記事一覧

実験

2018.02.14

さて、いつもながら突然ですが、
こちらの写真をご覧ください。
ファイル 2672-1.jpg
ファイル 2672-2.jpg
これ、なんだかわかりますか?


チッチッチッチ…。
チッチッチッチ…。
チッチッチッチ…。
……はい。




ということで正解はですねー。
ファイル 2672-3.jpg
蝶の昆虫標本の羽のアップでした!
正解した方、おめでとうございます!
正解しても特に何もありませんが!
チョコでもお贈りできれば良かったんですが!
すみません!


と、なんでこんな写真を出したかといいますと、
先日、他色Bloggerの皆さんとやりとりしていた際、
スマートフォンのカメラ部分に後付けするレンズの話になりまして。
聞けば望遠や広角、魚眼、マクロなど様々あるよ、と。


で、僕、本ブログに掲載する写真についても、
最近はスマートフォンで撮影することが多いので、
特に広角レンズとマクロレンズに興味がありますねー、
という話をしましたところ、
なんと桃色先輩が所持品を貸してくれたんですねー。


そして
「まずは使ってみねば!」と、
ミュージアムの昆虫標本を
標本箱のガラス越しに撮ってみたのが
冒頭の写真というわけでして。

後付けレンズを使わないと
ファイル 2672-4.jpg
この程度までしか近寄れないことを考えると、
エキスに載せる写真を撮る上でも、
色々面白い使い方ができるかもしれません
(借りっぱなしにならないように気をつけねば、ですが…)。
もう少し、色々試してみたいと思います…。ふふふ…。


しかし、こんな日に。
ファイル 2672-5.jpg
ウォーキングシューズで通勤しちゃって、
どうしよう…。

まさに「晴れ」舞台

2018.02.13

春の季語に「山笑う」という言葉がありますが、

ファイル 2671-1.jpg

本来の意味と合っているかどうかはさておき、
こんな風にすっきり晴れた空にくっきり山が見えると
気持ちも上向きになるような気がします。

さて、暦では3連休が明けた、ちょっとエンジンかかりにくい火曜日ですが、
農学部では

ファイル 2671-2.jpg

朝から修士論文発表会が行われています。

写真はありませんが、
朝からビシッとスーツを着た学生さんが
あわただしく廊下を行き来しておりました。

朝9時から発表会開始ということは、
おそらく早い人は何時間も前から出てきて
最後のチェックやリハーサルなどしているはず。

発表する皆さんにおいては修士課程2年間の集大成、
さらには学部から数えれば
学部4年+修士2年=6年間の集大成なわけですから
相当緊張もするだろうなぁと…。

いちど学部を卒業する時に卒論発表を経験している分、
慣れているのかもしれませんが…。

三連休あってもそれほど心は休まりきれなかったのでは、
と心配にもなっちゃいます。

ファイル 2671-3.jpg

会場は出入り口だけでも既に激混み。

それもそのはず、
課程じゅうの先生方がずらりと集まり、
学部生の皆さん(特に卒論発表をひかえた4年生の方)
もずらりと集まるわけです。

集大成だから、とはいえ
長い学生生活の中でというかむしろ人生で
これほど緊張するであろうシチュエーションは
そうめったにないのでは。

でも、これを乗り切れば、あとは卒業式や次の進路に向けての準備、
あとそれまで少しの間は本当に自由な時間が待っているはず。

そしてこの記事が読まれている頃は、
もう発表会は終わり、
おそらく皆さん肩の荷が下りて楽しい打ち上げの最中でしょう。

発表した皆さん、本当にお疲れ様でした。
めいっぱい羽を伸ばして次のステップに備えてくださいね!

そしていよいよ迫るは学部の卒論発表会。
こちらの皆さんも、あと少しで肩の荷が下りるはず!
健闘を祈ります!

インフルエンザにご注意を

2018.02.09

相変わらず朝晩の寒さが厳しいですね。

こうも朝晩冷えると日中溶けた雪がまた凍ってしまって、歩くのが怖い…。恐る恐る歩く後姿を見かけても、温かく見守ってほしいと思う今日この頃です。

ところで。
怖いといえば、現在大流行のインフルエンザも忘れてはいけません。
「流行レベルマップというのがある」と聞きつけたので、さっそく検索してみたら…なんとっ!

ファイル 2670-1.jpg

 #画像は、国立感染症研究所ホームページで公開されている情報のキャプチャになります。

全部真っ赤!全国的に警報が出ているということになります。

期末試験や修論・卒論発表会など、学生さんにとって重要なイベントが目白押しのこの時期。
受験生のみなさんだって個別試験を控えておられますし、ここでインフルエンザにかかってられませんよね。

岩手大学保健管理センターの情報によると、インフルエンザは予防が肝心とのこと。
予防六か条というのがあるようで、

 1.水分をこまめに取る
 2.手洗い・うがいをする
 3.栄養・睡眠を十分にとる
 4.人込みを避け、マスクをつける
 5.適度な温度・湿度を保つ
 6.1時間に1回は換気をする

だそうです。

ファイル 2670-2.jpg

今冬のインフルエンザ。A型もB型も流行っているとのことで、治ったと思ったら別の型にかかった(涙)という場合も稀にあるようです。みなさま、どうぞお気を付けください。

■国立感染症研究所 インフルエンザ流行レベルマップ
 https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-map.html

■岩手大学保健管理センター
 http://expiwjm.adm.iwate-u.ac.jp/gaku/hoken/index.html


===== 以下、メッセージを少々 =====
この度は、メッセージ・メール等でご心配・お気遣いをお寄せいただきありがとうございました。
今回、足回りに不具合(怪我)が生じましたが、お陰様で快方に向かっています。
いただいたメッセージが本当に励みとなりました。ありがとうございました。
そして、みなさまも、足回り…お気を付けくださいませ(^_^;;

試験フォーメーション

2018.02.08

先月末辺りに本格的な幕開けとなりました、H29年度後期末試験も終盤に差し掛かり、そろそろテスト勉強から開放された学生さんが出てくるころでしょうか。

さて、今期の試験の出来栄えはどうだったでしょう?
日頃の勉強の積み重ねの成果が遺憾なく発揮されたぜ!、とか、
張ったヤマが的中!これがポイントを押さえた勉強法ってやつ?とか、
神様仏様、どうか赤点だけは回避できますように・・・とか、
いろいろあるかと思いますが、そんな思いをすべてふっ飛ばしてしまう不正行為があります。

それが、カンニング。

学生が学ぶべき内容をしっかり修めているか、単位を与えるに相応しいかを計るこの試験において、カンニングはまさに最大級の不正行為に当たります。
なので発覚した場合のペナルティも大きく、当該科目だけでなく、その期のすべての単位が認められなくなります。

もちろん試験を実施する先生方としても、カンニング、若しくは疑わしい行為は取ってほしくないわけで、その対策の一つとしてなのでしょう、中にはこんな感じになっている教室がありました。

普段の教室は、こんな感じに机が並んでいます。
ファイル 2669-1.jpg
端から、1・2・2・2・2・1のフォーメーションですね。
この形で試験を行う場合、どうしても隣の人の回答が目に入ることが想定できてしまいます。
それを避けるためには、2列隣り合った机は片側しか使わない、という対策があるんですが、そうすると6列分の机しか使えず、人が収まりきらないという問題が発生します。

そこで編み出されたであろうフォーメーションがこちら。
ファイル 2669-2.jpg
1・3・1・1・3・1
このうち、3列横並びの真ん中を空席にしてやることで、すぐ隣に人がいる状態が0であるにも関わらず、使える机が8列になるという画期的フォーメーション!
工夫されてますね。

勿論このフォーメーションで試験をしたからといって、カンニングを疑ってかかっているわけではないですし、通常の並びだとしても、カンニング対策が不十分というわけではありません。
試験を受ける皆さんには、どんな状況であれ、実力を十分発揮して試験問題と向き合ってほしいなと思います。

これを役得…って言うんでしょうか…?

2018.02.07

こんにちは。紺Bloggerでございます。
連日、雪かきから始まる日が続いていますね。
ファイル 2668-1.jpg
「なんなんだよ…。今日もかよ…。」と、
日本海側では更に大変なことになっていることとは知りつつも、
つい不満を漏らしてしまう日があったりする今日この頃でありますが、
そんな日々の中でも嬉しいことというのはあるもので。


先週のことです。
某所で仕事の話をしている折、
ある同僚からとある情報をもらいました。


「農業教育資料館に門井さんが来るんですよ」


あまりに唐突で、想像し得ない内容だったことで、
何を言っているか理解できなかったんですが…。


「門井さん…?」「銀河鉄道の父の…?」「直木賞の…?」
「…うそっ!?マジで!?なんで!!?」
と、仕事の話だったはずなのに、
もうそれどころではなくなってしまいまして…。


詳しく話をきくと、
雑誌掲載する写真の撮影のため盛岡にいらっしゃる、と。
で、その撮影場所の一つで農業教育資料館にもいらっしゃる、と。

そして、僕、農業教育資料館でお仕事することもあるんで、
某同僚からは「門井さんが来館する時に資料館にいれば会えるんじゃない?」と。


ここから僕の葛藤が始まります。
「そうか!なんてラッキー!」
「でも、ホイホイ行ってお邪魔するわけにもいかないし…。」
どうしよう、どうしよう、どうしよう…。


で、当日。
某情報源から門井さんはお昼時間に来るらしいとの情報が届きます。
某情報源からは「行くんですよね?行くものと思ってますよ。」と、
なんとも悩ましい…背中を強く押してくれるような一言もいただきまして。
しかも時間は昼休み。席を離れても支障はない…。


ということで。
本学HPのニュース欄にございます
「第158回直木賞を受賞した門井慶喜さんが訪問されました」
このニュースに掲載している門井さん写真。
この写真を撮影している時、僕、後ろに見える農業教育資料館にいました。
(結論としては「行きました」ということであります…)。

門井さんには、
撮影に先立って館内を見学されている時に、
遠くからその様子を拝見させていただくことができました…。
初めて生で直木賞受賞作家さんにお会いすることができました…。

直接ご対応させていただく担当ではなかったんですが、
貴重な体験をさせてもらって、
今なおその嬉しさを噛みしめている日々を送っているわけであります…。


…すみません…その現場写真も無いにも関わらず、
嬉しさをただ爆発させただけの記事を書いてしまいました…。
すみません…すみません…。

しかし…嬉しいことって…あるもんですねぇ。

ページ移動