記事一覧

「大丈夫!引っこ抜くだけ!」

2017.06.28

先日、桃先輩が坂を下っていった先の突き当たり
右にも左にも進まず、真正面にずずいっと分け入った先にあるのが、
一年生の「総合フィールド科学実習」で使う畑のある
「下台圃場」だったりします。

他にもたくさんの研究室でさまざまな研究や実験に使われている圃場です。

さてさて、そんなキャンパス敷地内にある圃場では、
先日一年生が大根とほうれん草を収穫しました。

ファイル 2519-1.jpg

じゃーん!
ご立派!

そしてみんなで引っこ抜きます。

(学生さんから「大根の収穫ってどうやればいいんですか!?」と尋ねられたりするのですが
タイトルの通りの回答です)

(決してダイコンの収穫や生育を知らないとかではなく、
「大学の授業だから、何かしら決められたやり方があるのではないか」
「勝手に自己流でやってはいけないのではないか」
という感覚からの質問のようです)


普段、これも含め実習の様子なんかをお伝えするときに
ほんの一部分だけの景色を切り取っているわけですが、
たまにはデジカメやスマホの便利な機能に頼ってみてもいいじゃない!
ということで。

ファイル 2519-2.jpg
ファイル 2519-3.jpg

パノラマモードを使って全体をぐるりと見渡してみました。

けっこうたくさんいるように見えますが、
半数ずつ隔週での実習なので受講者数はこのさらに倍なんですよ。

こうしてみるとちょっとだけお分かりいただけるのが、
この圃場、キャンパスと閑静な住宅地とに挟まれているんです。

同じキャンパスの敷地内でも正門やその近辺の交通量の多い通りとは
位置(方角)も雰囲気も真逆なこの圃場。

でも実習の時間だけは一度に100人近くもの人が入るわけなので、
ちょっとにぎやかになります。

ファイル 2519-4.jpg

パノラマ撮影に苦戦しているうちに、
皆さんは収穫物した野菜の分配に入ってました。

ファイル 2519-5.jpg

ダイコンの葉っぱもしっかり分別してます。
みそ汁なんかにいいですよね、ダイコンの葉。

一口に「大学一年生」といっても生活スタイルはさまざまです。
ですが、

実家、アパート、下宿。
自炊する人、しない人。
野菜好きな人、そうでもない人。

この辺の違いでだいたいの配分はおのずと決まってきます。

さて、6月も下旬になりまして、
この実習も残すところあと1か月と少々です。

いよいよ次の収穫はみんな大好きじゃがいもと枝豆!

(大根やほうれん草はおやつにはなかなかしづらい野菜ですからね…)
(料理と野菜が好きな人には好評なのですが…)

それまで、もうしばらく観察と管理(あと草取り)が続きます。

食べることがメインの目的ではないにせよ、
がんばってお世話したあかつきにごほうびがあるのは嬉しいですよね。

いよいよ暑くなってきましたが、こんな風に小さな楽しみを見つけつつ
ほどほどに張り切っていけたら良いなと想う今日この頃です。

この坂の向こうには何が?

2017.06.27

そう思っても「ま、次の機会にしよう」と、なかなか足を踏み入れない場所ってあちこちにあると思うのですが、今日のワタシは進んでみたいと思えたのです。

ファイル 2518-1.jpg

ここ。

正門から入ってきた通りの先にある駐車場の脇の道。
先が気になるも、下り坂になっていてイマイチ見えないし…。

というわけで、ずんずん進んでみることにしました。

最初に目に入ってきたのは

ファイル 2518-2.jpg

寒冷バイオフロンティア研究センターという看板が掲げられている建物。農学部7号館となっていますが…用事が無ければ来ることはほぼないかも(^_^;;。

さらに進むと

ファイル 2518-3.jpg

下る道と登る道の分岐点。
右側の先にあるのは、RI総合実験センターです。このセンターもいつか取材に伺いたいところの一つ。

でも、今日はそのまま下っていくことに。
すると、右側に続く道だけだと思っていた突き当りには

ファイル 2518-4.jpg

左側に進める道もあり、なんと

ファイル 2518-5.jpg

その奥には…柵?門?…なんじゃありゃ?!。

今日は時間が無くてそこまで行けませんでしたが、果たしてこの先にあるものは?!。

岩手大学のキャンパス、まだ謎がありそうです…。

名付けの難しさ

2017.06.26

先週の山吹さんのエントリーで、タイトルについて触れられていましたが、岩大エキスのように情報を発信する場において、タイトルというのはとても重要なものなわけです。

思いますに、タイトルに求められる条件としましては
 内容を端的に表し、見る人の興味関心を引き出すもの
ということが大事になってくるわけです。

私も毎週のようにエントリーを書いておりますが、書き上がった時点で、まるで降ってきたかのようにタイトルが決まるものもあれば、あーでもないこーでもないと、エントリー本体よりも頭を悩ませる時もあったりと、まぁ様々ありまして。

そんな中、先日見かけたポスターのタイトルが私の琴線に触れまして、この場で是非ご紹介させていただきたいと思います。
それが、これ。
ファイル 2517-1.jpg
ムシ VS. サカナ

気になるぅぅぅぅーーーー!!!!!

なに?!
ムシとサカナが戦うの!!?

どっちが強いかなぁ・・・
食物連鎖的にはサカナが強い気がするけど、タガメとメダカじゃ逆転するし。
それに寄生虫をムシに含めるのなら無敵、、、
いやいや、あれは共生関係だから引き分けか??

と、脳内で話題がめぐるめぐる。

やはりそうなると、中身を知りたくなるのでポスターに目を通すわけなんですが、まずタイトルの前に付けられていた煽りが
 第2回
 帰ってきた!

おかえりなさい!!
そう声がけをせずに入られません。

さてこのイベントの内容を解説しているであろう本文。
恐縮ですが、冒頭の2行を引用させていただきます。

 半世紀前からモデル動物のトップランカーとして君臨する”ショウジョウバエ”。
 技術革新により21世紀の分子生物学で輝きを増した”メダカ/ゼブラフィッシュ”。

半世紀前、トップランカーとして君臨、技術革新、輝きを増した、、、
とても「ムシ VS. サカナ」というタイトルから連想しきれないワードが散りばめられています。

何やら、「細胞動態」「細胞間シグナリング」「ゲノム編集」に関するシンポジウムの案内で、このワードに着目するととても硬そうで難しそうなイメージが湧いてきてしまいますが、そこであえてのこのタイトル。
他にも、ハエとサカナが土俵で相撲を取っている風のシュールなイラスト(サカナなんて、臀ビレで立っちゃってます)や、それに合わせて講演者表記が江戸文字だったり、検索キーワードが「第2回ムシVSサカナ」だったりと、私のツボを刺激する要素が盛り沢山。

とても、勉強になりました。

もしかして。

2017.06.23

梅雨に入ったというのに。
ファイル 2516-1.jpg
今日は気持ちのいい晴れっぷり。
今の内に満喫しておかないといけませんね。


図書館西側の緑のカーテンは
ファイル 2516-2.jpg
今、こんな感じ。
梅雨明けにはどれぐらいになってるんだろうなぁ。

ちなみに6月7日の様子はこんな感じ
ファイル 2516-3.jpg
育っていますねー。


さて。
わたくし、本ブログを書くにあたって
「ガセネタだけは書くまい」
と心に決めているわけなんでして
(当たり前ですね…)。
そのため、自分の目に確信が持てずに
ここで言及せずにいたことがあります。


それは…。


「北水の池でカワセミを見たかもしれない」


ということ。
数日前のお昼休みに北水の池のほとりを歩いていると
(どんだけ北水の池のほとりを歩いてるんだか…)、
青く輝く小さな鳥が
背後から池の上空を横切り、
自啓の森方向へ飛んでいきました…。


「カワセミ!?」と思って追いかけるも姿を捉えることはできず、
しかし、サイズ感、色味的にカワセミなんじゃないかしら、
という思いはぬぐえず、しかし、記事にしようにも、
確信も無く、写真も無い…。
いるとも思えない、という気もします。


ということで記事にしなかったんですが。
今日、別件でお会いした本学ミュージアムの初代館長から
本学ミュージアム、及び周辺の紹介資料をもらいまして、
その資料の「北水の池」の紹介部分にカワセミの写真が!!


もしかしたら…いるのかもしれない。
見間違いじゃないのかもしれない…。

北水の池に…カワセミ…。
これは、北水の池のほとりに佇みに行かねばなりません…。
「北水の池でカワセミ見れます!」と
胸を張って書けるように!!

無事撮影できた折には、ここで紹介を!!

とは、思うものの…しかしなぁ~。
携帯で撮影できるかなーカワセミ…。
ごっつい、大砲みたいな望遠レンズじゃないと、
難しいのかなぁ。

未来へ希望を抱くということ

2017.06.22

先週、りんごの小さい果実がもうできているという様子を
摘果実習の写真と共にご覧いただいたわけですが。

ファイル 2515-1.jpg

実はですね…

農場では他にもいろいろ果実がすくすく育ちつつあるんですよ。

たとえばさっきのはすもも。
「プラム」のほうですね。

ファイル 2515-2.jpg

こっちは桃。
「ピーチ」のほうです。

こうしてみると、小さいうちに既に表面が細かい毛で覆われてるので
桃は簡単に見分けられそうですね。

ちなみに、桃に袋をかける作業なんてのもあるのですが

ファイル 2515-3.jpg

こんな感じになります。

これがまた見た目以上に大変なんです。

首は常にちょっと上向き、腕と肩も自分の頭のてっぺんくらいの位置。

袋はぎっちぎちでもゆるゆる過ぎても×。
果実や枝に力がかかりすぎずに、かつ簡単にははずれないように。

…なんてことに常に気を使いながらやっていくと
地味にくるんですよ。
肩とか首なんかにじわっと。

それを黙々とひたすら繰り返していくんです。

作業する皆さんには頭が下がります…。
例年、真夏になると直売会なんかも開催されてるんですが、
そのときの目玉商品のひとつでもあるこの桃を見た際には、
こういう地道な作業の積み重ねの末にできたものっていうことを
一瞬でも想っていただけたならとても幸いなのです。

ファイル 2515-4.jpg

さてこちらはわざわざあえて申し上げるまでもない、さくらんぼ。
まだ全然色付きが足りませんが、きっと収穫はそう遠くないはず…!

鳥よけ用とはいうものの、こうして網越しに見ると
なんだか「採ってはいけない」「禁じられた」感じがより強調されて
ますますおいしそうに見えてしまいません?

(実際勝手に採ってはいけないですよ!念のため)

…ってこのままだと果物見てワクワクしてるだけで終わってしまう!

実習風景もここらでひとつ。

ファイル 2515-5.jpg

先日、とうもろこしの種を実習で皆さんに蒔いてもらったんです。

このとうもろこしの品種名、その名も「サニーショコラ」!
ショコラですってよ奥様!

…といいつつさすがにチョコ味ってわけにはいかないでしょうけれども、
もう名前からして甘いんだろうなぁと想像せざるを得ませんよ!
こちらもお目にかかるのが楽しみです。

そう、今日のエントリーのタイトルは
おいしい果物やとうもろこしなどを味わうことを夢見て(いや夢じゃないけれど)
日々をがんばろうっていうことでして。

壮大さのかけらもないのほほんとした中身で拍子抜けしてしまった皆様におかれましては
大変失礼いたしました…。

ページ移動