記事一覧

全力で応援します!

2018.02.21

盛り上がってますねー!
何がって、オリンピックですよ!
(そだねー)

連日、日本選手団の活躍や、様々な記録などがメディアを賑わわせていて、大好きな競技だったり、逆に普段はなかなか目にすることのできない競技を観戦したりする日々が続いている方も多いのではないでしょうか?
(そだねー)

私もね、
男子ハーフパイプ、平野歩夢選手とショーン・ホワイト選手の熱戦 とか
岩手出身、小林潤志郎・陵侑の兄弟選手の様子 とか
オリンピックでしか見ないけど、見始めるとやめられないカーリング とか

まぁ色々気になる所はあったんですが、
そんな中、私が最も気になったオリンピック情報といえば、この2つ。

スキージャンプ、葛西紀明選手が8大会目の出場
フィギュアスケート、羽生結弦選手が日本初の冬季五輪個人種目連覇

いやー、すごい。
長年世界の第一線で戦い続けているからこその記録と、
世界一で居続ける難しさ・重圧をはねのけての記録。
どちらも素晴らしい記録だと思います。

ですがね。
これにも匹敵しうる記録を持つ方が、来月いよいよ平昌の地で戦いを始めます。

そう、
平昌冬季パラリンピック日本代表
狩野 亮 選手です!!
ファイル 2677-1.jpg

狩野選手は御存知の通り、当大学の卒業生。
以前出場したパラリンピックでメダルを獲得したときの様子バンクーバーソチ)とかは、エキスでご紹介させていただきましたし、また開学記念行事で特別講演をされたりと、卒業後も何かとご尽力いただいております。

そんな狩野選手。
パラリンピックの成績を見てみますと、
4大会連続出場
そして
スーパー大回転2連覇中
ファイル 2677-2.jpg
なんですよ!
また、滑降も連続メダル獲得中で、今大会では連覇がかかります。

いやー、改めて見てみますと、これまたとんでもない記録を持っています。
これだけ素晴らしい活躍を見せる卒業生がいらっしゃると思うと、私も岩大人として気を引き締めて日々を送らねば、、、
と、襟を正す気持ちであります。

来月9日から始まる平昌冬季パラリンピック。
狩野選手の活躍を期待しております!!

氷の怪獣…の口。

2018.02.20

先日の大雪以来、
通勤には原則ゴム長靴を使っている紺Bloggerでございます。
雪予報をなめちゃいけませんからね…。
うっかりウォーキングシューズで通勤した日に雪に降られると、
帰宅時には足元が惨憺たることになりますからね…。


さて。
今日、ミュージアム本館で作業していたところ、
面白い光景が目に入りました。
ファイル 2676-1.jpg
↑こちらなんですが。

つららって垂直にできていくもの、と思っていたんですが、
ミュージアム本館にできたこのつららは
風の影響でしょうか、軒先から外壁に向かって曲がりながら
形成されていました。
ファイル 2676-2.jpg


曲がりつつ鋭く伸びたつららが、
不規則な長さで並ぶ様子は、
正面から見ると、
巨大なサメとか、恐竜とか、怪獣とか…
そういう怪物的な何かが大きく口を広げたような様子に見え、
つい見入ってしまいました。
ファイル 2676-3.jpg
…小学生の頃から恐竜が好きなので…。
…そんなこともありまして…。


この妙な形のつらら。
建物内部から御覧いただけますので、
もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
ミュージアム本館までお越しくださいませ~。


なお、建物裏側には
軒から地面につきそうな程に成長したつららもありました。
ファイル 2676-4.jpg

まだまだこの冬の寒さは続くみたいですし、
ミュージアム本館における
今後のつららの成長を見守っていきたいと思います。

岩が岩を登る…?

2018.02.19

先日、廊下の備品チェックをしましたよというお話をしましたが。

備品の所有者と各お部屋の管理者への連絡とヒアリングも無事済み、
いよいよ今度は業者さん立会いのもとでチェックと見積もりをしました。

ファイル 2675-1.jpg

固定する棚、積み重ねたものを連結する棚、
近々廃棄または移動予定につき固定も連結もしない棚、
ひとつひとつ改めてチェックしていきます。

前回もすこしお話ししましたが、
ロッカーや棚を壁に固定するためには
内側から金具を付けなければならないので

・棚・ロッカー上に置いた荷物は全部降ろしておく
・カギつきのロッカー等は開錠しておく
・棚などの中身は全部出しておく
(服や本に金属くずなどが付いてしまうため)

という準備が必要になるので、
再度ロッカーや棚の持ち主さんにお願いをしつつ
見積もりもしてもらいつつ、と
前回よりもちょっと頭が忙しい感じです。

他にも卒論発表会なんかもあったり、
後期の皆さんの成績を出す締め切りがあったりで、
晴れてテストから解放された在学生の皆さんとは対照的に
教職員にとっては毎日頭が(雪が降れば身体も)忙しい今日この頃ですが。

そんな2月も後半ともなるとさらにいよいよ迫ってくるのが、
前期と後期の一般入試。

ファイル 2675-2.jpg

今日は、試験当日に業務にあたる担当者向けの説明会でした。

受験生の皆さんやご家族にとって、とても大事な一戦の日。
その緊張や重さを思うあまり、こういう説明会においても
自然とピシッと張り詰めた空気になるんですね。

入試といえば、毎年のことながら

ファイル 2675-3.jpg

図書館前の大きな案内板。
試験の日は試験仕様の案内表示になっているのですが。
(写真はセンター試験の日のものです)

そういえばこの案内板、普段は何が書いてあるんだっけ…。

と毎年見るたびに思ってしまうので、
ささっと収めてまいりました。

その内容とは…

ファイル 2675-4.jpg

そうだがんちゃんのプロフィールだった…。
普段通るときは何気なく見ては

「ほほぅ、がんちゃんってクライミングが趣味なのか」

「クライミング、最近では岩手から世界へ羽ばたいてる選手もいるし、
さすががんちゃん、先見の明があるなぁ」

「…そういえばがんちゃんって岩だから
『登られる側』だと思ってたけど『登る側』なのね…」

なんて思ってたのに…。

…とこんな風に、
見慣れた案内板に何が書いてあるかも忘れてしまうほど、
各種試験の日はわたしたち教職員も緊張感とともに
業務に当たっていたりします。
決してわたしの脳が老化の一途をたどっているわけではないはず…。

前期日程まではあと1週間。
後期日程までは約3週間
対策もいよいよラストスパートですね。

今年はインフル警報がひたすら心配です。
(実はいま岩大教職員の間でも猛威をふるっておりまして…)
(学長もその猛威にやられてしまったそうです…恐るべし)

どうか試験対策として手洗いうがいと十分な休養もお忘れなく。

寒い中の うんぱんぱん

2018.02.16

ドカ雪が降りどうなることかと慌てた昨日ですが、明けた今日は

ファイル 2674-1.jpg

皆さんの努力が報われた景色が広がってる場所も。
さながら「アスピーテライン」のミニバージョン(^^)。

でも

ファイル 2674-2.jpg

排水管の先には、つららのような氷の塊。
滝の氷の太さを計って、その年の豊作を占う神事があったりしますが、こちらはその雰囲気を醸し出してます。

そんな、寒さと日差しが同居する屋外では本日、

ファイル 2674-3.jpg

何かが運ばれてきてますよ…。
巨大なタンクっぽいんですが、トラックには「精密機器輸送中」の文字。

ファイル 2674-4.jpg

クレーンにつるされている様子は「おぉー」と思わず声が出そうな光景ですね。それを撮ってる人を、さらに撮る!みたいな?(^^)。

しかし、寒い中、しかも積雪がある中の運搬って気を使いますよね。それでも今日は快晴で幸いだったと思います。

ところでこれ、実験装置の一部が搬入されている様子なのですが、どんな装置なのかについては、また後日お伝えできればと思っています。
でも、分かる人には分かるだろうなぁ~。

「これ、○○でしょ?!」

なんてピーンと来た方、ぜひ「拍手コメント」からそのワードをお寄せください!
当たってもプレゼントとかはありませんが(^_^;;。

7年ぶり

2018.02.15

ほぼ私信で恐縮ですが。。
紺さん、昨日の帰り道、ウォーキングシューズで大丈夫でしたか?
おそらく家にたどり着いた時点での足元の様子は、惨憺たるものであっただろうと...

私も昨日は、職場用長靴(丈:約40cm ちょっとやそっとの雪なら無双して歩けるレベル)で帰宅しましたが、今日の積雪には太刀打ちできませんでした。
なにせ、積もり積もった場所だと、この長靴がスッポリ埋まるくらいの量ですもん。
ファイル 2673-1.jpg

そんな中、朝からフル稼働だった除雪車
ファイル 2673-2.jpg
のお陰で、夕方には幹線道路はほぼ支障なく通行できる状態になっていました。
除雪隊の皆様、お疲れ様です。

でもこうした機械の力を発揮できるのは、広い道だけ。
その他の小路だったり、段差のある玄関前、スロープなどなどは、どうしたって人力に頼らざるを得ません。
きっと建物に向かうこの道も
ファイル 2673-3.jpg
そうした人力除雪の成果かと。
これまた、お疲れ様です。

さてこのドカ雪、小耳に挟んだ感じだと、実に7年ぶりの出来事だったとか。
7年前...
2011年か
前回はどれほど降ったものかと思い、エキスの過去記事を探してみたところ、見つけました。
年末年始の大雪により、倒木が発生し、通行止めになったあの年でした。
あー、あの時もひどかったけど、あれ以来かー。

倒木といえば、今回の大雪では、ワタシ的4丁目キャンパスのシンボル、
ジュウガツザクラの枝がやられておりました。
ファイル 2673-4.jpg
幸い大事には至らなかったようですが、構内にはまだまだ枝に大量の雪を載せた樹木がそこらじゅうにありますので、今現在雪がやんでいたとしても十分に注意して歩くようにしましょう。

ページ移動