記事一覧

今だけ目にしたでかいもの

2016.09.23

物を作っている最中というのは、完成したら目に見えなくなってしまうものとか、仮止め・仮置きのような一時的な状況とかを目にすることがあります。

おおよそ一年前から告知・施工が行われている、国道46号の拡幅工事でも、そんなものが目に入ったので紹介してみます。

道路工事ともなると、使うものが大きかったり重かったりするでしょうから、施工場所の直ぐ側まで車で運びたくなるのでしょう。
こんな感じに。
ファイル 2329-1.jpg
さて、等間隔の並木のすぐ側に、軽トラ。
大学側にはフェンス。
道路側は段差。
はて?出られるの??
 
勿論入ったからには出られるわけで、この並木、この軽トラが停めてあるところが終点で、そこから先は平地になってました。
ファイル 2329-2.jpg
と言っても、ここはいずれ歩道になるようなので、ここに車が停まっている風景は今だけのものになるでしょう。
 
 
さて、この道を奥側に進んでいくと、数百メートルの下り坂を経て北上川に着きます。
そういう地形なもんですから、以前は敷地内の駐車場の片隅に顔だけ覗かせていたであろうマンホールも
ファイル 2329-3.jpg
拡幅工事に伴い、周りの土を掘り崩されちゃったもんですから、反対側から見るとこのように
ファイル 2329-4.jpg
丸裸。

こうなって初めて分かる、そのデカさ。
隣に置いてある締固め用機械(ランマ)が成人男性の腰位のサイズであることを考えると、見えている部分だけでも2mはゆうに超えるでしょう。
それがまだ地下に続いているようなので、全体のサイズがどのくらいなのかは検討もつきません。
こんなのが、そちらこちらのマンホールの下に埋まってるんですね。
 
 
この車がいなくなり、マンホールの下部も隠された後、いよいよ広くなった歩道が供用開始となります。
待ち遠しいですね。

節子の井戸で感慨にふける。

2016.09.21

今日は気持ちのいい秋晴れ(?)の盛岡です。
ファイル 2328-1.jpg
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

先日。
NHKの「歴史秘話ヒストリア」という番組で
石川啄木が取り上げられておりました。

テーマは
「妻よ、私がバカだった~石川啄木と妻・節子~」。
ご覧になりました?


内容は…番組HPをご覧いただければと思うのですが、
とにかく自分の文才を過信するあまり、
トラブルをお越し、家庭を顧みなかった啄木が、
奥様が家を出てようやく目を覚まし、
今に残る名作を遺すまでになった様子をドラマにして
紹介しているんですが…。


ファイル 2328-2.jpg
ファイル 2328-3.jpg
本学の植物園にあります
「節子の井戸」
…あのドラマを見てから訪れ…
…井戸のふたに刻まれた詩を読んだりしますと…。
…ドラマで見た節子さんの苦労を思い出し…。
…一人勝手に感慨に浸っておりました…。


すると。
「(紺Blogger)さん!」と僕の名を呼ぶ声が。


何かあったのかしら、と振り向きますと。
農業教育資料館の受付職員さんから
「ポポー拾ったよ!!」
との衝撃(?)報告が!


「なんとっ!!」と叫ぶと同時に駆け出し、
資料館に駆け込むと
ファイル 2328-4.jpg
風で落ちたらしいポポーが数個。。。
やはり方々に
「僕はポポーを食べたがっています」
アピールをし続けておいてよかった!!

まだ熟してはいないようなので、
持ち帰って少し様子を観察した上で実食します!!
報告は次回!!

もはや「夏」休みではない今を何と呼ぼう

2016.09.20

大型連休…とはいかない今年の9月後半戦、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

暑さ寒さも彼岸まで、と言われるように
最近の朝晩は少し肌寒くなってきましたね。

日陰から絶対に出てきてくれなかった羊たちも

ファイル 2327-1.jpg

広い所でのびのびしてます。
もっと寒くなるころには毛もいい感じに伸びててくれるはず。

奥の方には山羊たちもいます。

久しぶりにしっかり立ち止まって見た、
図書館西側の彼らは…

ファイル 2327-2.jpg

その役目を終えつつあります。

全体像で見れば「そろそろ撤去してもよさそう」なんて思えなくもない
そんな光景ですが…

ファイル 2327-3.jpg

よく見ると、

ファイル 2327-4.jpg

屋上に届いてる!
おめでとう!おつかれさまでした!

ファイル 2327-5.jpg

ゴール間近で、ラストスパートと言わんばかりに
元気いっぱい咲き誇る花たちもありました。

そして低い位置、1階付近はまだまだ青々としてます。
もうちょっとあとちょっと、ここで通り過ぎる人を
見守っていてもらえたら嬉しいですね。

この緑のカーテンが完全にその役目を終える頃には、
学生さんの夏休みも明けて
また学内が賑やかになります。

あんなに暑かった日々も
もう2か月もすればマフラーにホッカイロが恋しくなると思うと
本当に一年というのはあっという間に過ぎていくなぁと
毎年のことながら感傷的になってしまいます。

そんな季節の変わり目、
さっそく風邪をひいてしまったわたしです。
のどがイガイガして、のど飴とお茶が手放せません。
これじゃ食欲の秋も全力で味わえません…。
早くなおりますように。

読者の皆様も、どうぞ気温差に気を付けてお過ごしください。

え?、いつ新しくなったの?!

2016.09.16

健康診断の帰り道。
目の当たりにしてしまった体重の数字にショックを受け、少し遠回りして帰ろうと歩いた先に見えたこの建物。

ファイル 2326-1.jpg

はて?
こんな感じでしたっけ?
あれ?

と思いながら正面に回ってみたら

ファイル 2326-2.jpg

なんとっ!名前も装いも新たに「学生センターC棟」と変わってるじゃないですか!(@_@;;

い、いつの間に…。

ここには階段教室しかないという、学内でもちょっとだけ珍しい建物なので、機会がないと来ないというのも、気付けなかった原因なのでしょう。

ならばっ!と中に入ってみるものの、1階は講義中。
休み中、お疲れ様です!と思いつつ2階へ向かいました。

ファイル 2326-3.jpg

これまで「51大」「52大」と呼ばれていた部屋も「GC2大講義室」と変更。なんか、すごくしゃれた雰囲気になったなーなんて思ったら笑っちゃいました(^^)。

ファイル 2326-4.jpg

しかも、机もイスも全然雰囲気ちがーう!
これまでの木製の机とイスから打って変わって、非常にシックなカラーリングです。

ファイル 2326-5.jpg

過去にエキスでも写真を撮ってたはずだ!と探してみたものの、膨大な画像の中からは、残念ながら見つけられませんでした。
が、こうやって講義室の雰囲気が変わるだけで、不思議と心もちも変わるんだなと思ったりして。

来週には学生さんの夏休みも終わり、講義室に人が戻り始めます。この講義室が学生さんで満たされるのももうすぐですね(^^)。

専門知識の一般公開

2016.09.15

先日桃Bloggerさんがご紹介していました、500人規模の学会というのがこちら、
ファイル 2325-1.jpg
平成28年度 資源・素材関係学協会合同秋季大会(長い!)

略して、
資源・素材2016(盛岡)

です。

こうした学会や研究会というのには参加費が設定されているので、それを支払ったものしか発表を見聞きすることが出来ない、というのが普通なのですが、中には一般に公開するプログラムが組まれたりすることもあります。

今回の学会でも、市民参加型特別講演として、2つの講演が開催されました。
ファイル 2325-2.jpg
(詳しくは岩手大学HPのイベント情報をご覧頂くこととして)

そのうちの一つ、
 資料に見る大島高任:大島高任の生涯と世界遺産 橋野鉄鉱山
の会場におじゃましてみました。

しかしなぜ大島高任?
橋野鉄鉱山??
勿論2015年に、「世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産」として登録された話題のテーマ、というのはあるのでしょうけど、実はもう一つ、深い縁があったようです。

当大会を主催しているのは「(社)資源・素材学会」というところなのですが、ここの前身が「日本鑛業會(鉱業会)」。
そして大島高任は、その日本鉱業会の初代会長を務められていたそうです。

てな所からお話が始まりました。
会場は学会参加者の他にも、市民の方や学生さんなどが熱心に耳を傾けていました。
ファイル 2325-4.jpg

夏休み等の長期休講期間の大学は、学会などが開催されることが多い
学会では、一般公開されるプログラムがあったりする
他ではなかなか耳にすることの出来ない話を聞けたりする

てことで、興味のある分野の専門的知見を探しに、大学のイベント情報を見てみてはいかがでしょうか?

ページ移動