記事一覧

いよいよ感。

2016.12.02

こんばんは。
紺Bloggerでございます。


12月に入りましたねー
今朝、通勤時に撮影した
中央食堂前の広場です。
ファイル 2377-1.jpg
うっすら白い…。
冬らしくなってきました。


職場内での話題にも
大掃除の話等が出始めまして、
その手順やなんかを考えながら歩いておりましたら、
ふとこちらが目に入りました↓。
ファイル 2377-2.jpg
翌朝の最低気温予想…。
もう出たか…このパネル。


まだまだ冬にはなってないと思いたいんですが
水道管の凍結に用心せねばならない時期が
いよいよやってきたんですね…。


さて。
我が家の水道管が凍結し、さらに破裂して、
破裂した水道管から勢いよく水が吹き出し、
窓の外に滝のように流れ出る水を、
僕は外から茫然と眺めている。
あぁ、我が家は無論水浸しだ。
あの様子では下の階まで水浸しだろう。
あぁ、いったいいくらかかるんだろう、
あぁ、ここから逃げ出してしまいたい。
っていう感じの夢を冬になると時々見ます。


これは「水道管の凍結」がもたらす
最悪の結末の一つだと思うんですが、
(多少描写が派手な気もしますが…)。
今年初めて盛岡で冬を迎える1年生には、
このパネルの数値の指している意味を知って頂き、
最悪の結末を迎えることがないよう、
冬が来る前に対策を練っておいていただきたいと、
強く願う今日このごろです…。

冬の味覚がやってきた

2016.12.01

こんにちは!
森の駅市場冬の陣が、先週11月25日(金)に開かれました。

農学部の2年生の選択科目「農場実習II」の一環として、
植物園にある「ポランハウス」で開かれるこの森の駅市場。

去年は湿っぽい雪に見舞われましたが…

ファイル 2376-1.jpg

今年は雨や雪が降らず、とても快適でした。

そのせいもあってか、オープン5分前には長蛇の列。
雪が降ってても30分前から並ぶ方がいらっしゃるくらいなので
もはや驚くまでもありませんかね。

りんごだけ外に用意した売り場で、
りんご以外のもの(野菜、お花、味噌、ジャム、お米など)
はハウスの中で販売します。

こちらは外でのりんごの販売。
ファイル 2376-2.jpg

売る方も買う方もてんやわんや!

後ろのトラックの荷台に積み上げたコンテナには
まだまだこれから売るりんごが控えてます。

11月も下旬。
寒さで身体がこわばりがちなこの時期、
これを降ろすのもこれまた大変な作業です。

ファイル 2376-3.jpg

長い列で順番を待っていると、りんごの試食を持って来てくれました!

ファイル 2376-4.jpg

試食つながりで、ハウス内で売っている「黒千石大豆」や雑穀類を
実際にお米と一緒に炊いたものも出してて、
味もそうだしどんな風に調理すればいいのかも一目瞭然です。

どの仕事も寒いし力仕事だしで大変そうではあるのですが、
そんな風に思わせないほど良い笑顔ばかり。

ちなみに、お年寄りのお客様には
重いものを車や自転車までお持ちする親切な学生さんもあちこちに。
ファイル 2376-5.jpg
元気とほんわかした気持ちももらいつつ、
りんごとジャムを片手に帰ってまいりました。

ちなみにお野菜はりんごの列に並んでいる間に売り切れてしまいました…。
無念。
実習で植えたさつまいももこの日売られたはずなのですが、
残念ながら間に合わず。

来年はもっと着込んでもっと早く並ぼう、
そう心に誓うのでした。

国内外から300名を超える研究者が大集結!

2016.11.30

11月最後の日となる今日のエキス。
明日から12月というタイミングでちょっと宣伝させてください。

来週1週間、岩手大学の所在地である岩手県盛岡市は世界の注目を集める場所になりそうです。

というのも、リニアコライダー(線形加速器)を主テーマとした世界最大の国際会議「Linear Collider Workshop 2016 (LCWS 2016)」が開催されるからなのです。

主催はリニアコライダー国際組織(LCC : Linier Collier Collaboration)ですが、細かな運営準備等は開催地の実行委員会(LOC : Local Organizing Committee)が行っており、その委員長を本学理工学部教授の成田晋也先生が務められます。
このため、関係者は現在、準備が大詰めの状況。

ファイル 2375-1.jpg

冬の岩手の魅力をふんだんに詰め込んだポスターも、市内あちこちで目にするようになってきました。

ファイル 2375-2.jpg

盛岡駅では、縦長のサインで会議参加者をお出迎え。
開催期間内に盛岡駅をご利用の方は、どうぞバスプールでご覧ください。

ファイル 2375-3.jpg

また、看板のみならず、こういった学会開催時には開催地を印象付けるようなオリジナルグッズを作ることもしばしば。
どんどんどんっ!と積まれた段ボールには、開催を待ちわびているグッズがぎっしり詰まっているのです(^^)。

ファイル 2375-4.jpg

こちらがその一部。
国際会議の参加者に配られる予定ですよー。

この国際会議LCWS2016は、いわて県民情報交流センター「アイーナ」と盛岡地域交流センター「マリオス」の2会場で12月5日(月)から開催されます。また、この会議開催に合わせ、アイーナでは一般の方々に向けたイベントも開催されるとのこと。

リニアコライダーに関する世界中の研究者と接することのできる貴重な機会です。
ぜひご興味を持たれた方は、イベントへ足をお運びください!。

理工学部設置記念特別講演会

2016.11.29

本日、理工学部内にあります復興祈念銀河ホールにて、「理工学部設置記念特別講演会」が開催されておりました。

ご講演いただいたのは、お二方ですが、そのうちのお一人が、

株式会社富士通研究所代表取締役社長
佐々木繁氏です!

ファイル 2374-1.jpg

この、日本、いや世界をも牽引する会社から、社長をお招きするとは、、、なんとも力が入っています。

この貴重な機会を逃すまいと詰めかけた教職員学生の皆様で、会場は超満員。
ファイル 2374-2.jpg
それを見越して、テクノホールで中継システムが設定されていたんですが、こちらの会場でも沢山の方々が耳を傾けていました。
ファイル 2374-3.jpg

しかし返す返すも、よくぞこのお方をお呼びできたものだ、と感心することしきりなわけですが、実は...

富士通研究所の佐々木社長は当大学の卒業生なのでした!
しかも、岩手大学工学部情報工学科の、一期生!!!

やはり新しいものに挑戦するチャレンジングスピリッツが、人生の大成に大切なのでしょうか。
この偉大なる先輩に負けぬよう、学生さんたちには頑張っていただきたいし、我々も頑張っていきたいです。

ポポー実食に続き、これも初!!

2016.11.28

こんにちは。
紺Bloggerでございます。


さて。
比較的暖かな今日とは違い、
かなり寒かった先週金曜、朝のこと。
ファイル 2373-1.jpg
北水の池には、薄いながらも、
比較的しっかりした氷が張っておりました。


近くで拾った木の枝で氷表面を突っついている時。
ふと、「あの」植物が頭をよぎりました。

そうです。シモバシラです。
かつて紫先輩が書いていた記事と同じように、
今朝も北水の池に氷が張っているし。
気温も無論氷点下。


「これは…もしかしたら見れるかも!!」


ということで資料館の西側へ行くと。
ファイル 2373-2.jpg
シモバシラが見事にその本領を発揮しています!!

ちょっと近づいてみるとこんな↓感じ。
ファイル 2373-3.jpg
本体を触るはちょっと気が引けたんで、
周りに落ちてる破片を触ってみたんですが、
ファイル 2373-4.jpg
想像していた以上にもろく…。
何といえばいいか……氷というより、
砂糖とかでできているかのようでした。
(…っていうか、同じ名前のお菓子ありますねー)
素敵で不思議な植物です。


実はシモバシラがこの状態になったのを
直接目にするのは今年が初めて。

毎年、寒いなーと感じた朝に、
ふと思い出して見に行くんですが、
上手い具合にタイミングが合わず…。


なので。
はた目にはわかりにくいかと思うんですが。
実は今、結構喜んでいます。

ページ移動