記事一覧

錦を見たい。

2017.11.16

以前、人名と関連のありそうな(こじつけた?)植物があるよーってなエントリーを書きましたが、今回はその続報です!

いやー、今週からいよいよ始まりましたね!
何がって、大相撲、平成29年度11月場所。
いわゆる「一年納めの九州場所」ってやつです。

いろいろ気になる力士も居るんですが、やはり一番は郷土出身力士の
「錦木関」。
今年は十両陥落からの十両優勝幕内復帰と、悲しいやら嬉しいやらの一年でしたが、今場所は東前頭15枚目。
幕内残留にほぼあとがない状態で迎えていますので、ぜひとも勝ち越しを決めて頂き、新しい年を幕内で迎えられるよう、学内でもこのように
ファイル 2617-1.jpg
名前を掲げて応援しております!

ということで、附属植物園を通ったら、ニシキギ(錦木、学名:Euonymus alatus)を発見しましたよ、というお話です。
錦木関のことは知っていましたが、ニシキギという木があることは、今回はじめて知りました。
さてこのニシキギ。
なぜ「錦の木」という名前を持っているのか?
気になるところです。

ちょっと調べてみますと、
「紅葉の美しさを錦に例えた名」
だそうです。
確かに写真のプレートにも
「語源は<紅葉>」
と書かれていますね。

その紅葉の美しさから、「世界三大広葉樹」に数えられているそうですよ。

で、その紅葉なんですが、今年は撮影のベストタイミングを逃してしまったようで、先日行ってみた時は、葉が殆ど落ちてしまっていました。
この木を発見した9月下旬の時点では、こんな感じ。
ファイル 2617-2.jpg
枝先の葉が色づき始めているのがわかります。

近づいてみると、
ファイル 2617-3.jpg
あー、たしかにこれは鮮やかな色!
錦を名に冠する、その片鱗が伺えます。

ここのニシキギの全力紅葉をお伝えする。
これは来年の宿題にしたいと思います。

そして願わくば、錦木関も、故郷に錦を飾る成績を収められますように。

続・石の土俵のこと

2017.11.15

以前、↓こんな記事を書いたことがありました。
植物園の片隅の謎と注意喚起
ミュージアム本館南側にある、
石でできた土俵状の「何か」についてです。


この後、
折に触れて学内の方や、
名誉教授の先生方に「これは何なんですか?」
と伺ってみたのですが、なかなかご存知の方がおらず…。


何かの植物の跡に作ったんじゃないか、
という推測をしつつ、
・そこまで古いものではない 
・かつてここには美しい庭があった
といった情報は得られたんですが、
そこから先がなかなか…。

素人考えで
こんな感じで↓木を囲んでたのかなぁ、
ファイル 2616-1.jpg
と想像するにとどまっておりました。


と、そんなことを考えていたら。
総合教育研究棟(教育系)の裏に
ファイル 2616-2.jpg
同じような土俵(?)を見つける…。

キャンパスマップで見ると、
下の画像の赤い丸の部分です。
ファイル 2616-3.jpg


同じようなものが2か所にあって、
もし、それぞれの場所に、
かつて共通した何かがあった形跡を見つけることができれば、
答えにたどり着けるかもしれないなぁ、と
高等農林時代の建物配置図で、
現在の自然観察園周辺を見てみたんですが
ファイル 2616-4.jpg
地図上では痕跡らしきものは見えず…。
円形の道が見えますが、
そことは若干ズレてる…気もする。


んー。まだ答えにたどり着けず。


…まぁ、学内のこと、
しかも、割に新しいらしい、ということで、
誰かに聞いたら「あぁ、あれはね○○なんだよ」
ってあっさり答えでちゃうのかもなぁ、
とは思いつつ…


一方で、答えにたどり着かない方が、
「もしかしたらまだ見つかるかも…!」
なんて考えたりできたりもして、
散策の楽しみがまた一つ増えるなぁ、と。
それはそれで嬉しいなぁ、
と思ったりする今日この頃です。

たかが管、されど管

2017.11.14

全国ニュースを見れば、
南や西の方では「紅葉が見ごろ」なんて聞こえてきていた今日この頃ですが。

ファイル 2615-1.jpg

昨日の「初氷観測」の知らせに続いて
そろそろ最高気温もひとケタ台に突入する日々が迫ってまいりました。

盛岡は紅葉は終盤、葉っぱは落ちて見事にじゅうたん状態。
これはこれで見ごたえがあるのですが。
(ぎんなん踏ん付けトラップも収束に向かっております)

ファイル 2615-2.jpg

農学部食堂と農業教育資料館をやや上からのアングルで。
なぜこんなアングルで見ることができるのかといいますと…

雪が降ってしまう前に少しでも、と今年もせっせとすすめているのが
屋上の機器類の点検。

先日も「見えないところで皆さんの安全のための取り組みがなされてます」と
お伝えしたところでしたね。

それにしてもイマドキの屋上って、安全のため?景観のため?なのか
けっこうガッチリ囲いがしてあるので
なかなか外側からは詳細が見えなかったりするんですよね。

ドラマ、アニメ、バラエティ番組なんかでよく見かけるイメージだと
学校や大学なんかの屋上といったら

「開放的、見晴らし良好、物静かで落ち着く」

こんな感じがしますが実際には

「大型機器や配管だらけ、柵が高くて何も見えない、常に機械音」

こんな感じだったりします。
ついでに普段は施錠されていて、出入りすることはできません。

でもその現実あってこそ、屋内での快適さと安全さが得られているわけですね。

それにしても屋上、地上より心なしか風が強いし冷たい気がします…。
日差しがあっても身体はどんどん冷えていくばかり。

ファイル 2615-3.jpg

さて、今回の患者さんはこちら。

実験用の排気装置のダクトが完全にはずれちゃってます…。
誰かがガムテープで修復を試みたと思われる箇所も…。

ファイル 2615-4.jpg

というわけで、外れていなくてもひび割れていたり、
近いうちに同じように外れたり割れたりしそうなところを含め、
業者の方が修繕してくれました。

ファイル 2615-5.jpg

常に外の雨風や日光にさらされているものたちなので、
修繕するにもいろいろと難しさや工夫があったようです。

素材の変形や劣化、他の部品の備付状況を見ながら、
とても丁寧に作業してくれていました。

たかが管、されど管とはいえ、
屋内の実験室でいろいろな実験や作業を行う皆さんの安全が
ここにかかっているわけで…。

当たり前といえば当たり前のことではあるのですが、
やっぱりプロの方の知識と判断と手技ってすごいなぁ、と
改めて感じました。

おかげでまた、安心して実験に取り組めますね。

こうして各方面からいろいろな人が
いろいろな施設の保守点検につとめていますが、

現場で実験・作業をする皆さんも、
この局所排気装置を含めいろいろな機械や装置を扱うにあたって

「普段と違う」「おかしい気がする」

そんな時には、面倒ですがどうか一度手を止めて
担当教員や場合によっては施設の管理者、
安全衛生管理室などしかるべきところへ
いち早くお知らせくださいね。

初氷の日は 晩秋か 初冬か...

2017.11.13

今朝,初氷を観測したと報じられた盛岡.
各色Bloggerが「寒い,今年は寒い!」と繰り返しお伝えしていたものの,初氷の観測は例年より17日遅く,昨年より13日遅いとのこと.
あれ?そうなの?と不思議な感覚でした.

そんな今日.
午後の授業が終わった頃のキャンパス内は

ファイル 2614-1.jpg

アウターを羽織った学生さん達で混雑気味です.
マフラー・ダウン・マスクと,すっかり冬支度.

ファイル 2614-2.jpg

木々の葉がハラハラと散る中,日向と日陰の気温差もはっきりと感じられるため,日向を選んで歩く学生さんが増えている気がします.

ファイル 2614-3.jpg

とはいえ,小春日和の今日.
日差しがやわらかいせいか,外を歩くみなさんの足取りも軽く,

ファイル 2614-4.jpg

ジャグリングの練習をしたり

ファイル 2614-5.jpg

こちらは陸上部の練習ですね.

岩手山も次第次第に白の面積が増えてます.

この辺りが真っ白に覆われるのも,もうすぐ.

時節柄のお知らせ

2017.11.10

今日の最低気温、2℃ですって。
いよいよ寒さが身に沁みる季節になってまいりました。

今日は、そんな季節を感じる告知物を探してみました。

まずは購買から、ビックリ!オドロキのこのポスター。
ファイル 2613-1.jpg
シャビィ(定価120円)、パピコ(定価130円)が50円!
ガリガリ君(定価70円)が30円!
なんと、半額以下でのご提供です。
年がら年中アイスを頬張りたいそこのアナタ!
このチャンスをお見逃しなく。

私は・・・遠慮しときます。
寒いし。
 
 
そんな寒さも楽しもう!
というウインタースポーツのための告知がこちら。
ファイル 2613-2.jpg
スキー、スノーボードのレンタルサービスもやってるそうですよ。
フルセット買っちゃうと高いし、そんなに何回も行けるかわからないし、オフシーズンの置き場にも困るし、、、
けど折角雪質上々の岩手にいるんだから、滑らないなんて勿体無い!とお思いのそこのアナタ!
ご利用してみては如何でしょうか?
11月1日から受付してるようですよ―。
 
 
さてその11月1日から始まったものといえば、そう、国際月間
今日は「ロッテンブルグ大学研修報告会」が、16時30分から農学部南講義棟4番講義室で開催されます。
留学に興味のある方は勿論のこと、私みたいに「ロッテンブルグってどこ?(正解:ドイツ)」って方も、行ってみれば興味深いお話が伺えるかもしれません。
また、国際課隣のフリースペースも、こんな感じで
ファイル 2613-3.jpg
皆様のお越しをお待ちしておりまーす。

ページ移動