準備しておかねばならぬ物の掲示
ファイル 2521-1.jpg
とか、本番に向けた周知が続々と出始めました。

今日で6月も終わり。
5月末から始まったさんさ踊りの練習も、カレンダー的には折り返し地点を迎えました。
ここから大学生の若さと情熱で、グングン上達する皆さんの練習の成果を、さんさ踊り当日に披露してくれると期待しております。
皆様もぜひ、会場へ足をお運び下さい!
 
 
岩手大学 さんさ踊りパレード出場日
8月3日(木)第6集団
(午後7時38分頃スタート)
ですよー

ページ移動