記事一覧

非常に悪天候の時の授業の実施体制が変わります

2019.09.13

この近年、超大型台風やゲリラ豪雨などが増えたように感じます。しかも、その被害も年々増加傾向にあるような印象。
現在も千葉県では停電が続いていますし…
少しでも早く復旧すること、願っています。

と、そんな暴れん坊の天候時、警報等が発令された場合の授業体制について、10/1から変わるようですよ。

■気象警報等の発令時における授業等の取扱いについて
(大学HPに掲載されました)

それによると、例えば、盛岡市内のキャンパスでの授業は、

「午前7時の時点で気象警報等が発令されている場合、午前(1時限及び2時限。ただし、共同獣医学科は1-2校時及び3-4校時)の授業を休講とする。」

「午前 11 時の時点で気象警報等が発令されている場合、午後(3時限以降。ただし、共同獣医学科は5-6校時以降)の授業を休講とする。」

とするようですし、大学HPにもその旨掲載されるとのこと。

ただし、休講対象となる警報は

 【暴風警報・暴風雪警報・特別警報】

で、例えば大雨警報では休講とならないそうで、ここは注意が必要です。

FAQも掲載されていますので、学生さんは一度目を通すことをお勧めします。

■気象警報等の発令時における授業等の取扱いについて
 https://www.iwate-u.ac.jp/info/important/2019/09/002701.html

ありがとう、ありがとう。

2019.09.12

(今日のエントリーは、ほぼ私信であります)

先日お伝えした非対称なこいつ
エントリーの最後に名前を伺ってみたところ、コメントに
「写真の葉っぱ桑の葉のように見えますが・・・」という情報や、
「左右非対称の葉の植物は「ヤマグワ」あるいは「クワ」です。」という、その筋の方からの情報も寄せられました。

ほー、あれが桑の葉でしたかー。

桑という植物の名前は知識として知ってますし、他にも
蚕の餌になる葉っぱ
とか
桑の実は食べられる
とか
三国志の劉備の生家の裏には大きな桑の木があり、楼桑村と呼ばれていた
とか
いくつかの話の種が思い当たります。

そして実生活の中では、こいつをよく見かけるんですよね。
学内をふらっと歩いてみただけでも、
廃液処理施設の横とか、
ファイル 3065-1.jpg

学生センターB棟の側とか
ファイル 3065-2.jpg

理工学部の駐車場脇とか
ファイル 3065-3.jpg

理工学部2号館裏手なんて、
「植えてんのか?」レベルで生えていたり。
ファイル 3065-4.jpg

とても繁殖力が旺盛なことが伺えます。
そしてよく見かけるからこそ、先日のエントリーの通り、非対称な葉っぱに惹かれて記事にしたわけなんですが、

その知識と現物が、結びつかなかったんですよねー。

でもこれでもう忘れることはないでしょう。
あの葉っぱは、桑。

体験から得られた知識というのは、なんとも強烈なものです。
いやー、勉強になったなぁ。

コメントから情報をくださったお二方、ありがとうございました。
 
 
さて、話はガラッと変わりまして、
昨日の紺Bloggerに引き続きまして、私も本日健康診断を受けてきたわけなんですが、

個人的には
「そんな増えてないだろう」と思っていたのに、
「思った以上に増えてるじゃない」と感じたりもしたんですが。
…もちろん、体重の話ですよ。

これはまずい。
なんとかせねばならぬ。

幸いにして、これから向かう季節は秋。
暑かった夏が過ぎ、空は高く、空気は澄み、体を動かすには絶好の季節。
まさに、運動の秋、スポーツの秋。

しっかりと減量を進めよう。

そんな私の目に、こんな情報が入ってきてしまったので、同じように減量に熱意を注ぎ込む予定の紺Bloggerにもお伝えします。
ファイル 3065-5.jpg
ボンディ

秋に向けて

2019.09.11

今週は本学教職員の定期健康診断が実施されてまして。
わたくしも本日受診して参りまして。

まぁ…予想通りといいますか…。

むしろ
「もっと増えているだろう」と思っていたのに、
「思ったほど増えてないじゃない」と感じたりもしたんですが。
…もちろん、体重の話ですよ。

とはいえ、
減量しなければならない数値であることは変わりなく、
まずは「体重測定は年に1回、この日だけ」、
という姿勢から改めようと、先ほど決心したところです。


あ、キャンパス内でコスモスが咲いていましたよ。
ファイル 3064-1.jpg
振り返りますと…。
今年の夏は増量の夏でありました。

駄目だ、駄目だと思いつつ、
とめどない食欲に無様に屈し、
6、7、8月と直実に体重を増やしてきたように思います
(随時測ってるわけではないので、感覚として)。

そんな増量の夏が終わって、いよいよ秋がきます…。
今年は…今年こそは減量の秋にせねば…。
今年こそは…。今回こそは…。


さて、そんな薄暗い話とは打って変わりまして。
今年の夏は「ただ太った夏」というだけではなく、
とある業務の一環で、
野菜の栽培に取り組んできた夏でもありました。

この野菜たちの出番は、まだ少し先ではあるんですけども、
今週に入り、少しずつ実をつけはじめました。
いよいよこの野菜の正体も明らかになりつつあります。
ファイル 3064-2.jpg
で、実はこの野菜たちの栽培について、
最近、僕の管理方法に問題があることがわかりまして。

そのため、盆明け以降、思うように生長しない中での、
今回の実の発見でしたので、喜びもひとしおでありまして。


よかった…。
育っていたのは、僕(の体型)だけではなかった…。
ちゃんと…お前たちもしっかり育っていたんだな、と。


とはいえ、出番はもう少し先。
ちゃんとその日を迎えられるよう、
僕自身は着実に減量しつつ、
その減った分をこの野菜たちに分け与えるんだ、
ぐらいの熱意でもって、
栽培を続けたいと思います…。

暑さは変わらねど

2019.09.10

学内の人口密度は相変わらず低く、
空は高くなり、日も短くなりつつあります。

この秋に向かっていく時期、私も寂しさを感じます…。

が。

本日の盛岡、最高気温は31℃。
湿度も相変わらず高く、じめじめべたべた。

これ、7月8月と全然変わってないですね…。

そんな、同じくらい暑かった日の思い出、
森の駅市場夏の特別実習の話題もいよいよ大詰め。

ファイル 3063-1.jpg

皆さん、多少しんどくてもこれを楽しみに乗り切れたと言っても過言ではない、
宿泊最終夜のお楽しみ、実習の慰労会兼森の駅市場打ち上げです。

農場のガレージに、テーブルとイスはコンテナで。
屋外の広い敷地で近隣の住宅とも距離があるので、
七輪に炭火も心置きなく使えます。
(ついでにたくさん笑ってはしゃいでもOK)

さらに、1学年下の2年生の皆さんが前期から育てている野菜を分けていただき
新鮮な夏野菜もてんこ盛り盛り。

(ちなみに2年生の皆さんは、夏休み中も交代で週に1回農場に通って
それぞれの畑のお世話や収穫を続けています)

ワイルドで解放感あふれるジンギスカンをメインに、
選別ではじかれたトウモロコシや桃、
とれたての枝豆やトマト、はたまた農場産お米のおにぎり、
スイカにバナナやお菓子まで、軽食も充実。

ファイル 3063-2.jpg

この4泊5日の実習を行うにあたって、
農場の先生方と技術職員の皆さんだけではなく、
事務職員の皆さん、
厨房に立って30人分ももの食事を作ってくださったパートの方、
先輩として皆さんを見守ってくれた、農場に配属の4年生や院生の皆さん、

かかわってくださったすべての方への感謝と労をねぎらう意味もある
打ち上げですので、参加する方の年齢層も話題の幅も広いのが
この打ち上げの楽しいところ、良いところでもあります。

ファイル 3063-3.jpg

今回の受講者に現役運動部が多いこと、
夕暮れでテンションが上がりつつあること、
そして負けん気が強く熱い人が多かったのもあるのかもしれません。

唐突に始まる徒競走…。

通常、実習でトラクター走行の練習に使うコースですが、
この日は陸上のトラックに早変わり。

カメラもブレブレになるほどの熱いデッドヒートが繰り広げられておりました。

ファイル 3063-4.jpg

加熱調理することでそのおいしさが引き出される、
本学ではおなじみの「クッキングトマト」。

なるほどこうやって炭火焼きにしてとろけるチーズをのせるとは
さすが皆さん考えましたね…。

ちなみにこのチーズ、このジンギスカンのために
それぞれが自主的に用意したものだそう。

ファイル 3063-5.jpg

そして、忘れちゃいけないお楽しみ、花火大会。

花火を持って並んでの記念撮影、映えますね。
きっと今がSNSやスマホがない時代だとしても、
変わらず、素敵な学生生活の思い出の写真になることでしょう。

よく「学生時代の友は生涯の友」と言われますが、
大変なこと(実習)と楽しいことどちらも共に乗り越えた仲間です、
末永く仲良く友であり続けられるのも、
こういう場面を見れば、納得できる気がします。

…と、夏の思い出を振り返るとなんだか秋の切ない感じが
かえって加速してしまうことに気付いたわたしでした…。

じめじめと暑さはほとんどこの時と一緒なはずなのに、
どうして気持ちは一緒じゃないんだろう…?

この時期特有の、ちょっとした哀愁

2019.09.09

やっぱり学生さんがお休みだと、大学の中、ちょっと哀愁が漂うんですよね。

しかも9月のこの時期って、学会みたいなイベントも一区切りつく頃でして。

だから、

ファイル 3062-1.jpg

駐輪場にもあんまり自転車止まってないし、

ファイル 3062-2.jpg

アメフト部かな?
選手の出番を待つメット、みたいな。
でも、選手にあたる学生さんは見当たりません。

ファイル 3062-3.jpg

急に暑くなったからか、持ち主から離れてしまったカーディガン。
その持ち主が見つけに来るのはいつの日か…。

ファイル 3062-4.jpg

20% off「してます」という進行形の表現にまで、ちょっと感傷的になっちゃったりして。

ファイル 3062-5.jpg

この駐輪場に自転車があふれるのは、あと3週間後だろうなぁ。

ページ移動