記事一覧

無視できない、虫

2019.07.24

こんにちは、山吹です。

前期の期末試験があるのだから、この時期は
テストに役立つような有意義な情報を提供できればよいのですが
わたしの情報力だとせいぜい
「単位パン」が何時時点で何個残ってるか、
購買でどのアイスが安くなっているか、ぐらいしかお出しできず…

そんなわけで、通常運転でまいります、今日の話題。

(虫が苦手な方は、画像をクリック(拡大)せずにお読みください)

(もっと苦手な方は…サムネイルを見ないようにするのは難しいので
今日はここでそっとブラウザを閉じていただいたほうが
無難かもしれません)

先日、滝沢農場にて、実習のためにやってくる2年生の皆さんを待っていると

ファイル 3030-1.jpg

思いがけない来訪者が。

ルリボシカミキリさんです。

ファイル 3030-2.jpg

とてもキレイな青色に、黒い斑点模様がなんとも鮮やかです。
一緒に見つけた農場の職員の方も
「図鑑でしか見たことがなかった」とのことで、
しばし見とれてしまったひとときでした。

このルリボシカミキリさん、朽ちた木などを好むようですので、
もしかしたら農場でなく演習林なら、
もっと当たり前のように身近にいたりするんでしょうか。

また、このキレイな青色は死んでしまうと消えてしまうそうで、
標本にできないのだとか。

どういう仕組みなんでしょう…?

ファイル 3030-3.jpg

一方、こちらは1年生の皆さんが上田キャンパスの西側の圃場で育てている
ジャガイモの葉っぱ。

もはや「葉っぱ」と呼んで良いのかすらわからない、
そんな状況です…。

オオニジュウヤホシテントウの食害を受けてしまった、
ジャガイモたち…。

もはや茎と葉脈しかなく、
骨だけになってしまった傘みたいです。

このテントウムシの食害については、
多かれ少なかれ毎年実習の期間中必ず起きるのですが、
今年は例年より数が多いし増え方も激しいような気がします。

とはいえ、このジャガイモはもう収穫間近。
地下では既にちゃんとイモができているのでご安心くださいね。

ファイル 3030-4.jpg

ちょっとフライングして、試し掘りをしてみたところ、
立派なイモがちゃんと埋まってました。

さて、この(オオ)ニジュウヤホシテントウ。
ナス科の植物の葉をものすごい勢いで食べる、草食の昆虫です。

草食だけど、その食への貪欲さはまるで「肉食系」。

もはや草食系か肉食系かよくわからなくなってきました…。

ファイル 3030-5.jpg

こちらはちょうどジャガイモの葉でお食事中のようす。

ナミテントウやナナホシテントウのように
「THE てんとうむし」って感じのイメージだったり
「かわいい」「メルヘン」なモチーフによく登場するテントウムシは
アブラムシなど小さい虫を食べる、肉食の昆虫です。

(ちなみに植物でも虫でもなく
「菌」を食べるタイプのテントウムシもいます)

どちらもテントウムシなのですが、
人間にとって都合が良いか悪いかで
「害虫」「益虫」と分けられて呼ばれたり扱われたりします。

"農作物の葉を食べてだめにしてしまうから「害虫」"

"「害虫」であるアブラムシを食べてくれるから「益虫」"

というのがわりとよく耳にする一般的な認識ですが…

「害虫」のテントウムシだって悪気があるわけではなく、
わたしたちが毎日水を飲んでごはんを食べ、
また、生活していくために仕事をしたり住まいを決めたりしてるのと
さほど変わらないくらい当たり前に生きているんですよね。

…なんてふと思う事もあります。

ただし、増えすぎたオオニジュウヤホシのおぞましさを目の当たりにすると
一気に彼らに同情できる余地はなくなるのですが…。

(その増えすぎた写真ですが、ここに掲載するには
あまりに過激すぎるので、公開しないことにします…。)


さて、7月も下旬となり、前期がそろそろ終わるということは
実習もいよいよ大詰め。

近日、この1年生の総合フィールド科学実習の最後の大仕事、
ジャガイモと枝豆の収穫の様子をお届けしますので、
どうぞお楽しみに。

あれ?今日って何ごみの日だっけ?

2019.07.23

そんな風に思ってしまうこと、皆さんもきっとあると思います。

「あれ?、今日って燃えるゴミだっけ?それともビン・缶・ペットボトルの日だっけ?」

とか、

「履き倒した靴って、不燃?燃えるゴミ?」

とか。

毎週定期的にあるごみの日なのに地域によって回収日が違うことも、この「あれ?今日って…」の原因なのかもしれません。

そんな、誰しもが一度は陥ったであろうゴミ出し問題を解決してくれるソフト、

ファイル 3029-1.jpg

岩手大学の学生さんらが作ってくれてました(^^)。

その名も「盛岡市ごみの日アプリ」!。

ファイル 3029-2.jpg

地域ごとの収集日を教えてくれるだけじゃなく、ゴミ区分も検索できるなんてステキっ。
もう、履き古した靴を見つめて困り果てる必要もありません。

このアプリを作ったのは、岩手大学学内カンパニー「HND.Co」さん。iPhoneでもAndroidでも使えるアプリとのことなので、ぜひ興味がある方はDLしてみてください。

ところで、岩手大学学内カンパニー。
岩大エキスでも何度か紹介してきましたが、今年度新たに3つ設立され、計12のカンパニーが活動をスタートさせています。
ものづくりを総合的に体験するための場を提供している学内カンパニー。その中には、防災情報を広く伝達するための装置を開発している会社やスピードスケートのブレードを研磨する装置を開発している会社などもあります。

学生さんの柔らかな発想で、いろいろ新しいものを作っていくって、面白いですね。

ワタシも、ごみの日アプリ、早速DLしなきゃ!

■岩手大学学内カンパニー
 https://iwate-u-gakunai-company.jimdo.com/

■学内カンパニー「HND.Co」
 https://hndco.wordpress.com/
  ↑
 このページの中に、ゴミの日アプリに関する案内があります。

拝啓、マニア様

2019.07.22

(今日のエントリーは、ほぼ私信です)

岩手大学の街路灯マニアの皆様へ。

こちら、学内のとある場所から見える風景ですが、ここから3本の街路灯を目にすることが出来ます。
ファイル 3028-1.jpg
(写真だと小さくて見えないかと思いますが、、、
左から①,②,③としましょうか)

いずれも、
建物の2階部分に届こうかというほどの高さがあり、
また支柱は自然に馴染むためなのか、はたまた岩手大学のイメージからだからなのか、深めの緑色をしています。

その他、
固定ボルトが4本とか、
下から1m位の位置に、制御盤でも入っているのでしょうか、取り外しできる部分があるとか、
ファイル 3028-2.jpg
という共通部分が多く、「同じモデルか?」とも思えるんですが、

ただ一点、大きく異なるところがあるんです。

説明は後にして、まずその部分をお見せしましょう。

ファイル 3028-3.jpg


ファイル 3028-4.jpg


ファイル 3028-5.jpg

そう、てっぺんです。

①は、今日の曇天模様を映し出したかのようなニブ銀。
②は、支柱と色合いを合わせたような深緑。
③は、すべての光を反射拡散させるような銀鏡。

なぜ、、、
なぜなのか。。。

例えばですよ。
①のニブ銀は、街路灯としての存在感を示しつつも、反射光が人に影響を与えないようにする必要のある、住宅地用。

②の深緑は、周囲の色合いや、動植物への影響も考慮した、自然地用。

③の銀鏡は、全天を写し込む開放感があることから、公園用。

とかね、それぞれ何かしらの意味合いがあるかと思うんですが、この直線距離で100mにも満たないこのエリアが、これだけ起伏に富んだ用途であるはずもなく。

考えれば考えるほど、謎は深まるばかりです。。。
街路灯マニア様、一緒に考えませんか?

続・君の名は。

2019.07.19

連日、実習の内容てんこ盛りでお送りさせて頂いております、
前期の風景です。

農学部1年生の総合フィールド科学実習もいよいよ残りわずか。

ファイル 3027-1.jpg

前期も終盤に近づいてきますと、圃場での実習はいよいよ収穫ラッシュです。

ちょっと前(6月終わり)の様子ですが、こちらはほうれん草の収穫。

スーパー等でよく買い求めているほうれん草は
たいていがハウス栽培のものです。
(安定した品質のものをまとまった量作ることができます)

一方、皆さんのほうれん草は露地(屋根や囲いなし)栽培。
ハウス栽培よりも品質にばらつきはありますが、
太陽の光と春~初夏の風をいっぱい受けて育ったほうれん草、
肉厚な葉っぱでおいしいはず。

露地のほうれん草は市販で買える場やタイミングも限られていて、
実はめったに食べられる機会がない、レアなものなんですよ。

そういえば以前「植えた種に名前がつけられている」という話題を
お送りしましたが

ファイル 3027-2.jpg

このほうれん草…1列ごとに武将の名がつけられているのですが…
これは領地?領地なのか?

だとすると、僅差ではありますが、徳川家康が優勢のもようでした。
図らずも、史実と同じ結果になったわけですね…。

ファイル 3027-3.jpg

ダイコンもまるまると大きくなりまして、
みなさん笑い声と歓声交じりにボッコボコ爽快に引き抜く様子は
見ているだけでこちらも楽しく元気な気持ちになります。

そして、今年はわりと出ました

ファイル 3027-4.jpg

いわゆる「セクシー大根」。
これはもうSNS映え一直線なやつですね。

「セクシー」だと女性の美脚にしかなぞらえられないので、
ここはジェンダーフリーとして「個性派大物」とでも呼びましょうか。

ファイル 3027-5.jpg

こちらの個性派大物は、くっきり分かれた3本足。

引き抜いて邂逅したその瞬間は爆笑なのですが、
いざ実際に自宅に持ち帰って食べたり保管したりとなると
「食べづらい」「スペースをとる」「なんかこわい」と
案外不評な個性派大物ダイコン。

最終的にじゃんけんに敗北したことで持ち帰ることになった学生さんは
「これ、1本ずつ3回食べられる!」と
とても前向きなコメントを残し、嬉々と新聞紙に包んで持って行きました。

そうか、たしかに3回に分けて食べられるぞ。
何事も、角度や見方を変えて見ると案外良いこと、たくさんあるのかも。
わたしも、目の前の大変なことを憂鬱に思うだけでなく、
違う角度から見てポジティブに考える余裕を持とう、なんて
おそらくまだティーンエイジャーの学生さんから教えていただいたのでした。

さんさの 練習の 様子を ぜひご覧あれ!

2019.07.18

他のBloggerがこの記事この記事この記事で紹介しているように、岩手大学では今、昼時間や夕方にさんさ踊りの練習の音が聞こえてきます。

気合入れて頑張っている様子が一般の方にも伝わっているようで、先日

 「記事とは関係なくてすいませんが、最近感じたことです。
  サンサの練習を聞きながら、今年は今までより元気が
  いいなあパッチギだなあと。昨年まではいい感じで心地よく
  ハモっているなあと思っていたのですが、今年はそれより
  つんざく感じでいこうという感じです。最優秀賞めざして
  がんばってください。」

という応援メッセージもいただきました。

そんな、岩手大学のさんさ踊りの練習について。

先日、今年度初の太鼓・笛・踊り・唄合同の総合練習が開催されたようなのですが、その様子、岩手大学のFacebookに掲載されています。

ファイル 3026-1.jpg

さんさ踊りってどういうお祭り?と、当然ご存じない方もおられるかと思いますが、Facebookに掲載されている映像には太鼓や笛の音・学生さんの掛け声などもはいっているので、その様子がよく分かるかと思います。

ファイル 3026-2.jpg

この映像、学生さんたちの心からの笑顔や真剣な表情を良く捉えていて、思わず見入ってしまいました。

ファイル 3026-3.jpg

盛岡の夏祭り、さんさ踊りまであと2週間。
練習も佳境に入っていると思いますが、ケガなどに気を付けつつ、残りの日々も頑張ってください!

岩手大学Facebook内、さんさの練習映像はこちらから。

■岩手大学Facebook
 https://www.facebook.com/iwate.u

映像に感動したら、ぜひ「いいね!」もポチッと、お願いします(^^)。

ページ移動